家で餃子

家での餃子も少しずつ成長中!?

はろー。休日は餃子を1回食べるだけでは物足りなくなってきました。きょん です。

最近の家での餃子について。少しばかり書きます。

手作り餃子した際に、余った具材を冷凍庫に入れていたので、先日皮を購入して作ろうかと思い立ちました。

8月に手作り餃子の会をした時、友だちに教えてもらった美味しい皮を買いに行こう!と決めました。

そういえば餃子の皮が美味しいって、それまでのわたしにはなかった概念でした。
なかったというよりも意識していなかったの方が正しいかもしれません。
聞いた時には目から鱗だったので、実はずっと気になっていたのです。タイミングを見計らってようやく今だと思いました。
ずっと皮に関しては厚さと食感だけ捉えていたので、その美味しい皮を味わいたくなりました。これから餃子を食べる時は、皮の味も楽しみます。餃子の皮Tシャツを持っているのだから、皮から楽しまねば。(義務感)

他に足りないものはないか冷凍庫を開けて確認すると、あら、いつか買った冷凍餃子発見。
小麦粉ではなくて米粉を使った皮。米粉の皮で作った餃子といえば、関西を中心に展開されている“餃々”というお店で、その時だけ皮をじっくり味わったことを思い出しました(笑)
家でも米粉の皮の餃子を楽しめるのかあ〜、おまけにパッケージがおしゃれだなと思って即買いしたのでした。パッケージの裏をよく見ると 餃々 の会社である“餃子計画”の商品でした。びっくり仰天。

画像1


私ごとですが、餃子を食べるまでは、お店や商品の名前を潔いまでに記憶せずきれいさっぱり忘れてしまっていました。 あんなやつ・こんな感じの みたいな表現でしか覚えることができなかった自分が、ここまで餃子について繋がるようになってきたのかと思うと、なんだか自分のことですが感慨深いものがあります。興味の問題でしょうか。

話を戻すと、それも封が空いている食べかけたもの・・。いつの日か買って、一度食べた後そのまま忘れていました。
予定変更。今回はこれを食べます。
フライパンを熱して、餃子を並べて、蓋をして中火で焼く。
焼いて蓋を開けた時に気がつきました。焼く時、お湯を入れていなかったことに。
それでめげずに考えて、ごま油を入れて少し焼きました。対処方法を考えられるまでに成長しました!そしてこんがりと焼き目がついた餃子になりました。
破れることなくお皿に乗せることができました。うん。一歩ずつ成長しています。

家で餃子2

失敗から課題を見つけて、それを次回改善して、またトライして新たな課題を見つけて・・・を繰り返していくことで何事も少しずつ上手になっていくことを、餃子を通して学んでいます。これまでの20数年言われてきた事柄ではあるけれど、自分ごととして落とし込めていなかったです。餃子を作って焼くことで身に染みて実感中です。

こんがりと焼けた餃子はカリッカリで、皮からお米の味を楽しみながらいただきました。小麦粉と米粉ではやっぱり食感も味も違います。


この日、これだけでは足りなくて、結局教えてもらった餃子の皮を買いに行ったけれど、売り切れで買えなかったという話は、また別の日に。。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ嬉しいです!ありがとうございます☆
11
365日毎日ぎょうざを食べています。 餃子の化身 の異名をもつ、ぎょうざの子です。食べて、作って、食べて、食べてます。 いろんな土地へ行って食べてます。 ぎょうざがあると、しあわせ。 TwitterとInstagramもやっています。