日本の農業の話。

世界を飛び回り、オーガニック農業を指導して来た

野々川尚さんによれば、

今、日本の野菜よりも中国の野菜の方が安全だという。


中国というと大気汚染や農薬、排水問題など

環境に関するイメージはずっと良くなかったが

それはもう過去の話のようだ。


貧困問題の解決も含め

国策としてオーガニックにシフト。

20億haもの農地で

オーガニック栽培が行われ、

「食」で世界を制しようとしているのだ。


オーガニックは世界的な流れだと思うが

日本の農業だけが取り残されているという。

ヘルシーだと和食や日本の食材が見直されているというのに。


薬漬けは医療だけじゃない。

食の安全が損なわれれば、

原因不明の病気は減らないだろう。


先日、安倍首相がトランプ大統領から

大量のアメリカの遺伝子組み換えのトウモロコシを

引き受けるとしたニュースがあったが

こうしたニュースもその一端だ。


あまりにもひどい日本の農業の現状を聞いて

ちょっとげんなりしてしまった。


オーガニックに対しても

知っているつもりで浅い知識だったことがわかった。

それでも今からできることをやるしかない。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3
「乃可勢」という一節切との一期一会から、日本の文化、お茶の世界へ誘われる。古風なスピリッツだけれど、新しもの好きの食いしん坊。特技はういろう売りとぐうたら節。♀ 月星座:しし座 自遊人
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。