見出し画像

【ごはんのはなし。第3話】結局たまごサンドに落ち着く

レシピを書くようになってから、どれほどのメニューを考えたろうか。おそらく数千はくだらないと思うが、その中にはもちろん、パンをつかったメニューも数多くある。

料理家と呼ばれる方や、レシピ制作に従事されている方たちが必ず思うであろう「あまりスタンダード過ぎず、ちょっと風変わりなレシピにしよう」という思いに囚われた時期もあり、手間暇をかけて色々なメニューを考えていた。

ざっと見返してみたところ「和風ローストビーフサンド」だの「メイプルナッツチーズのモーニングバゲット」だの「納豆たまごウインナートースト」だの、いかにも「おれのレシピは一筋縄じゃいかないぜ!」とでも言わんばかりのラインナップ。これでもまだほんの一部というところがなかなか恐ろしい。

しかしコンビニのパンやサンドウィッチのコーナーを見ると、それほど奇抜なものはない。だいたいは定番のもので、「納豆たまごウインナートースト」なんてものは、あと1世紀待ってもきっと棚には並ばないと思う。

そんな中、数年、数十年と変わらずにそこに居続けるメニューがある。

たまごサンドだ。

画像1

それはもう、レシピを書くのもおこがましいくらいにスタンダードで、そして誰もが認める「王道」だ。

ゆで卵にマヨネーズと塩少々をぶちこんでかき混ぜただけ、と書くと、なんとも大雑把な感じになってしまうが、これ以上書きようがない。分量? そんなものは適当にやってもだいたいおいしくなる。なぜなら、これこそが「キング・オブ・サンド」だから。

しかしこうなってくると、私はなんのためにパンのメニューを考えるのか、というジレンマに陥る。だってたまごサンドがあればいいのだから。少しアレンジしたくなったら、トマトやハムをはさんでおけばいいだけの話じゃないか。

そんな時、とあるレシピ依頼が来た。

「テレワークになって余裕のある朝にぴったりのパンのメニューをお願いします」とのこと。

私は「たまごサンドでいいじゃないですか」と言おうと思った。ただ、それでは普通過ぎる、という、例の「あの衝動」が私を襲った。レシピ作成者としての矜持が試される、その瀬戸際がいまなのではないか。そんな気持ちになった。

そう、創作料理を作らねば。こういう時に私がよくやるのは「ごはんのおかずをパンにのせても意外といける」戦法である。例えば生姜焼きやから揚げはご飯のおかずとしておなじみだが、パンにのせても間違いない。

そういったことを踏まえて色々考案し、そして私はひとつのメニューにたどり着き、早速先方へメールを返した。

「納豆たまごウインナートーストなんかはいかがでしょうか?」

それから三日経過したが、返事はまだ来ていない。

(終)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。毒にも薬にもならない駄文にお付き合いいただけたことが、何よりも幸せです。

聖人ですか。
9
会社員兼 レシピ本制作者/絵描き/物書き/北海道うまれ函館育ち

こちらでもピックアップされています

ごはんのはなし。
ごはんのはなし。
  • 4本

ごはんについて、ぶつぶつと。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。