きのぴー
多摩美の講義で、デザインのアンテナ感度が高まった話
見出し画像

多摩美の講義で、デザインのアンテナ感度が高まった話

きのぴー

経緯は忘れたが、多摩美がデザインに関する講義の動画を、YouTubeでオープンにしている。私は、学生時代にデザイナーを志していた時期もあったので、興味津々で視聴している。大変ありがたい。

まだいくつかの講義しか観ていないが、現時点で日々の思考・着想を進める上で大きな糧となっている。

今回は、その中から1つだけ、学びをシェアする。
(あくまで素人考えであることを、ご了承いただきたい。)


デザインがなぜ必要か?

「デザインがなぜ必要か?」という大きな問いについて、「この講義をどう咀嚼しているか整理する」という意図で、遠回しに答えていく。

まず、「イス」という人間が座るためのモノについて考える。

極論すれば、デザインの概念が喪失した世界は、「これはイスなので、座るためのものです」みたいな記号的なやりとりの世界観だと思う。

何らかの権威や、イスを製造・販売する人々が「これはイスだ」と言えばイス(人が座るためのもの)だし、それ以外はイスではない。

しかし現実では、このようにモノと概念(機能)がピッタリと1対1で結びつけられて、機能しているわけではない

人々は駐車場のブロックや、切り株、地べたなど、座れる場所があり、座りたい欲求が「座ってよいだろうか?」という懸念に勝りさえすれば、どこだろうと座る。


この思考については、以下の書籍が寄与している。

【視考術?】『人は、なぜ約束の時間に遅れるのか~素朴な疑問から考える「行動の原因」~』島宗 理:マインドマップ的読書感想文より

ジベタリアンは自然と、「まさにそうせざるを得ない」から座る(これはおそらく意図せぬ結果なので、厳密にはデザインではないだろうが)。

ここから、以下のようなデザインの定義が思い浮かぶ。

デザインとは、感情・欲求・理性を抱える人間や人間社会が、「目の前で起こる現象に対し、何を感じ、どう反応するか」を仮説立て、検証し、設計するプロセスである。

つまり、どういうことか?

この作品は、実社会でも機能しそうなデザインなので、思わず唸った。

伝えたいこと、呼びかけたいことをストレートに表現するのではなく、誰もが「ついこうしてしまう」ような表現をするのが、デザインなんだと思う。

デザインはなぜ必要か?

それは、自分(たち)の願いや目的を、なめらかに叶えていくためである。


余談

ちなみにトップ画像には、ちゃんとした意図がある。

この橋には、いろんな機能がある。当然ながら、橋の一番の機能は「人が渡る」だろう。しかし他にも、「下にいる人たちに日陰をつくり、体力消費を抑える」「日向と日陰のコントラストが美しく、写真映えする」といった機能もある。

機能は、機能を考える人によって決定されるので、あなたの視点ではまた別の機能が思いつくかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
きのぴー

いつも読んでくださり、ありがとうございます! サポートは、読書やnoteの購入に活用させていただいております。

きのぴー
学生時代にNPO・ベンチャー・イラン留学など動き回った末、新卒で独立し、ZaPASS認定コーチとして活動しながら、ワークショップ を主催しつつ、個展を開いたり、旅・アニメ・読書(年200冊)を楽しんだりしてるX-Gender🏳️‍🌈|https://lit.link/kinoshita