知っておきたい「健康寿命」【今から始めよう!生前整理】
見出し画像

知っておきたい「健康寿命」【今から始めよう!生前整理】

昨年末、厚生労働省が日本人の最新(令和元年値)の「健康寿命」を発表しました。

その発表によると、
男性は72.68歳、女性は75.38歳
とのこと。

なお、「健康寿命」とは、
介護や病気などで制限されることなく健康的に自立した日常生活を送ることができる期間
のことをいいます。

ちなみに、厚生労働省は、「健康寿命」の数値を3年ごとに公表しており、
前回(平成28年値)は、
男性が72.14歳、女性が74.79歳
でした。

前回の調査と比較すると、
男性で0.54歳、女性で0.59歳伸びています。

その一方、日本人の平均寿命は、
男性が81.41歳、女性が87.45歳
です。

もちろん、健康寿命が伸びることは良いことです。
ただ、健康寿命と平均寿命の差から考えると、
男性だと約9年、女性だと約13年もの長い間、
何かしら病気を抱えたり、介護されるなどして、健康的に自立した日常生活を送ることができない期間を過ごす可能性があるということになります。

あくまでも数値は平均なので、
実際の期間は、人によっては短かったり、長かったりします。
ただ、自分が実際にどうなるかを予想することはとても難しいです。

そのためにも、元気なうちに、
自分のことなどについて意思表示をしておくことが大切です。
例えば、
・かかりつけの病院や持病、服用中の薬のこと
・介護の詳しい希望
・余命宣告を受けた時の告知の希望
・延命処置の意思
などの終末の迎え方を伝えておくことも大切になります。

その他にも伝えたいことはたくさん出てきます。
しかし、いざという時になってからだと、できることには限りがあります。
ただ、早いうち、元気なうちからであれば、より多くのことをしていくことができます。

「いつかやろうのいつかは来ません!」
まずはお手持ちのノートに書いてみることをおススメいたします。
自分自身のための『生前整理』と思って始めてみましょう。

◎『生前整理』のことは、プロの専門家である【生前整理診断士】にご相談ください。

親御様のこと、将来のご自分のことなど、おひとりで悩まないでください。
相続準備や実家のお片づけの他、介護、葬儀のことなど、多岐に渡る『生前整理』のお悩みは、プロの専門家である【生前整理診断士】がスッキリ解決いたします!

年中無休・無料相談実施中です。お気軽にご相談ください。
詳しくはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!すごく嬉しいです!!
添田 貴文(そえだ たかふみ)/【福岡の生前整理診断士】
相続やお片づけのことなどの多岐に渡る生前整理のお悩みを、お客様のお心に寄り添い、【あなたのそばの縁の下の力持ち】としてサポート・解決いたします。生前整理診断士/生前相続アドバイザー/生前整理アドバイザー認定指導員/合同会社キブン代表。歴史大好き