見出し画像

人に優しくなれる本【[新版]老人の取扱説明書】

先日、生前整理アドバイザー認定講師が集まるオンライン勉強会が
北陸地域の講師の方々の主催で行われました。

その日のテーマは、
「生前整理にまつわるオススメ本をシェアしょう」

一緒にご参加の講師の皆さまから、
それぞれの視点から想いを込めて、様々な本を紹介していただきました。
私自身、初めて知った本ばかりで、発見ばかりのとっても楽しい時間を過ごすことができました。
ありがたい機会を作っていただいたことに心から感謝です。

私も本の紹介をしました。
何度も読み返している
【[新版]老人の取扱説明書】
という本です。

私は、この本を、
「人に優しくなれる本」だと思っています。
(ちなみに、15万部以上売れているそうです)

なぜこの本を紹介したのか?
生前整理の講座を受講なさる方で多いのが、
・高齢の親の生前整理をしたい。
・おじいちゃん、おばあちゃんの生前整理をしたい。
・知り合いや親戚の親御さんの生前整理を手伝いたい。
とおっしゃる方です。

生前整理を手伝うにあたり、親御さんなどの相手の立場になることやその思いを知ることの大切さは欠かせません。
ただ、その方の体の状態のことを普段から知っておくことも大切です。
自分と同じ状態や基準で考えてはダメなんです。
特に、毎日のように接していると、嫌だなあと思うことがあります。

例えば、
・都合の悪いことは聞こえないフリをする。
・こっちが真剣に話を聞こうとすると、しゃべらなくなる。
・頑固になって言うことを聞いてくれない。
など、
性格のせいか、それとも意地悪をされているのか……
わかっているくせに、あえてそうしているんだろう……
という風に決めつけてしまうこともしばしば。

でも、実際の多くはそうじゃない、
ということが、この本を読むとよくわかります。

まず、
・都合の悪いことは聞こえないふりをする。
という点では、
無視しているわけでも、嫌っているわけでも、ボーっとしているわけでもなく、
本当に話が聞こえないことの理由が詳しく書かれています。
また、そういうケースに合わせるためにとるべきコツも具体例とともに書かれています。

先ほどの例の他にも、
・せっかくつくってあげた料理に、醤油やソースをドボドボかけるのはなぜか。
・信号が赤に変わったのになぜゆっくり渡っていたり、信号が赤でも堂々と渡ってくるのか。
・痰ばかり吐いていたり、よくむせたりするのはなぜか。
といったことなど、
何かしら見聞きしたことがあるであろうケースの原因と解決方法が書かれています。

私自身、読んでいて目から鱗が落ちることばかりでした。
また、亡くなった自分の親とのことを思い出し、
こういったことを早く知っておけば、自分の接し方や気持ちも違ったんだろうなあ、という気分になりました。

そして、この本の内容は、
いずれ自分もそうなると認識させられる大事な内容でもありました。
実際に本を読むと、自分も含めみんな同じなんだ、とわかり、
それを機に、人に優しくなると思います。
この本からたくさんの学びをもらいました。

生前整理の講座では、コミュニケーションを円滑にすることにつながる一助として紹介させていただいております。
ご興味がありましたら、Amazonで「試し読み」ができますので、お時間のある時に読んでみていただければ幸いです。

ありがとうございました。

◎相続やお片づけなどの『生前整理』のお悩みは、プロの専門家である【生前整理診断士】が解決いたします。

親御様のこと、将来のご自分のことなど、おひとりで悩まないでください。
相続準備や実家のお片づけの他、介護、葬儀のことなど、多岐に渡る『生前整理』のお悩みは、プロの専門家である【生前整理診断士】がトータルで解決いたします!

無料相談受付中です。
出張相談もしております。
<年中無休>お気軽にご相談ください。
電話:092-932-3513
メール:info@gkkibun.com
詳しくはこちら

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?