マガジンのカバー画像

コロナ禍の消費トピック

12
緊急事態宣言や各種自粛要請などを経て、ようやく経済活動への関心が高まりつつあります。厳しい業界も多く悲観論は避けられませんが、これからの社会の動きにどのように順応していくのかが大… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

外出が減った生活でフィットネスはどう求められるのか。~フィットネス業界は再編の可…

コロナ禍でフィットネスクラブは大打撃新型コロナウイルスの流行による、スポーツ・フィットネ…

企画の種
1年前

コロナ禍で業績好調なファーストフード業界

コロナ禍で業績を伸ばしている業界の一つにファーストフード業界があります。 マクドナルドの…

企画の種
1年前

コロナ禍を経た防災意識の変化は「自宅避難」 ~安全で快適な自宅環境の確保へ~

今年も9月1日の防災の日が近づきました。9月1日は1923年に起きた関東大震災の日であるととも…

企画の種
2年前

コロナ禍で、小売店の販促・集客施策は減り、購入者側のルールは増えました。実店舗の…

緊急事態宣言が明けた頃から、百貨店やスーパー、コンビニなどの多くの小売店において、感染防…

企画の種
2年前

ウィズコロナにマッチするアウトドア ~ただしベランピングは迷惑行為との認識が多数…

2020年のコロナ禍において様々なレジャーやエンターテイメントが制限され厳しい環境に陥った業…

企画の種
2年前

「免疫力」をキーワードに改めて活性化する腸活・菌活。次は商品のブランディングへ

緊急事態宣言が明けて夏を迎える時期になっても、多くの人がコロナウイルス流行の第2波に備え…

企画の種
2年前

ウィズコロナの生活に備蓄向け商品が求められる ~ローリングストックのすすめ~

パニック買いは批判されるが、正しい備蓄は必要2020年の2月から3月初旬のコロナ騒動の初期には、パニック買いや買い占めによって、いつくもの商品が突然、店頭から姿を消しました。 マスクや消毒薬はもちろん、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、お米、インスタント食品、ハンドソープなど、一般消費者が不安に駆られて求めた商品は、一時的な物流の乱れだとアナウンスされながらも、実際にはその後数か月に渡り、入手困難な状態が続くものもありました。 転売目的での買い占めもあったと思われますが

スキ
4

アフターコロナの家飲み需要は如何に。カクヤスの業務用取り引きは75%減。

家庭用酒類販売のカクヤスが発表した4月の売上高は、飲食店などの業務用取引先向けが前年同月…

企画の種
2年前

ZOOM飲み会でオンラインコミュニケーションを初体験した人が急増。2020年はオンライン…

「オンライン飲み会」が大盛況。外出自粛で飲食店での飲み会ができない状況の中、巷で話題の「…

企画の種
2年前

巣ごもり消費は今後も活性化の予想。家できるコトは多い。

商業施設が休業し、大型イベント、旅行、スポーツレジャー、外食などの需要が大きく減少する中…

企画の種
2年前

コロナ禍によって口紅の売り上げ7割以上の減少。マスク外出だからいらない?!

外出自粛期間が続く中、女性の化粧品、特に口紅がは大きく売り上げを減少させているようです。…

企画の種
2年前

オンライン飲み会だけじゃない、コロナ禍で食分野76兆円市場の何が変わるか農水省の資…

 こんにちは、日本酒ベンチャーHINEMOSの渡辺です。実は元農水省の官僚という肩書きも持って…