新社会人が「僕に何ができるんだろう……」と悩んだ時に読む記事
見出し画像

新社会人が「僕に何ができるんだろう……」と悩んだ時に読む記事

4月から入社された新社会人のみなさん。あれよあれよと、5ヶ月が経ちましたが、実際に働いてみた感想はいかがでしょうか?

・思っていた仕事と違っていて絶望している
・周りの先輩がすごくて負い目を感じている
・同期に比べて自分は全然成長できていない気がする

こう思っている方も多いと思います。全然大丈夫ですよ、私もそうでしたので。

私は社会人13年目に突入しました。超ゴリゴリの体育会系である「野村證券」に新卒入社。その後は父の会社を継ぐために、柳井工業(プラント業界)に中途入社し、現在は経営者として奮闘しています。

今回のテーマは「新社会人だった私が、先輩から聞きたかった言葉」です。新社会人向けのメッセージという認識で大丈夫です。

すでに「新社会人向け」の記事や本は世に出回りすぎていますが、私も話したくなってしまって……便乗して話すことにしました(笑)。

というのも、野村證券ってとても厳しかったんですよね。超忙しい会社なので、先輩に相談したくてもとても忙しそうなので、「こんな些細なことを相談したら迷惑だよな……」と、遠慮してしまいました。

経営者になって視野が広がった今、新卒の私に言いたいのは「そんなに背負わなくてもいいんだよ」ということ。

長くなりましたが、悩んでいる新社会人の方に、この記事が1つの処方箋になれたらうれしいです。

①「メモ+復習」をセットで行う

先輩から「とにかくメモをしなさい」と言われませんか?これね、とても大切です。

先輩は何度も何度も同じことを説明すると疲れちゃいますし、「こいつ俺の話全然聞いてないな……」と悲しくなって、信頼貯金が少しずつ減ってしまいます。大損です。

……ただこの話はよく聞きますよね(笑)。「それは知っています」という声が聞こえてきそうですし、芸がない。

アドバイスを加えるなら「復習」をおすすめしたいです。ただメモするだけではダメだよ、ということです。

メモした内容、すべて覚えていますか?多分、ほとんどの方が忘れていると思います。それではもったいない。

忘れないために「復習」をしましょう。脳に定着するので、より血肉化します。

さらに「先輩から教わったことを実践したら、僕もできるようになりました!」なんて報告されたら、うれしくて内心飛び跳ねると思いますよ。

②まずは手を動かしてみる

あれこれ思考を巡らすのも大切かもしれませんが、新人は「まずは手を動かすマインド」の方が結構大切だと思います。

実際に「量よりも質」と思った原体験があるからです。新卒の野村時代、結構エグめのミッションを与えられました。

・1日100件訪問してみなさい
・1日300件テレアポをしてみなさい

当時の私は「辞めちゃおうかな」と、魔が刺したことが何度かありました(笑)。

仕方がないので、とりあえずやってみます。最初は本当にキツかったですが、量をこなすことで見えてくる世界があったのです。

例えば「14時に訪問すると、その会社の社長に会える」ことが分かったことがありました。

決裁権は社長や経営者が持つことがほとんどなので、チャンスですよね。「関係性を築くにはどうすべきか?」といった課題も生まれ、少しずつステップアップしていきました。

「質」も重要です。でも「量」をこなすことで「良質」が見えてきます。

何もかもがはじめてな新人だからこそ、量をこなしてみて、些細な変化も楽しんでほしいです。

③分からないことはすぐに聞く

脅すつもりはありませんが、「分からないことを分からないままにする」と、結構痛い目に遭います。

例えば営業だと、間違った案内をお客さんにしてしまうこともあるかもしれません。先輩から「分からなかったんだよね。どうして質問してくれなかったの?」なんて言われたら、返す言葉がありませんよね……。

新人は分からないのがあたり前。

「こんなこと聞いたら馬鹿にされそう」と思わずに、素直に先輩に相談してみましょう。プライドが邪魔をしてくるのであれば、これを機に手放しましょう

そして先輩から教えてもらったら、メモと内省をする。これで十分です。

④焦った時は、立ち止まって深呼吸

学生から会社員になり、急に環境が変わればミスもでてきます。時にはミスが続くこともあるでしょう。

そんな時は、ちょっと立ち止まって深呼吸してみてください。そして周りを見渡してみてください。

焦ると視野が狭まってしまいます。無理やりにでも深呼吸をして、プチ自分時間を取ってみてください。さっきまで狭かった視野も、広がる感覚を体感できると思います。

セルフコントロールができれば、こっちのもの。「優秀な先輩の行動」や「先輩が欲していること」なども見えてくると思います。ぜひ「先輩、私にできることはないですか?」と聞いてみてください。喜ぶと思います。

ただこれは、すぐにはできないと思うので、余裕ができた時でも大丈夫ですよ。

⑤フレッシュなあいさつは新人の特権

あいさつをスルーされて悲しくなった経験はあると思いますが、あいさつを”されて”嫌だった経験ってほとんどないと思います。

やっぱり、あいさつはしましょう。爽やかなあいさつができるだけでも、評価は地味に上がっていきます。

新人さんのあいさつって、フレッシュなのでそれだけで価値があるんです。「場を明るくする」も新人の大切な役目です。

たとえ現場がピリついてやりにくかったとしても、あいさつはしっかりとしましょう!

