見出し画像

tips! ニアミスはチャンスです | FX ブーメランのアノマリー

こんにちは
キモノトレーダー@東京です。

私がトレードを始めて5か月目に見つけた、豪ドル/円のチャートに高い確率で現れる現象を「ブーメランのアノマリー」と名付けて観測しています。

ブーメランのアノマリーとは| FX ブーメランのアノマリー

私と同じく、初心者の方向けにブーメランのアノマリーに沿ったトレードをお知らせしています。エントリーのタイミング、決済価格についてはこちらに書きました。

初心者のトレードをアノマリーが楽にしてくれると思う理由| FX ブーメランのアノマリー

今回は時おり現れる、「ニアミス」について書きますね。
レートがベースラインのギリギリまで戻ったものの、ベースラインまで戻らずに反発することがあります。私は1銭以内まで戻ったものを「1ニアミス」として、アノマリーにカウントしています。

ニアミスがよく発生しているように思うので、最近、私はニアミスを基準に決済注文を入れています。

ベースライン− 1銭

これが決済注文でする価格です。

週チャートとアノマリー

12/30(mon)〜1/3(fri)のチャートで見てみましょう。

画像2

アノマリー
ニアミス(2)

月曜日の22:30と水曜日の1:30のニアミス(紫の輪)を確認できますでしょうか?

ベースライン− 1銭の値とは

ベースライン = 前週の終値のレートは
[ask] 76.446
[bid] 76.439

このチャートの場合は、買いでポジションをとり、
売りの決済で利益確定しますね。
となると、
[bid] 76.439
がベースラインです。

76.439 − 1銭 = 76.429

76.429 が今回の決済注文価格です。

チャート上のニアミスは、

[月曜日の22:30] 76.436
[水曜日の1:30]   76.431

[決済注文価格] 76.429 で、
利益の確定ができました。

私のトレードノート

画像1

ご参考まで。

お時間がありましたら、ぜひ週報でチャートとアノマリーを確認してみてくださいね。

サムネイルが青信号であれば、アノマリーあり。
サムネイルが赤信号であれば、アノマリーなし。

です。

また書きますね。
それではまた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
個人FXトレーダー。投資歴10か月です。「ブーメランのアノマリー」で低空飛行なトレードをしています。