見出し画像

社員満足度アップ!リモートワークで「心地いい関係性」を取るためにプラント業界・柳井工業がやっていること

こんにちは。柳井工業常務の柳井です。

柳井工業は全国各地で出張工事に出向いています。社員に1年間1度も会わずに、年末を迎えることも多々あるんですよね……。

そのため、基本的にはメンバーとは「リモート」でコミュニケーションを取っています。

また、柳井工業の拠点は大分県ですが、近年は四日市や千葉市など、県外での採用も増加。ますます社員との交流の時間が減ってきました。

ただ社員からは「仕事場所はばらばらでも、距離は遠く感じないので助かります」というフィードバックもいただき、安心しています。

そこで今回は、柳井工業が実施している「社員との向き合い方」をテーマにお伝えします。

「リモートワークってどうすればいいんだろう……」と悩む経営者に、少しでも参考になれたらうれしいです。先にかんたんに、ツールと使い方を図解でまとめますね。

画像1

日々の共有は「LINE」と「Chatwork」

まずはいつも使っている「共有ツール」の紹介です。以下の役割で、LINEとChatworkを使っています。

・LINE:日報形式で今日のエピソードを共有する
・Chatwork:経営者同士で共有する

●LINE:日報形式で今日のエピソードを共有する

全社員が入っているグループLINEで、日報を提出してもらっています。「今日行ったこと」や「感じたこと」などを共有してもらうことで、社員の1日の流れが見えてきます。

LINEにしている理由は特にありません(笑)。ほぼ全員が1日に1回、LINEを使っていると思ったので、「使いやすさ」を考えて使いはじめました。

社員から相談が来るので答えたり、「そこはこうした方がスムーズにできるよ」とフィードバックをすることで「学びの場」にも繋がるので、知識のストックにもなっています。

●Chatwork:管理者(マネジメント陣)で共有する

LINEは全社員ですが、管理者は別途Chatworkにも入ってもらっています。例えば、

・Aさんが最近、不調みたいです……
・現場Bでトラブルが発生しました!
・新人Cさんが、最近どんどん伸びてきています。次のステップに行かせましょう!

などなど。主にLINEでは共有しづらい内容を共有しています。経営者もリモートワークなので、日々の進捗やコミュニケーションは欠かせません。

また、Chatworkは記録用紙や図面、写真などを共有する際に便利。過去の文章や写真をかんたんに引用や遡れたり、”プレビュー”表示も使いやすいですね。

月1の1on1面談は「Zoom」で

会議や面談は、基本的にはZoomです。採用面接もすべてzoomで行っています。Zoomの使用用途はこちら。

・月末1on1面談(全社員):目標・進捗管理と相談の共有
・経営者会議:教育や社員の進捗チェック
・採用面接

「採用もオンラインですか……!」と驚かれることもありますが、今まで特に問題ありません。お互いのことを知れて、採用のミスマッチなどもなかったです。

今後はもっと社員との交流もしたいので、「Zoom飲み会」もやってみたいですね。

貴重な対面時間。「飲み会」で社員を知る

そして貴重な「対面時間」。「飲みニケーション」や「タバコミュニケーション」を否定的に思う方もいるかもしれませんが、いつも会えないからこそ、対面で話したいことが募っているんですよね。

定修工事などでメンバーに会った時は、飲み会を開いています。ここで私が徹底しているのは「メンバーのことを知る機会」というスタンスです。

「昔はもっと大変だった」といった”仕事の話”や”武勇伝”などは話さないですね。私も単純にお酒を楽しみたいですしね(笑)。

なので、趣味の話や愚痴もよく聞きます。メンバーにはガス抜きの機会にしてもらいたいので、あくまでも”メンバー主体”で話してもらえるように、気楽に過ごしてもらっています。

・・・

新型コロナウイルスの拡大により、リモートワークが余儀なくされた企業もあるかと思います。

「リモートでも大丈夫かな……」と不安に思うかもしれませんが、十分に社員とコミュニケーションを取るのは可能ですよ。

リモート+時々対面、が個人的にしっくりきています。すこしでも参考になれたらうれしいです。


取材・文・図解/ヌイ(@nui_nounai

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。\(^o^)/
1
国立大学卒業→野村證券株式会社(11年)→大分県の有限会社柳井工業(プラントの回転機メンテナンス会社)財務担当、プラントメンテナンス業界の仕事を多くの人に認知してもらうために情報発信します。