新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

真似してOK!月商86万円ハンドメイド作家の売れる作品画像の撮り方


この記事は新型コロナウイルスの影響で
イベントが中止になり販売先がなくなった
ハンドメイド作家さん達のため
全て無料で公開します
なるべく多くの方に読んでいただきたいので
ぜひ拡散お願いしますm(._.)m


こんにちは! ハンドメイド作家のKimi.です。

現在、私は専業作家として自分が制作した

ハンドメイド作品の売上のみで生活しています。

ちゃんとハンドメイドを始めたのは19年の4月からで

もうすぐ歴1年になるところです。

わたしがどうやってハンドメイドだけで生活できるようになったか、

についてはこちらの記事にも詳しく書いてますので

よければぜひご覧ください。


今回は私、Kimi. が普段、作品を

フリマアプリなどに出品するとき

どうやって撮影しているかなど

全部  無料で 解説します。

もちろん公開していることは

そのまま使っていただいて大丈夫です。


とはいえ私もまだ新人作家。

そもそもKimi.のことをよく知らない、という方や

真似して本当に売れるの?という疑問を持たれる方が

たくさんいらっしゃいます。

なので一応のわかりやすい実績として

Kimi.の最近の売上を皆さんにご報告いたします。

先月、2020年3月の売上は


画像1


   867,649円

という結果でした。


Kimi.は今までテレビに出たこともなければ

雑誌等に取材されたこともないです。

(だから実績が売上しかない、、、^^; )


もっと言うとハンドメイドマーケットなどの

イベントにも一度も出店したことはありません。

完全にネット販売だけの売上です。

この一年間、必死に私と夫の二人で

メルカリなどいろんなアプリを駆使して

どうしたらもっと売れるんだろ〜と

たくさん地道な検証をしてきました。

その積み重ねでここまで来たので

他の人には真似できない、ようなものは

恐らく無いと思いますし、私たちとしても

ネットで出品してるけどなかなか売れず困っている

という作家さん達にぜひ参考にして欲しいです。


どうして無料で公開するの?


現在、新型コロナウイルスの影響で

あらゆるハンドメイドイベントが中止・延期となり

多くのハンドメイド作家さんが販売先を失いました。

ハンドメイドもここ2、3年でネット販売は普及してきましたが

まだまだイベント出店や委託販売だけで

頑張っている方もたくさんいます。

これまでイベントだけで販売してきた作家さんが

ゼロからネット販売を始めて売上を出すのは

相当な時間がかかりますしネットで売れる方法を

また1から探さないといけません


そして今、この状況を利用して

自分の作品や経歴を一切明かさない

自称 売れてるハンドメイド作家

コンサルを名乗る方が

売上げの少ない作家さんをターゲットに

内容の薄いノウハウを売ったり

有料のオンラインサロンに集客

するようになってきました。


今すぐ売上が必要な作家さん達が

そんな所にお金を使わず済むようにしたいです。

このような状況もあり

微力ですが Kimi.が少しでも

ハンドメイド作家さん達に

何かできることをしたい

と思い、この記事を無料で公開することにしました。


ではここから本題に入ります!

この記事のノウハウは自由に使ってください
ぜひ他の作家さん達のために拡散をお願いします m(._.)m

売れるかどうかは1枚目の画像で決まる! 

画像2

私は現在

メルカリ、ラクマ、minne、creema、ストアーズなど

5つのアプリやwebサービスで販売していますが

どこで売るときもこれは共通している、

と感じたのは


ネット販売は『作品の質=写真の質』

だということです。

例えばイベント販売だと

お客様が直に作品に触れることもできるし

クオリティの高さをダイレクトに伝えられますよね。

作家さんのこだわりも直接伝えられるので

イベント販売で売上をあげている方たちは

そういったお客様とのコミュニケーションを通して

作品を販売していると思います。

ところがネット販売となると

お客様と会話はできないし、

作品を直接手に取っていただくこともできません。

アプリやwebの販売では

掲載されている画像と説明文が

お客様から見える情報の全てです。


特に出品ページ1枚目の画像!

画像3

Kimi.がメルカリで一番『いいね』をいただいてる出品です
一枚目の画像にこだわることでこれだけの
『いいね』と『コメント』が稼げます。

1枚目の画像はもっとも多くのお客様に見られるので

ここでいかにお客様の興味を引けるかが非常に大事です。

ネット販売で売上をあげるには

作品そのものの品質も大切ですが

その品質や良さが120%伝わるように撮影すること

が、とにかく一番大事です!

こう言われて

じゃあどんな風に撮影すればいいの?

と思う方もたくさんいらっしゃると思いますが

決してそんな難しくはありません。

機材もiPhoneで十分ですし

いくつかのポイントに気をつけるだけ!

