見出し画像

売上見せます!月50万円以上のハンドメイド作家になる方法

売上更新しました♪( ´▽`) ぜひこちらの記事もご覧ください

初めましてハンドメイド作家のkimi.です(≧∇≦)

19年の4月から制作を始めて現在8ヶ月目です。

今は専業作家としてハンドメイド作品の売上のみで日々生活しております。

これからハンドメイドをやってみたい、作品を販売してみたい

人たちがハンドメイド作家って稼げるの?

というのは気になる所だと思います。

私の周りでも具体的に売上を公表してる

作家さんはほとんどいませんので

今回、日本のハンドメイド作家で初めて?売上を公表したいと思います。

それでは、先月の売上を皆さんにご報告します。

2019年12月の売上は566,726円でした!


画像1

(集計アプリはセラーブックを使用しています。)

作家活動を始めて8ヶ月目のハンドメイド作家の売上です。

私は他の作家さんの売上を見たことがないので

この数字がどれほどのものかわからないですが

minneさんのアンケートによると

「ハンドメイド歴1年未満で月10万円以上の売上げがある作家は全体の1%」

という事でした。

画像2


私はこのアンケートをみて

やったーkimi.は 上位1%だ〜\(^^)/

とかそんな喜びは一切なく 
(もちろんありがたいですが)

全体でみても

毎月10万円以上売上げている作家さんて少ないんだなー、、、

と大きなショックを受けました。

画像3

現在の作家活動に対して満足している作家さんも
全体の6.1%と圧倒的に少数派でした。

上のグラフを見ても

作家さんで「作るの楽しい!」と心から思えている方は

わずか16人に1人程度です。

ツイッターやインスタをみているとなかには

徹夜で制作されている作家さんもたくさんいらっしゃいます。

それがお金にならず制作が苦痛になってる

人もいるかもしれない、と思うと

とても悲しい気持ちになりました。

そしてもしそのような方がいるなら

kimi.のこれまでの販売方法を

noteでシェアしてぜひ皆さんの力になりたいです。

なので、これからハンドメイドを始めたい!

と思っている方やもっとたくさん売りたい!

という方に向けてkimi.がこれまでハンドメイド作品を

具体的にどうやって販売してきたかなど

全てお話していきます!


ハンドメイドの販売は歴が長いとか短いとか

一切関係なく誰でも少しの工夫で稼げます。

実際私自身、販売をはじめた初月で

10万円以上の売上はありました。

みんなで一緒に上位1%を目指していきましょう!


1.どのジャンルのハンドメイド作家になるか真剣に考えよう!


kimi.がハンドメイドを初めて1ヶ月目のときは

焼きペンのスプーンや

14kgfのワイヤーでイヤリングを

制作してましたが一瞬でやめました。

なぜなら

①焼きペンは制作に時間がかかりすぎる。

②イヤリングやアクセサリー系はライバルが多すぎる。

からです。


①焼きペンは制作に時間がかかりすぎる。

これは費用対効果の問題で制作に時間がかかると

その分単価をあげなければ元が取れません。

当時、焼きペンスプーンは1時間かけて1本つくるのがやっとだったので

時給1000円と考えて仕入れ値や送料込みで計算したら

最低1500円以上で売れないと元が取れなくなってしまいました。。。

そして木のスプーン一本に1500円はどう考えても高い、、、

と言うわけでボツ。


②イヤリングやアクセサリー系はライバルが多すぎる。

ハンドメイド作家といえばほとんどの方が

イヤリングやピアスなどを制作されていますよね

ということはそれだけ「ライバル」が多いわけです。

数多くいるアクセサリー作家さんの中で

突き抜けて目立つ方法は

ゼロではないですがかなり難しいと感じました。

ライバルが多いと似たような

デザインの方も出てきますし

似たようなデザインなら安い方が売れるので

価格競争にもなります。

なのでアクセサリー系で売れっ子作家になるには

焼き物やヴィンテージパーツなどの

特徴的な素材を使うか珍しいデザインでないと

売れるまでに時間がかかりそう、、、

と考えてやめました。


もちろん、これは焼きペン作家さんや

アクセサリー作家さんになる事自体を

否定しているのではなく

「自分にどれが一番合っているか考え、試して

これならいける!と思ったのを一生懸命やる事」

が大切だと思います。

まだちょっとわかりにくいと思うので

次でなぜスマホケース制作を選んだか

お話ししますね!


