家ではどのくらいの頻度で箸を変えていますか? このサイクルを超えないようにしてください!

画像1

箸は中国で最も多く使われている食器で、中でも竹製の箸が最も多く使われています。

しかし、不潔な箸は細菌が繁殖しやすく、disposable wooden knife生鮮食品であってもカビの生えた箸を介して摂取すると細菌に感染してしまいます。

箸は長く使うとガンになる?

箸が癌を引き起こすという問題は、中国製の箸が湿気で成長しやすく、比較的一般的な腐生菌である「アフラトキシン」を生成することを心配しているのです。 砒素の68倍の毒性を持ち、世界保健機関(WHO)が独自にラベル付けした「クラスI発がん物質」に属し、肝臓に強いダメージを与える有毒で非常に強い物質です。

しかし、箸は食品ではないので、それだけでアフラトキシンを増殖させることはできません。ただし、食品に含まれていて、食後にシリアルやナッツなどの食品に付着し、それらの食品が長い間付着していて洗い流されずにカビてしまった場合は、アフラトキシンが含まれている可能性があり、発がんリスクがあると言われています。

投与量を抜きにして害を語るのは無理があります。 箸にくっついた食べ物でもアフラトキシンは発生しますが、それよりも少なく、人間には害がありません。

しかし、定期的に箸を交換し、長時間食べないようにすることで、学生の発がんリスクを低減するだけでなく、箸に細菌が蓄積して企業の健康に影響を与えることを防ぐことができます。

箸も定期的に交換する必要がある

変色、擦り切れ、カビのような斑点が出てきたら

通常のお箸は、3〜6ヶ月使用すると先端の色が濃くなってきますが、これは長期間に渡って細菌が蓄積されたことによる色の変化です。

一般的には、お店側で頻繁にお箸を交換することは難しいかもしれません。 そのため、食事の前にお箸の変色や汚れ、ひび割れなどに気がついたら、お箸を交換しましょう。

箸がすり減っていると、食べ物が箸に残りやすくなり、カビの繁殖を促します。また、箸をしっかりと洗浄することができないため、大腸菌や黄色ブドウ球菌、ヘリコバクター・ピロリ菌などの病原菌が繁殖する温床となり、中国では感染しない可能性があります。

普通の竹や木の箸は変化やカビが発生しやすいので、3〜6ヶ月に1度は交換することをお勧めします。 他のタイプのお箸は、上記のデメリットを回避すれば、より長く使うことができます。

買ったばかりのお箸も家で洗う

箸は、生産や輸送の過程で社会的に有害な化学物質の混入を受けやすいので、新しく購入した箸も科学的かつ合理的に消毒する必要があります。

注目の記事:

箸をずっと変えないでいると、本当にがんになるの? 消毒が大事!?

冷凍された肉は、3ヶ月以上冷蔵庫に入れておくと食べられなくなるのですか?

この3つを実行すれば、冷凍食品も生鮮食品も安心して食べることができますよ。 負けないで!

健康生活の知識:食品に賞味期限を表示してはいけない? 肉は冷凍するとどのくらい保存できますか?

冷凍すると食品の栄養分が失われるのでは? あなたの悩みはすべてここにあります

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
追跡できない星!?