見出し画像

映画『ロシュフォールの恋人たち』1967

またひとつ年を重ねた記念にノウテンキな気分で楽しめる映画を観ようかな、と考えてフレンチミュージカルの傑作『ロシュフォールの恋人たち』。
監督ジャック・ドゥミ、音楽ミシェル・ルグラン、主演カトリーヌ・ドヌーヴ。

このトリオでは本作より前に作られたミュージカル映画『シェルブールの雨傘』が高い評価を受けているが、「シェルブール」は悲しい物語なので、またの機会に譲り、今宵は「ロシュフォール」。

こちらは陽気な気分になる映画だ。ジャック・ドゥミ監督の映画は色の使いが方が綺麗である。ただ派手にカラフルにすりゃあいいってもんじゃない。

五十年の時の隔たりを思えば、これでも当時としては派手なほうだったかもしれないが、今見るといくらか足りないくらいでちょうど良い。

逆に今ならもっと豪華に華やかな極彩色で彩られるかもしれないが、それではガチャガチャし過ぎて下品に堕ちてしまう。

くどくなくて良い。ここはフランス西部の大西洋にほど近い所にあるいなか町のロシュフォールである。パリの娼婦の館ではない。

ロシュフォールで年に一度のお祭りが開かれようとしていた。ここで暮らす双子座の双子の美人姉妹ソランジュとデルフィーヌ。

ソランジュは音楽家を志し、デルフィーヌはバレリーナをめざしてパリへと考えている。そして二人とも理想の恋人にめぐり逢うことを夢見ている。

この映画はうまい具合に恋する者たちが出逢ってはすれ違う。そしてよく恋を語り、歌う。歌は吹き替えっぽいが気にならない。

この姉妹を、フランソワーズ・ドルレアックとカトリーヌ・ドヌーヴの実際の姉妹が演じている。ただこの映画が公開された年に姉のドルレアックは交通事故で亡くなっている。

二人の母イヴォンヌは街の広場にカフェを開いている。この広場とカフェが物語の舞台の中心になる。

街全体がステージのようなミュージカル。ただそれは屋外の自然光のため、時に役者の顔に影が覆ってしまうのがちょっと残念なところ。

イヴォンヌを演じているのがダニエル・ダリュー。とても可愛らしく気品のある女性です。2002年にはフランソワ・オゾン監督の『8人の女たち』でもドヌーヴと親子の役を演じている。

カフェの常連のマクサンス(ジャック・ペラン)は水兵で画家でもある。

街の楽器店ダム氏(ミシェル・ピコリ)のところへ旧友で今は世界的な作曲家アンディ(ジーン・ケリー)が訪ねてくる。

それから祭りに曲芸やダンスなどの見世物を披露するためにエチエンヌ(ジョージ・チャキリス)とビル(クローヴァー・デイル)らもロシュフォールにやって来た。

彼らの歌う『キャラバンの到着』はかつて日本の車のCMでも使われたから耳に覚えがある方もいると思う。

『雨に唄えば』のジーン・ケリーや『ウエストサイド物語』のジョージ・チャキリスといった顔ぶれが揃うのも嬉しい。

水兵は白地に青が差し色の可愛らしいスタイルだが、軍人さんは暗黒色で、このいささか少女趣味的な明るい空間には異物な存在ですが、そうゆうところがちょっとしたスパイスになっているのかもしれません。

陽に陰を少し入れることで陽が際立つ。お汁粉に塩昆布やら穂紫蘇などを添えるのと似てる。

ただ『シェルブールの雨傘』が戦争あるいは国家に翻弄される恋人であるのに対し、『ロシュフォールの恋人たち』では色彩として無粋なだけでそれ以上の問い掛けは控えているように見える。

すれ違う恋人たちの行く末は、概ねハッピーエンド。スクリーンの中では出逢えない理想の恋人を夢見る二人にも、出合いを示唆する粋な計らいで終わるのが嬉しい。

好きな映画のタイプのひとつとして、映画が終わっても、登場人物たちの人生は続いていると感じさせる作品が好きです。

画像1

ロシュフォールの恋人たち
Les Demoiselles de Rochefort
1967 ⭐⭐⭐⭐🌠
監督:ジャック・ドゥミ
脚本:ジャック・ドゥミ
撮影:ギスラン・クロケ
音楽:ミシェル・ルグラン
美術:ベルナール・エヴァン
衣裳デザイン:ジャクリーヌ・モロー
衣裳デザイン:マリー・クロード・フーケ
出演:
カトリーヌ・ドヌーヴ
フランソワーズ・ドルレアック
ジャック・ペラン
ミシェル・ピコリ
ジーン・ケリー
ジョージ・チャキリス
クローヴァー・デイル
ダニエル・ダリュー



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
閑人。心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書き散らかす。