2.スマホケースならいける!と思った理由


私がスマホケースのハンドメイド作家になろうと思った

最終的な理由は


①原価、送料など経費が安くすむ

②テンプレート化しやすい

③一般的な相場がはっきりしている

の3つがあります。


① 原価、送料など経費が安くすむ

使用するパーツや素材によっても変わりますが

kimi.は送料合わせて1個あたりの経費は

少なくとも売値の半分以下には収まっています。
(原価だけはちょっとぼかします><)

経費の計算は活動を続けていく上でめっちゃ重要です。

メルカリやミンネ、クリーマなどは

アプリごとに販売手数料の設定も違うので

作品の値段を決める時には

必ず自分の手元にいくら残るのか計算しましょう。

kimi.が作品を発表する前はこちらの

メルカリ利益計算式というサイトで

いつも原価や手数料などを計算しています。

画像4

この値段で売ったら自分の儲けはいくらになるのか?ということを
計算するのに便利なサイトです。ぜひお試しを!


②テンプレート化しやすい

ハンドメイド制作をされている方で多いのですが

二度と同じもの(同じデザイン)が作れない方が結構います。

これはかなり致命的な問題で全部一点物の作品だと

たとえば1000人ぐらいが欲しい!と思うような

人気のデザインができたとしても一人しか買えないので

シンプルに売上に繋がりにくいです。

なのでハンドメイド制作を始める前には

パーツの仕入れ先をちゃんと確保して

出来るだけ同じデザインの物を何個も制作できるように

作り方などをあらかじめ確立しておきましょう。

ミンネやクリーマなどのアプリで販売したいという方は

この2つのアプリ自体が

同じデザインの物を多数販売できる作家さん向けに設計されている

のでテンプレートを用意しておくのは必須項目だと思いました。

その点、スマホケースはケースの形が最初から決まっていますし

同じデザインの作品をたくさん作りやすい、と判断しました。


逆に同じデザインの作品を作ることができない方は
メルカリでの販売が向いていると思います。
メルカリはミンネ、クリーマと違って
一点物の商品を販売しやすいです。


③一般的な相場がはっきりしている

まず携帯ショップとかだとスマホケースって

大体3000円以上で売ってますよね。

なので世間一般からみて3000円〜4000円くらいのケースなら

絶対買ってくれる人がいる、と考えました。

あとはkimi.のスマホケースが携帯ショップに置いてあるような

既製品よりもはるかに可愛く見えるように頑張るだけなので

インスタやピンタレストなどで

『スマホケース』と検索してこれ可愛い!

と思ったデザインを参考にして試作品を作ったり

スマホケースが可愛く写っている写真をみながら

商品画像の撮影も何回か練習しました。

そういうのを何回か試行錯誤していくうちに

この写真の作品が3000円で買えるなら欲しい!

と思ってもらえるようなクオリティは出せるようになったと思います、、、

自分の友達を捕まえて撮った写真を見せて

『このスマホケース可愛い?どう思う?』

とか聞いてみてもいいかもしれません。

ただし大抵の人が自分が思うより
安い値段を言ってきます、あくまで参考程度に。

撮影はiPhoneとSNOWアプリで撮影して

その後インスタの画像編集機能を使って編集しています。

写真撮影に関してはkimi.より上手い人がたくさんいるので

このあたりはあまり参考にならないかも><

一つだけ言うと実際に使っているところを撮影した方が絶対良いです。

それだけはどんなハンドメイド作品にも当てはまると思います。

画像5


ここで理解してほしいことは

街で売っているスマホケースって大体3000円くらいだなー

と確認して

その辺りの価格帯で他のどこよりも可愛いケースを作ったら絶対売れる。

という確信をわたしは持てたということです。

以上がkimi.がスマホケースのハンドメイド作家になろうと思った理由です。


3.まずはネット販売からはじめよう!


