雑誌『ケトル』編集部

太田出版のワンテーマ誌『ケトル』のアカウントです。note限定企画から、誌面情報、編集部の裏話まで、ゆるく運営いたします。12月15日発売の「Vol.57」以降、お休みを頂戴します。 公式サイト⇨ https://www.ohtabooks.com/qjkettle/
    • 「ケトル」最新号案内とお知らせ
      「ケトル」最新号案内とお知らせ
      • 10本

      最新号の特集内容や連載の紹介、関連イベントや募集などのお知らせをまとめました。

    • #池田エライザの連載
      #池田エライザの連載
      • 0本

      ともすると見過ごしがちな、世の中で普通に起こるけどでも実はなんだか変なこと。つい目を瞑ってしまいがちな、矛盾。女優・池田エライザが月々に見つけたそんな“モヤモヤ”を考察する、彼女の頭の中を覗き見するような連載。

    • #Licaxxxの連載
      #Licaxxxの連載
      • 2本

      Licaxxxは、東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。そんなLicaxxxがいろんなところへ出向いたり、インタビューしたり、文字を書いたり……多ジャンルのマニアックを追求していく。すでにマニアの方は読んで一緒にニヤニヤしてほしい。そしてまだマニアでない方も、きっとあなたの「マニアックの扉」をノックする連載。

    • 小説「メメント・モリタ」曽我部恵一
      小説「メメント・モリタ」曽我部恵一
      • 0本

      「書け書けと言われ、書き始めたのだ。小説。 物語がどうなっていくのかは全然わかりません。わかってても、そのように進まぬように願いたい。 自分の人生とはちょっと違うところで、また自由に生きる気分で、このお話に取り組んでみるつもりです」 曽我部恵一、初の連載小説。

    • #嶋浩一郎の連載
      #嶋浩一郎の連載
      • 0本

      弊誌編集長で、ビールと昆虫図鑑とトリビアが好きという嶋浩一郎が提案するのは、少し変わった文学の読み方。毎回、一人の作家にフィーチャーしながら、物語とは別の見どころやおすすめの作品を紹介します。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

雑誌 「ケトル」 休刊のお知らせ

無駄なご挨拶 ケトルは無駄が詰まった雑誌です。 無駄こそが世の中を面白くするという思いで10年間編集を続けてきました。 そんなことに何の意味があるの? ということを…

いくえみ綾 特集号 『ケトル Vol.57』 と、 noteで読める連載のご案内

12月15日発売の『ケトル Vol.57』は、いくえみ綾さん描き下ろしイラストが表紙に大登場! 『おやすみカラスまた来てね。』の善十が、くつろぎながら何かを読んでいます。こ…

クリストファー・ノーラン特集と、noteで読める連載のご案内 『ケトル Vol.56』

3年ぶりの新作映画にして大ヒット上映中の「TENET」。もうご覧になりましたか? 10月15日発売『ケトルVol.56』では、物語をつくり続ける男・クリストファー・ノーラン監督…

『ケトルVol.55』 特集案内と、noteで読める連載まとめ

はじめて読んだ本のこと、覚えていますか? 素敵な装画、印象的な行間、引き込まれる物語、表現と校閲、居心地の良い本屋さん…。『ケトルVol.55』は、読書マニア、これか…

『ケトルVol.54』 特集案内と、noteで読める連載まとめ

距離ができてわかった忘れたくない ❝大好き❞ なこと。6月発売の『ケトル Vol.54』は、特別編集「みんなの大好き」特集として刊行! noteやTwitterでの募集では、みなさ…

『BACK TO THE FUTURE Part1』の行き先が1955年だった深い理由

今も世界中で愛され、折に触れテレビでも放送されてきた映画『BACK TO THE FUTURE』(以下『BTTF』)が公開されたのは1985年。実は音楽面でも様々な小ネタが散りばめられて…