スポーツのコーチや指導者がコーチングを学び、勉強できる環境をもっと身近に!
見出し画像

スポーツのコーチや指導者がコーチングを学び、勉強できる環境をもっと身近に!

あなたは、


「コーチとは何か?」

「コーチングとは何か?」


をスラスラと説明できるくらい

コーチとしてのあり方を

理解できていますか?


出来ていないかも。

出来ていない。


そんなあなたは、

ぜひ読み進めてください。


きっと、

スポーツの世界において

「コーチング(引き出す)」と

「ティーチング(教える)」の違い

を理解して指導している人は多くない

と個人的には思っています。


それがダメとか、

そのような人を批判したいとかじゃなく、

きっとそういう傾向だろな〜

という印象をわたしは持っています。

(長年、スポーツ指導現場にいると感じますね)


あなたが過去に積み上げた成功体験や、

スポーツを経験するなかで染みついた習慣が

今の指導者の”基礎でしかない”としたら

(こうあるべきだ!が強い頑固な人は要注意かも)


それは本当の意味で

コーチングをしている

とは言えないのかもしれません。


実は、

そう思う理由は、

わたし自身の経験にもあります。


これまでに沢山のスポーツを経験し、

沢山の指導者にも出会ってきました。


そして、


わたしはコーチングを学ばなくても

スポーツ指導の現場でそれなりに

コーチとして結果を残す

自信がありました。


理由は、

自身のスポーツ経験。

そして過去の学びや指導実績が

あるから大丈夫だと思っていました。


わたしは、

28歳までスポーツ選手として

目標に向かい全力で走り続けました。

(高校時代の目立った実績はゼロ…)


そして、

スポーツ指導歴は17年以上、

12,000人以上の方の前に立ち指導する

機会を経験してきました。

(自衛隊体育学校教官、大学駅伝部コーチなど)


でも、

本当の意味で

コーチングを理解できたのは

つい最近なんですよね。


わたしが”今”こうして

コーチングを教えたり

更に勉強するなかで思うに、

意外と昔の指導スタイルが

ハラスメント系スポーツ指導だったことに

ハッとさせられることが多いというのが

実感としてあります。


もちろん、

そういう指導をしていても

わたしたちは悪気なんてないことが

ほとんど。だからタチが悪い。


そして、

そのことに本人は気づきにくいし、

周りの大人も流されている気がします。

良かれと思って言ったことも

今思えば「ハラスメントだったな〜」

という失敗談はいくつかありますね。


例えば、

『やる気ないなら邪魔だから帰りな』

この言葉、完全にアウトですよね。

これに似たニュアンスのこと

言った過去を考えると

もう言わない自分でありたい!

そう心から思いますね。


だからこそ、


「スポーツ指導者にこそ、もっともっとコーチングを学ぶ機会を提供したい!と思うようになりました。」


そういうコーチが増えるほど

目の前の子供たちの今、

未来が更に飛躍する!!


そう感じています。


もしもあなたが、

コーチングを知って

指導者として活動するのと、

コーチングとは何かを知らないまま

指導者として活動するとしたら。


その差は、どれくらいあるのでしょうか。


例えば、

サッカーのルールすら

知らないでサッカーを指導するか、

ルールや戦術を知って指導するのか。


それくらいの差はあると思っています。


ちょっと大袈裟に思うかもしれませんが、

それくらい無知であることで

時に的外れな言動をしてしまう。


そんな失敗を

わたしはしてきました。


今更ですが、

穴があるなら入りたい!

思い返すと、そんなことを

思うことすらあります。


学生時代、

わたしは後ろから席が埋まる

大学の授業で、最前列から3列目に座る

自分ルールを設けるくらい授業を

前のめりで受けてきた自負があります。


そんなわたしの感覚として、

運動やスポーツを専門に学べる学部を

卒業してても「学びが浅かったな~」と

感じているのが正直なところです。


スポーツ心理学やコーチング論、

教員免許を取得するため教育学など

教職課程も学生時代に履修しました。


20年近く前の学問(経験)なので、

今はだいぶ進化しているとは思いますが

コーチングや教えるという部分は

そこまで深く追求できていなかったと

個人的な反省はあります。


そんなわたしの経験が

他の人にも当てはまるわけではないけど、

でも真面目に勉強してきたつもりでも、

コーチングをちゃんと学んでいない頃の

わたしは、今のわたしには勝てない。


それくらい差は実感しています。


いずれにしても、

心技体という言葉の通り、

スキルやテクニック、フィジカルや

メンタルを駆使してスポーツ指導の現場に

立ち活躍している多くのスポーツ指導者にこそ、


コーチングという学び(基礎基本)を

更にプラスすることで


スポーツ指導者としての

視点、視野、視座が伸びることを

”真剣に学ぶ姿勢のある方”に対しては

自信をもってわたしがお約束します!


あなたが目の前の子供を想う気持ち、

何かサポートしてあげたいと思うあなたにこそ

ぜひ、受講を検討して欲しい学びがここになります。


過去のわたしに

そういう一面があったように、

ハラスメント系スポーツ指導者ゼロ

を本気で目指したい!!


最近感じる、

わたしの想いです。


コーチング講座の内容を詳しく知りたい方は>>>コチラ


トラストコーチングスクール認定

コーチングスキルアドバイザー

@きみつか

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ドキドキ💓
きみつか@90日で200%のあなたを引き出す!君塚式逆転思考コーチング
『あなたはいつ本気を出しますか?』20年間結果を出し続けた元一流アスリートが教える成功哲学とパワフルな決断力で仕事も人間関係もワンランク上の未来が手に入る!箱根駅伝チーム指導、TVメディア多数出演、出版経験のある本格派コーチのもとで人生を好転していきましょう!