フラグメンツ #61~70

#61

 意味と無意味のあいだを
 猛スピードで往復する振り子
 チャンスは一回だけ
 目を閉じて一発で撃ち抜け
 真実はそこにある

#62

 あんた気に入らない
 ケータイの番号教えてやんない
 待ち合わせなんかしない
 偶然会ってもビックリなんかしない
 手なんかつないでやんない
 つまらない話に笑ったりしない
 飲みになんか行かない
 とりあえずビールしか飲まない
 生中5杯で酔ったりしない
 カラオケなんか行かない
 行っても歌なんか歌わない
 肩抱かれても動揺しない
 唇が近づいても目をつぶらない
 お時間10分前でも延長しない
 ちっとも楽しくなんかない
 でも帰らない

#63

 ひらめきの向こう側に
 ゆらゆらと飛び退る
 からだごと弾け散り
 にやにやと眺めてる

#64

 お茶の時間になって
 ぬるい紅茶と湿気たクッキーが
 テーブルの上に無造作に出された
 誰一人として
 カップに手を伸ばそうとはしない
 クッキーはどんどん湿気を帯びて
 眠い午後が過ぎてゆく

#65

 たぶん
 わたしは
 狂っている

 狂っているから
 こんなに
 クリアなのだ

 クリアだから
 狂っていることが
 よくわかる

 なにがよくわかるかというと
 わたしが狂っているということが
 すごくよくわかるのだ

 それぐらいクリアなのだ
 なにもかもすべてがクリアだ
 それほどまでに狂っているのだ

#66

 きのう
 真夜中に屋上で吹いた口笛
 聴こえたでしょう

 風がないのに
 煙草の煙がゆらりとなびいたのは
 口笛聴こえた合図でしょう

#67

 ズボンズボンズボン
 そして
 パンツパンツパンツ
 ふたたび
 ズボンズボンズボン
 なぜか
 スラックススラックススラックス
 かとおもえば
 タイツタイツタイツ
 でも
 パンタロンパンタロンパンタロン
 やっぱり
 ズボンズボンズボン

#68

 朝日には
 希臘彫刻がよく似合うように

 夕日には
 神社の狛犬がよく似合う

#69

 どこの誰だかわからない人から
 うすきみわるいメールが届くんだ
 うっかり開いて読んでしまって
 レストランで隣に座った赤の他人に
 突然口の中で咀嚼したものを
 見せ付けられたような気分になって
 ぞっとした

#70

 真っ暗な宇宙を走る流線型
 亡者の星横切って
 灼熱の太陽をかわしつつ
 鮮やかな軌跡を描きながら
 宇宙の終わるところを
 ただひたすらに目指して

 ああ
 コロッケが食いたい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コピーライターです。詩人です。そのうち詩も公開するかもです。www.killertune.jp