3キャプチャ

PrinChaser-電子透かし機能詳細

PrintChaserはカスタマイズで部署、ユーザごとに印刷に関するポリシー設定が可能です。またポリシー設定では電子透かしを設定することが可能です。

前回Paper-Xの破棄管理機能を紹介した際に軽く触れました。今回はその電子透かしの機能に関してご紹介しようと思います。

電子透かしとは?

電子透かしとは下記画像のように、印刷時に様々な情報をアウトプットイメージに付与する機能です。

例えばオフィス内で落とした印刷物が誰のものか分ったり、企業ロゴが印字されているとすぐにその企業の出した印刷物だとわかる利点もあります。

PrintChaserではセキュリティ機能としてこの電子透かしの機能を利用しています。


PrintChaser電子透かし設定

電子透かしの設定に関してはPrintChaserの管理画面で設定することができます。

※↓実際のPrintChaser管理画面・電子透かし設定

※↓それを見やすくした物

実際の業務上電子透かしがあると困る資料に関してはここで電子透かしをしない設定をすることができます。

また、下記画像のように電子透かしのカスタマイズも可能です。

PrintChaserは電子透かしの詳細の設定も可能であり、それを付与するユーザもグループ毎に設定ができる為、簡単にお使い頂けます。

電子透かしは印字する情報で印刷物をよりセキュアに管理することができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

本社所在地:東京都千代田区九段北1-8-1九段101ビル5F
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。