新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

夏至2020 ~夏至の日には何をする?~

2020年の夏至は6月21日です。
夏至は一日のうちで昼の時間が一番長い日となりますが、この時期、日本では梅雨で曇りの日が多く、日が最も長くなっていることを意外と感じづらいかもしれません。

夏本番が近づき、販促やPRイベントなども「夏」を演出したものが始まる時期であると同時に、販促としてはメジャーなテーマが少なく、企画に少し困る時期でもあります。

日本と世界の夏至祭

画像3

太陽信仰のある日本ではもっと尊重されてもよさそうな「夏至」ですが、実際のところ夏至の日に行われる催事は多くありません。
それに比べると、海外の北半球の国、特に北欧では夏至を祝うお祭り「夏至祭」が各地で行われ、食や儀式などの文化も盛んです。

■ヨーロッパの夏至祭(フィンランド、スウェーデン、フィンランドなど)
・夏至に近い週末が祝日になったり、国民的な行事として夏至祭が行われる
・樹木の葉や花を飾りつけた柱を町や村の広場に立てて、歌や踊りを楽しむ
・伝統食は、ジャガイモ料理、ニシンの酢漬け、乳製品、ソーセージなど。
・儀式や祝いとして焚火を行う
・財産や結婚に関する占いやおまじないがある

■アメリカの夏至祭
・比較的北に位置する米国アラスカ州では、各都市で夏至祭が行われる。
・ニューヨークではスウェーデン系アメリカ人を中心として祝祭が多く開催される。

■日本の夏至祭
三重県伊勢市の二見興玉神社で夏至祭が行われています。天照大神を祭った伊勢神宮への参拝者が身を清めた場所で、日の出に夫婦岩に向かって海に入り身を清めようという行事です。



近年、日本では夏至の日にキャンドルナイトが多く開催されています

画像3

昼が一番長い(夜が短い)日に、電気を消灯してスロー時間を楽しみましょう、というコンセプトで、震災のあった年や節電の呼びかけなどにも関連してPRされてることが多くありました。ヨーロッパの焚火の儀式に通じるところもあるでしょう。
有名なものとして、2003年にスタートし18年目を迎える“大地を守る会”とJ-WAVE共催の「100万人のキャンドルナイト」があります。
2020年はコロナウイルスの影響もあり、オンラインで開催されることになりました。
当日20時のカウントダウンに合わせてオフィスや店舗の電気を一斉に消灯し、ムーブメントを盛り上げるとともに、ライブ&トークイベントやキャンドルづくりのワークショップ、料理教室などが、ユーチューブの動画配信によって開催されます。

【100万人のキャンドルナイト2020 概要】
タイトル:100万人のキャンドルナイト2020
開催日時:2020年6月21日(日)11:00~21:00
※6月14日(日)14:00~15:00に事前ワークショップを実施
開催形式:オンライン形式
参加費:無料
公式サイト: http://candle-night.tokyo/
主催:J-WAVE(81.3FM)、大地を守る会
後援:外務省、港区、ふるさと回帰支援センター
協力:カメヤマキャンドルハウス、スターバックス コーヒー ジャパン株式会社
協賛:日本食品工業、富士見堂、みなと環境にやさしい事業者会議



6月21日は、国際ヨガの日(国際ヨガデー)

ヨガ2

国際ヨガデーは、2015年に創始。ヨガ発祥の国、インドモディ首相が国連にて提唱し、「世界中で人々がヨガを楽しみ、体・心、そして社会の健康を育む日」として177ヶ国の賛同を得て採択されました。

夏至にはスピリチュアルなテーマが重ねられることも多く、自然との調和を重んじるヨガの世界では注目されることが多い日です。
しかし今年はコロナウイルスの影響で、大規模なヨガイベントの開催は少なくなっています。


オンラインのヨガイベント(6月21日)の例


日食が起こる2020年の夏至

日食

また2020年は、夏至の日に日食が起こることで天体的な話題もあります。
日本では6月21日の夕方に部分日食、アフリカからアジアにかけての一部地域では金環食が起こります。日本”全国”で日食が見られるのは、次は10年後とのこと。

夏至は天体のことを考えるキッカケにもなる日なので、空(天体)に関連するコンテンツはマッチしますね。


日本での日食ライブ中継のページまとめ



半夏生にはタコ

半夏生にタコ

夏至に関連した節季として「半夏生(はんげしょう)」があります。
夏至から数えて11日目にあたる日もしくはそこからの5日間のことを指し、今年の半夏生は2020年7月2日~6日となります。
主に関西ではこの時期にタコを食べる習慣がありますが、その由来は、農家にとって豊作を祈る大切な節目であるこの時期に、田植えをした稲がタコ足のように地面の根付くことを願いながら、栄養のあるタコ食べて農作業の労をねぎらうという意味があったようです。

関西を中心に、デパートやスーパーでも半夏生にタコのフェアを行うところが多くあります。
■半夏生のSPの事例(チラシやスーパー売り場などの画像イメージ)


「半夏生にタコ」は、イベントの少ない6月後半の売り場づくりとして、全国への拡がりがあっても良いテーマの一つではないでしょうか。
今年は、ナカ食市場が活性していますので、家で食べられらる”タコ焼き”の訴求などどうでしょう。


夏至カレー「夏至の日にカレーを食べよう」

夏至カレー

最後にこの話題をご紹介します。
「夏至の日にカレーを食べよう」というプロモーションです。
数年前にSNSでの情報拡散があり、その後2018年に大阪では「夏至カレーフェス」も開催されるなどじわじわとした話題の拡がりはあったようですが、なんと、「夏至カレー」という言葉が、提案者である中田絢子氏と電通によって2019年4月に商標登録されています。
【参考】商標登録の検索「J-PlatPat」
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

売り場づくりのプロモーション施策として「夏至カレーフェア」が展開された例もあるようです。
https://diamond-rm.net/sales-promotion/36601/




日本では典型的な夏至の過ごした方というものがないのですが、この時期は季節の変わり目でもあり、日常生活の節目とするにも適したストーリーのある日なので、人々のココロに響くコンテンツにチャレンジする余地があるのではないかと思います。


*********
企画の種では、販売促進やPRなど様々な企画に携わる方へ、アイデアや資料として2次利用もできる情報シートを提供しています。企画業務の初期アイデア、参考資料等としてご活用ください。

総合サイト「企画の種」
http://www.p-torch.com/

企画書や各種資料のデータ販売「企画の種データショップ」
https://kikakunotane.com/

*********



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
3
広告・販促・マーケティング担当者向けに、企画に役立つ視点やアイデアをブログ形式で発信するメディア。 広告業界で活躍するプランナー・デザイナーのチームで運営しています。 総合サイト「企画の種」「企画の種DATA SHOP」ともリンクしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。