就職についての考え方
見出し画像

就職についての考え方

ふじもん

今回は、私が就職活動のときに大学の先輩から言われた言葉を紹介します。大学を卒業し、社会人として世の中に出て行くときに、どの企業で働くか、大事なことだと思います。私も、どこの企業で働くかは、一番の関心ごとでした。そんな時に
、気になる企業の実情が知りたくて、大学の先輩に相談しました。その時言われた言葉が

大事なことは、どこで働くかではなくてどのように働くかだと思う。

その言葉を聞いたとき、自分の就職活動の考え方が間違っていることに気付かされました。私のゴールは、企業選びになっていたのです。どの企業で働くかは、確かに大事なことだと思います。しかし、企業選びは一時点であり、働くことは40年にもなります。それからは、考え方を変え、自分のしたいことが出来る企業であれば、あれこれ考えず、採用試験を全力で受けに行きました。今は、大学卒業後に入社した会社は辞めてしまいましたが、自分の就職活動に後悔などありません。(私にとって最高の選択をしたからです)

今、これからの就職活動で悩まれている方へ、今回の言葉が少しでも考え方の一部になって頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宜しければシェアもお願いします。
ふじもん
「常にポジティブに明るく、元気に生きていける世界を創る」 これが私の使命しています。ともに楽しく生きましょう。