それだけで誰でもクオリティの高い

『 映える写真 』が撮影できます♪( ´▽`)


着用画像で購入イメージをふくらませる!


私の場合、作品を撮影するときは

まず最初に着用画像・使用イメージから撮影しています。

画像4

その作品を購入した時

自分の生活にどんな変化が起きるのか

イメージしてもらうこと

は何よりも重要です。

私もアクセサリーなどを買う時は

自分が実際に使っているところを想像します。

皆さんもお店の鏡の前でつけてみたりして

これ似合うかな〜ってよくやりますよね

それの役割を果たすのが

着用画像だと思ってください。

Kimi.でも着用画像がある出品とない出品で比べた時

明らかに着用画像がある作品が売れています。

売れてる作家さんの出品ページには

必ずと言っていいほどありますので

アクセサリー作家さんなどは

特に、特に、着用画像の撮影をオススメします。

でもモデルさんを用意できない><
自分を撮るのも恥ずかしい、、、

という方も当然います。

私も顔が映るのは嫌だったので

作品を持っているところを手だけ映して

夫に撮影してもらっています。

とにかく雰囲気だけでも伝わればいいので

友人や家族にお願いして

顔が映らないように着用画像を撮らせてもらうのも

アリだと思います。

確かにハードルは高いかもしれませんが

これだけをやるだけで周りの作家さんと

相当、差別化できますので

できそうな方はぜひ撮影してみてください。

画像5

こちらは先日、公園にお出かけしたついでに

夫の携帯で撮った写真ですが

実際に自分の携帯にKimi.のスマホケースを着けている

ところを撮影しています。

試しにこの写真をインスタに投稿し宣伝したところ

その日のうちに5件注文が入りました。

特に難しいことは何もしていませんが

実際に使っているところをお客様に見せることで

Kimi.の作品の魅力が伝わった良い事例だと思います。


ちなみにケースだけで撮影するとこういう感じになります。

画像6

こちらも悪くはないですが

さっきの手で持って撮影した写真のほうが

より実用的で使用場面をイメージしやすいですよね。


全体の雰囲気を統一して、美しいギャラリーを作ろう!


ここまで

一枚目の画像の重要性
着用画像の効果

について説明してきましたが

次はminne、creema で

『ギャラリー全体に統一感』

を持たせる方法について説明していきます

minne、creemaというアプリは

1個売れたらまた出品する必要があるメルカリと違い

在庫数という項目があるので

在庫を追加する限り

出品ページがずっっっと残り続けます。

なのでminne、creemaで出品した作品は

メルカリのようにたくさん出品するのではなく

一つ一つの出品ページを考えて作り込む方が

よりお客様もしっかり見てくれて

売上につながります。

また作り込まれた出品ページそれぞれが

同じ背景や撮り方で統一されていることにより

全体が引き締まってさらに高級感のあるギャラリーになります。


画像7

こちらがKimi.のCreemaのギャラリーです

それぞれ違う作品ですが同じように撮影することで

全体で見たときもごちゃついた印象になりません。

とはいえ全く同じように見えても困るので

Kimiでは

端に写っている小物(お花)を変えて

違う作品だとわかるようにしています。

作品の撮影方法については次の章で詳しく解説します


画像8


画像9

上記画像2点の作品の違いはリング部分のお花だけで
他にほぼ違いはありませんが隣のお花を変えることで
別作品であることがわかります

形が似ていたり、色だけ違うような作品を

何個も出品する場合は

横に置く小物を変えるだけでも

お客様側から見て

『別物だと認識しやすい』ので

こちらもぜひ試してみてください。


同じ構図で作品画像を撮影する!