⑥毎日些細な「ハイライト」を生み出す

新卒の野村時代、先輩から「些細でもいいから、成果を生み出せ」と言われていました。

毎日12時と16時に先輩と報告会をします。そこで「今日は何もできませんでした」と言うと怒られます。何かしら生み出さないといけないのです。

そこで私は「毎日ハイライトを生み出して、昨日の自分よりも前進する」を目標にしていました。キツかったですが、今考えるととてもよかった習慣でした。

先ほどお伝えしましたが、野村のノルマって結構エグいです。100件の訪問はデフォなので、毎日踏ん張ってやっていました。嫌でも「なんとかハイライトを生み出せないかな?」という思考になります。そうすると、

・100件の訪問を120件にチャレンジしてみた
・120件訪問することで10人の社長に会えた
・社長に会える時間が分かったのでその時間に再訪した
・再訪を繰り返すと「提案」をお願いされるようになった
・提案資料の作成を経験した
・先輩に資料作成のアドバイスをいただいた
・助言をもとに作ったら見事に受注した

これは私の実体験です。「ハイライトを生み出し、何もなかった日を作らない」精神でいたからこそ経験できたことです。

些細なことでも構いません。ぜひ今日から、ハイライトを作ってみてください。

⑦「たのしい」は自分で作る

テンションが下がるような話しをして大変恐縮ですが、仕事のほとんどって楽しくないと思います。

父の会社を受け継ぐと決め、柳井工業に入社した時、やりがいはあるももの「来なきゃよかった」と後悔したことも多々あります。

ただ、文句ばっかり言っても現状は変わらない。思考を変えて、無理くり「たのしい」を自分で作ってしまおう、と思ったのです。

これが結構効果的でした。

柳井工業に入社したての頃です。ボルト磨きという作業がつまらなくてしょうがなかったのですが、試しに「鼻歌を歌いながら」磨いてみたんです。

いい感じに息抜きになって、”しんどい”から”悪くない”に変わったのです。

もちろん、全部「たのしい!」と思うのはむずかしいですが、工夫できるところはアレンジを加える。せっかくなら、自分でたのしいを作っちゃいましょう。

⑧たまには「どうせまた同じ話でしょ?」と開き直ってみる

社会人になると、なにかと比較されます。私は競争心がそこまでないので、比較される度に心がズシンと重くなりました。

「新宿支店の西條(仮名)はこんなに成果を出しているんだから、柳井ももっと頑張れ。君も成果をもっと出せるはずだよ!」。

……今思い出すだけでもしんどくなります。当初はもっとしんどくて情けなくて、先輩との報告会の度に胃がキリキリしました。

ただ、経営者になって気づきましたが、先輩も後輩を奮い立たせるために、”あえて”比較することもあるんですよね。

もっと他の方法で奮い立たせてほしい気持ちも分かります。ただ、方法が分からないんですよ、おそらく。

なのでたまには「どうせ今日も聞かれるんだから」と開き直ってみてください

もちろん先輩の話を聞くことは、とても大切です。でも、毎日「こんな自分だからダメなんだ」と、必要以上に追い込んでは精神衛生上よくありません。

真面目な人ほど、たまにはゆるく流してみてください。

⑨休日は自分のもの。リセットして月曜日を迎える

休日はあなたのもの。会社のことは気にせず、貴重な休日をは思う存分遊んでリフレッシュしてください。

平日に寝足りない分、休日に寝るのもよし。合コンで女の子とワイワイするのもよし。おいしい料理をたらふく食べるのもよし。流行りのサ活(サウナ活動)で、ととのうのもよし。

リラックス方法は人ぞれぞれ。正解はありません。あなたなりのリラックス方法で、リセットしましょう。

よくないのは、仕事のことを休日まで持ち込んでクヨクヨすること。しっかり休日でリセットして、月曜日から頑張ればいいんです。

⑩たまには上司・先輩を誘ってみる

意外にも先輩は、後輩からの誘いを待っていたりします。こんなことを思うからです。

・誘って断られたら悲しいな……
・先輩から誘われても後輩は断られないよな……
・面倒な先輩って思われたくないな……

いつも偉そうにしている先輩も、実は結構ナイーブ。ここは「しょうがないから私から誘ってあげようか」と内心思いながら、先輩を誘ってみてください。先輩はうれしいと思いますよ。

今はコロナ渦ということもあり、なかなか飲みに行くのがむずかしいかもしれません。お弁当を一緒に食べるとかでもいいと思います。飲むよりもお得ですしね。

なんだかんだで、社内で相談しやすい先輩がいるとラクです。時には助けてくれますし、親身に話も聞いてくれるので。

「ランチや仕事終わりくらいは、ひとりの時間がほしい」という気持ちももちろん分かります。たまにでいいので、ぜひあなたから誘ってみてください。新たな気づきがあるかもしれませんよ。

・・・


感情が乗ってきてしまい、今回はいつもの倍以上のボリュームになってしまいました。ここまで読んでくれて、ありがとうございました。少しでも新たな気づきになってくれたらうれしいです。

大人は大変ですが、案外楽しいですよ。社会人生活、応援しております!

取材・文/ヌイ(@nui_nounai

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。\(^o^)/
国立大学卒業→野村證券株式会社(11年)→大分県の有限会社柳井工業(プラントの回転機メンテナンス会社)財務担当、プラントメンテナンス業界の仕事を多くの人に認知してもらうために情報発信します。