ではここからはいよいよ

『どうやって自分の作品を売っていくか』

をお話ししていきます!

まずみなさんが自分の作品を販売するとなったら

どんな選択肢を思い浮かべるでしょうか?

ネットやSNSの苦手な方であれば

イベント出展やお店での委託販売

普段からフリマアプリなどをよく利用している方は

インターネットでの販売を考えると思います。

それぞれ良い点、悪い点はあるかと思いますが

kimi.の考えとしては

委託販売やイベント出店よりも

ネット販売の方が作家側にとって売りやすいと考えています。

なぜならネットで一度出品したら

365日休みなく いつでも どこにいても買えるからです。

価格競争もお店やイベント販売よりは起こりにくいです。


画像6

委託販売の場合は隣の作家さんの作品が安いと
自分の作品が高く見えて値段を比較されて
全く売れないことがあります。
(私がそうでした笑)


特にハーバリウムやアクセサリー系などは

一番被りやすいジャンルで価格競争になりがちですので

作家さん同士で交流を深めたい!

お客様の生の声が聞きたい!

という方はイベント出展や委託販売の方が

いいと思います。

右も左もわからない方でとりあえず作品を販売したい、

売上をあげたい!という方は

まずはネットで出品してみることを

おすすめします。


4.初心者はミンネやクリーマより○○○○で出品!


リアルでの販売よりもまずは

インターネット上での販売がおすすめ

というお話をしましたが

じゃあ実際ネットで出品って何したらいいの〜?

ってなりますよね。

具体的に言います。

ネットで出品するならまず最初は


メルカリです!


なんでメルカリ?と思う方も当然いらっしゃるかと思いますので

画像やデータも使ってしっかり説明していきますね。


理由その1  

メルカリは利用者数が日本一のフリマアプリ!


すでに多くの方がご存知かと思いますが

そもそもメルカリは

利用者数が日本一多いフリマサービスです。

国内外合わせてダウンロード数は一億超え

月間利用者数は1000万人以上を誇る

モンスターアプリです。

これはネット販売をメインで考えている

ハンドメイド作家さんにとって

とてつもなく大きな市場と言えると思います。

またカテゴリー別の取引量で見ると

レディースのシェアが最も多く取引されていて

メルカリ全体の26.2%となっていますので

アクセサリーなど女性をターゲットにしたアイテムは特に売れやすいです

(Kimi.が出品しているスマホカテゴリーは全体の7.8%)

