異世界転生してきたらしい救世主(自称)が諸事情で全く使い物にならない件

異世界転生してきたらしい救世主(自称)が諸事情で全く使い物にならない件

「壊すだけの俺の力…、まさか活かせる場所があったなんて」


不意にこの地を訪れた異世界の男は、確信めいた様にそう告げた。

「タケル君。俺の力で世界を」

「いや、志は伝わるけど」
とタケルは遮った。

「救世主?みたいな面倒なの、俺なりたくないし。それにあんたさ、…首じゃん」

「タケル君」


「生首じゃん、無力の」


…説明が必要ですね?

目の前に置かれている首は、どうも異世界?から来たとか。
彼が言うには、向こう側の力はこっち側では強大過ぎるらしく、そのまま転生すると世界のバランスを著しく歪めてしまう。
故に『神』は、転生に際し大きな抑止力を働かせたのではないか?という。


その結果、世にも珍妙な「よく喋る生首」がこちらに届いた。


「…控えめに言ってキモッ」

「タケル君、控えてないよね」

「結局何も出来ないんでしょ?」

「手も足も出ないというか、無いというか」

「帰ってくれよ」


生首がすっごく嫌そうな顔をした。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!