見出し画像

明日から臨床で使える!ブリッジの教科書

はじめまして!hayato(@kimamareha_blog)です!

初めてのnote投稿となります。今回は、手技手法に囚われず、改めて基礎的な運動を深く探ってみたい…ということで、

第1回目は『ブリッジ運動』を取り上げてみたいと思います!

ブリッジ運動は臨床で幅広く使われている運動の一つですが、目的をご存じですか?
目的と言っても、『なんとなく』大殿筋を鍛えたいから…。になっていませんか?これではもったいない!

ブリッジ運動以外の運動にも言えることですが
関節の角度、骨盤の傾き、両脚or片脚…条件を変えることで効率よく鍛えられる場所が変化したり負荷量が変わってきます。

これらの条件を知っておくことで治療の幅が広がります

ブリッジ運動の目的

ブリッジ運動の目的について以下のように述べられています。

市橋らによると、臨床でのブリッジ運動は、整形外科疾患においては、大腿二頭筋長頭、大殿筋、脊柱起立筋などの下肢・腰部の筋力強化として実施されており、一方、中枢性疾患においては、下肢の分離運動のトレーニングとして実施することが多いと報告している。

市橋則明 他:各種ブリッジ動作中の股関 節周囲筋の筋活動量-MMT3との比較- .理学療法科学13(2):79-83,1998.

ブリッジ運動の目的をまとめましょう。

1.下肢・腰部の筋力強化
2.下肢の分離運動のトレーニング

ブリッジ運動の『フォーマル』な姿勢

まずブリッジ運動の基本的な姿勢を復習しましょう。

図1

姿勢:背臥位で膝関節約90°の屈曲位 足部は肩幅より少し開く


※麻痺側が保持できず、倒れてしまう場合は壁に膝の外側を立てかけたり、支えてあげましょう。
※今回のブリッジ運動に関する図において上肢は床につけてますが、代償運動になりかねないので、それを避けたいとき又は負荷を上げたいときには胸の前でクロスさせましょう。


図2

そのまま臀部~背部を持ち上げます。(上図)

これがブリッジ運動の基本的な動作になります。
開始の姿勢に負担が少なく、動作・指示ともに簡単にできるので便利ですね。

ブリッジ運動は大殿筋を鍛えることできます。上記に示したブリッジ運動について大殿筋の筋活動量に着目してみましょう。以下の図をご覧ください。

図3

ブリッジ運動と大殿筋のダニエルのMMT3の肢位(以下MMT3)の大殿筋の%RFEMGを比較した図です。

※RFEMGとは整流平滑化筋電値のこと(難しいことは考えずに、簡単に『筋力』と考えて良いです。)
※%RFEMG=各動作時の3秒間の平均RFEMG/最大収縮時の3秒間の平均RFEMG×100

ブリッジ運動での大殿筋の筋出力は、MMT3で大殿筋が発揮する筋出力の1/3程度ということになります。

『ブリッジ運動はこれだけの負荷量で大殿筋を鍛えるためのもの』という知識量では少し物足りないと気づけましたでしょうか?

では本題です!
明日から臨床で使える効果的なブリッジ運動を紹介していきます!
文献、書籍を読んで大事な部分を分かりやすくまとめました。主なポイントはこちら↓

図4

まだまだ私の知識量も不足しているので、勉強した分をここに追加していき、最終的には『ブリッジの教科書』として完成させていく予定です。

お試し価格で¥120でご提供させて頂きます
※売り上げ状況、記述の追加により価格を上げていく予定です。

この続きをみるには

この続き: 1,886文字 / 画像7枚

明日から臨床で使える!ブリッジの教科書

hayato@理学療法の基礎を発信!

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
7
回復期勤務の理学療法士noteでは新人セラピスト向けの知識を公開中!セラピスト向けのブログを運営㊗️6記事でアドセンス合格Twitterでは摂食・嚥下に特化した知識を発信中🍴
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。