画像7

<引用:メルカリ


ちなみに国内最大のハンドメイドマーケットと言われている

ミンネはダウンロード数1000万件

画像8

<引用:2018年 GMOペパボ


Creemaはダウンロード数800万件 

画像9

<引用:2019年アプリマーケティング研究所

となっています。

もちろんミンネやクリーマはハンドメイドに特化したサービスですし

メルカリとは方向性も全然違いますから

この数字だけで簡単に比較はできません。

ただそれでもダウンロード件数や一般的な普及度だけで言えば

ミンネ、クリーマ合わせてもメルカリの3割
ぐらいなので

このデータだけでもメルカリが

いかに大きな市場かということがわかりますよね。


画像10

kimi.の直近3ヶ月間の売上を合計して計算すると50%以上がメルカリでした


理由その2 

ハンドメイドに特化してないからこそ写真で差をつけやすい


メルカリは日本一のフリマアプリだということはお伝えしましたが

ミンネやクリーマのようにハンドメイドに特化していません。

しかし、だからこそ私たちハンドメイド作家は

メルカリではめちゃくちゃ有利なのです。

どういうこと?となった方は

よく考えてください。

ミンネやクリーマはハンドメイド作品に特化しているので

出品されている作家さんの作品画像は

綺麗でクオリティが高いものばかりです。

ちょっとこだわって撮影したくらいでは

その中で注目されるのはなかなか難しいです。

しかし、メルカリで出品されている方の多くは

不用品だったり既製品を普通に撮影して

出品しているだけなので

写真の撮り方が適当だったり

撮影にはこだわりのない方がほとんどです。

なのでミンネやCreemaではそこまで目立つ写真じゃなくても

メルカリではかなり目立ちやすいと思います

さらに画像だけでなく説明文もかなり適当な方が多いので

ここでもハンドメイド作家は一般の方と差別化しやすいです。

画像と説明文で他と差をつけれるところが

メルカリがハンドメイド作品を売りやすい場所と言える理由の1つです。

ちなみにkimi.がミンネやクリーマで出品している画像を使って

メルカリに出品するとこんな風に見えます。

画像11

(グリーンで囲っているのがkimi.の出品)


仮にもし皆さんが今、スマホケースを探しているとして

ピンクで囲った上段の3点のケースの画像と

グリーンで囲ったkimi.のケースの画像と

比べたときにどっちのケースが

より可愛い!欲しい!と思うでしょうか?

値段もこの中ではkimi.が一番高いですが

一日一個以上は必ずメルカリで売れています。

個人的にはメルカリの新着表示で目立つほうが

ミンネやクリーマで目立つよりも簡単だと思いますので

ぜひチャレンジしてみることをオススメします!


理由その3

おすすめ機能がすごい!


個人的にはここが一番メルカリのすごい所だと思っています!

メルカリはミンネやクリーマみたいに在庫を持つという概念がありません。

全て一点ものとして考えられています

なので同じ作品を何回出品しても

新着商品として全国のメルカリユーザーにおすすめ表示されます。

しかもこのおすすめ機能がすごいのは

出品者が新しく出品したものと同じカテゴリーのものを

検索しているユーザーに即座に表示してくれます

つまりkimi.が『スマホケース』を新しくメルカリで出品したら

今ちょうど『スマホケース』を探している人にタイムリーにおすすめとして

表示されるということなんです。

画像12

先ほどネクタイとスマホケースを検索したのでメルカリのおすすめにはネクタイとスマホケースの新着出品が多く表示されています

ここがメルカリとミンネ、クリーマの一番の違いです。

ミンネ、クリーマが作品を一度出したら基本的にお客様が買うまで

待つしかないのに対して

メルカリは同じ作品を何回も新しく出品できます。

(クリーマでも広告費を払えば自分の作品が検索で1番上に表示されます。)

そして出品する度にアクセサリーやスマホケースを探している人の

おすすめに出てくるのでkimi.ではこの特徴を利用して

アクセスが集まる時間帯に合わせて同じ作品を何回も出品し

自分の作品がなるべくたくさん見られるよう工夫しています。

ただ同じ画像の商品を大量に出品するとメルカリ運営に出品を削除されたり制限されるので定期的に画像や文章は変えていきましょう

だから今日はあまり売れてないな〜という日は

この方法でお客様に対して『自ら攻める』ことができるので

これもメルカリの大きな強みの1つです。

何回出品してもタダですからこれならお金もかかりません。


理由 その4

いいね!が増えるとコメントが集まる!


理由1~3で、メルカリでは

・画像や説明文にこだわるだけで目立ちやすい
・検索システムのおかげで自分が出品したものと同じジャンルの商品を探しているお客さんの目に触れやすい

ということをお話してきました。

では実際に画像や説明文にこだわった出品をして、

それがたくさんの人の目に触れると

どういったことが起きるのか、というのをお見せしたいと思います。


画像13


画像14


画像15


以上の3点は全てKimi.の出品です。

ミンネやクリーマなどと比べてもここまで『いいね』や『コメント』

を稼いでいる出品はあまり見ることはないかと思います。


画像16

メルカリで『iPhoneケース』をいいねが多い順に
絞り込んで検索すると一番上にKimi.の作品が出てきました。
marc jacobsよりいいねが多い!笑

メルカリでは画像や説明文にこだわって出品するだけで

たくさんの『いいね』や『コメント』が集まるような

出品ページを作り出すことができます。

いいねやコメントが集まれば他の見ているお客様も

この人はすごい売れてる人気作家なんだ。

という認識をしてくれるので

さらにいいね、コメントが集まるという無限ループが生まれます。

なので!