ギャラリー全体の見せ方を解説した後は

いよいよどうやって作品の写真を撮影していくか

お話ししていきます。


1.まずは背景色を決めよう

kimi.で作品画像を撮影するときは

基本、全部白背景に統一しています

画像10

白で統一すると光が反射されて作品も明るく見えるし

どんな物でも映える写真が撮れます。

作家さんによっては

グレーの壁や木のテーブルなどを

背景にして撮影している方も居ますね。

写真の下に敷く白い布は

ベッドシーツやワイシャツでも大丈夫です。

少しシワを寄せて光に陰影をつけるのがポイント。

ただ、白い背景だけだと殺風景な写真になるので

作品に関係のある小物を1つか2つ置き

作品の美しさを引き立たせるようにしています。

2つ以上小物を置いてしまうとお客様の視点が
作品より小物に集中するので2つまでにして
あまり目立たないようにしましょう


2.光源を斜め奥に置く

先ほど光について少し触れましたが

こういった撮影の話をする時に

忘れられがちなのが

光源や光の位置です。

撮影の時はなるべく太陽の光が

正面から見て横か、斜め奥側から

光が入ってくるようにしましょう。


撮影において光は最も重要な要素です。

ハンドメイド作家さんでも

撮影の時に照明を使ったり、蛍光灯の明かりで

撮影する方が居ますが私はオススメしません。

照明を使うとどうしても人工的な雰囲気になったり

写真が暗くなってしまうからです。

画像11

試しに家の蛍光灯の明かりで撮影しました。
やっぱり暗いですし家の明かりだと
自分の影も映ってしまうので綺麗に撮れないです。

照明でもプロのカメラマンさんなどが使うような

機材であればまた話は変わりますが

今回はなるべくお金をかけずにいきたいので

そうなるとやはり自然光が一番おすすめです。


3.実際撮影する時の流れ

kimi.での主な撮影の流れはこちらです。

① カーテンを全開にして窓際に撮影用テーブルを設置

② 作品や小物を置いて撮影セットを整える

③ 陽の光を斜め奥から入れるようにして撮影!

このやり方で撮影すると先ほどは違って

布のしわや、小物などに陰影が強く出て

写真に深みが出てきました。

画像12

こちらが上記の方法で撮影した写真です。

さっきのと見比べても全然違いますよね、

蛍光灯や照明でこの感じを出すのは難しいです。

ただ、自然光は時間帯や天候で

光の色味が変わってきます。

撮影するときは他の作品も

まとめて撮りましょう。

私の場合、曇りの日のお昼12時ごろに

一気に撮影するようにしています。


4.使用している機材や編集について

私が撮影の時に使用している機材は

普通にiPhoneです

画質もiPhone7以上であれば問題ないでしょう。

アプリはsnowを使用して

フィルターは『A1』で撮影しています

画像13

snowアプリで撮影した後は

instagramを起動して

仕上げの画像編集を行います

画像14

調整・明るさ・コントラスト

写真の向きや明度、陰影の強さを編集します。

編集した時の数値も覚えておきましょう。

新作を撮影した時に

また同じような写真に編集できます。

画像15

インスタの画像編集機能を使って
より明るくハッキリとした写真になりました!
これで撮影と編集は完了です!


5.自然光で撮影する時の注意点

自然光で撮影した時は編集の設定はもちろん

撮影時の天候や時間帯

なるべく覚えておきましょう。

私も新作ができて、いざ撮影したら

画面の構図は全く一緒なのに

光の加減や色味が全然違ったりして

統一感がうまく出せませんでした。

写真の構図や編集の設定を同じにしても

撮影時の天気が晴れと曇りでは

全く違う雰囲気になります。

だからいろいろ撮影して

ベストショットが撮れたら

そのときの天候や時間帯を記録しておきます。

そして別の作品を撮るときは

その時と同じ構図や時間帯で撮れば

作品は違うけど

また同じ構図のベストショットが撮れますよね

これを作品ごとに繰り返すだけで

今までとは違う統一された

ハイクオリティーなギャラリー

を作ることができます♪( ´▽`)


まとめ

以上がKimi.の作品写真の撮り方の全てになります!

ここまでを全てまとめると

1. 出品ページ1枚目の画像でお客様の興味を引く
2.着用画像で購入した時のイメージを膨らませる
3.それぞれ作品を同じ撮り方で撮影して統一感をだす
4.具体的な撮影の流れやテンプレートを決める

こんなところでしょうか。

私もプロのカメラマンではないので

その筋の人から見たら間違っている部分は

多々あるかもしれません。

でもKimi.は本当にこの方法でやってきて

今この成果が出ているので

もしこの記事が皆さんにとって

何か少しでも参考になれば

それ以上の喜びはありません。

そしてこれからネット販売を頑張りたい

作家さんがいれば許可等は一切いりませんので

ぜひここに書いてあることを

実践してみてください。

長文になりましたが

最後までご覧いただきありがとうございました。


そして次回は!

『売れる作品説明文の書き方』について公開します♪( ´▽`)

気になる方はぜひこちらの記事の『スキ』

アカウントのフォローよろしくお願いします♪


5/2 『売れる作品説明文の書き方』更新しました(*^ω^*)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Kimi.|花とリングのアクセサリー

Kimi.はまだ小さなアトリエですが 悩みを抱える作家さんたちの支えになりたいと心から思っています。 どうか応援よろしくお願いします

やったー!✨わたしも大好きです!❤️
19年4月から専業ハンドメイド作家として活動 note内にて月の売り上げなど全て公開しています online store⇨https://kimi-handmade.stores.jp/