間違っても

『いいね』や『コメント』が集まっている出品ページを

そのまま販売してはいけません。


購入したいです!というコメントが来たら

必ず別で○○様専用ページを出品して

そちらを購入してもらいましょう。

いいねとコメントが集まった出品ページは

もはや広告塔として機能しているためそのまま販売してしまうのは

非常〜にもったいないです。

いいねとコメントの数だけ信用が蓄積されていると考えましょう。

画像17

上の画像のようにお客様から購入希望のコメントが来たら
別に専用ページを出品し、そちらを購入するようご案内しましょう。
もちろん説明文にも即購入禁止の文言は入れておいた方がいいです。


いいね、コメントの集まった出品が1つ、2つ、3つと

増えてくると毎日途切れること無くメルカリから注文が入ります。

このような状態になればその時点で月の売り上げは

かなりのものだと思いますし専業作家としてスタートしよう!

という自信もついてきているのではないでしょうか。


5.まとめ


今回、一番ハンドメイド作品が売れる市場はメルカリである

というテーマでお話してきましたが

これは決してミンネやクリーマが悪いと言っているのではなく

使えるものは全部使ってメルカリも利用していきましょう!

ということを一番にお伝えしたいです。

(kimi.もミンネとクリーマにはすごくお世話になっています!)

メルカリだけでなく他にもラクマに出品したり

自分個人のネットショップを持つこともオススメします。

出店先が多ければ多いほど売上げが上がるのは間違いありません。

現在もっと売り上げがほしいと思っている作家さんは

シンプルに売る場所を増やしてみてはいかがでしょうか?

今すでにミンネやクリーマで通用している作家さんなら

メルカリならその倍ぐらいは売れるかもしれないので

ぜひ一度メルカリで出品してみることをオススメします( ^ω^ )

皆さんにわかってほしいことは

kimi.は他の作家さんと比べて

作るのが上手いとか特殊な素材を使っているとか

そんなことは一切ないです。

自分が勝てるフィールドで勝負したことが

一年以内にこの売上に到達できた唯一の理由だと思います。

たかが1作家の1事例にすぎないかもしれませんが

このnoteがこれからハンドメイドを始めようと思っている方や

他の作家様のヒントになればと思っています。

よければkimi.のオンラインショップもぜひチェックしてみてください( ^ω^ )


6.このnoteで本当に伝えたかったこと(1/17追記)


去年末に、このnoteを公開し多くの方から反響の声をいただきました。

お褒めの言葉も多数いただきましたが

『売上を公開する意味があるのか』

といったお言葉も中にはありました。

誤解させてしまった方には申し訳ないです。

私が本当にお伝えしたいのは売上ではなく

『ハンドメイドは仕事になる』ということです。

資料でも詳しく説明していますが

現在月10万円以上を売り上げるハンドメイド作家さんは本当にわずかです。

私はハンドメイド作家は自由でやりがいがあって

素晴らしい職業だと思っています。

そして何よりも

ハンドメイドだけで生活することは決して難しくないのです。

そのことを伝えたいという思いでnoteを書きました。

kimi.より有名で売上も実績もすごい作家さんもたくさんいますが

有名じゃないkimi.だからこそ

『私もいけるかも!』

と思ってもらえたら嬉しいです!

長かったですがここまで読んでいただきありがとうございました。(*´ω`*)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Kimi.|花とリングのアクセサリー

Kimi.はまだ小さなアトリエですが 悩みを抱える作家さんたちの支えになりたいと心から思っています。 どうか応援よろしくお願いします

やったー!✨わたしも大好きです!❤️
19年4月から専業ハンドメイド作家として活動 note内にて月の売り上げなど全て公開しています online store⇨https://kimi-handmade.stores.jp/