二重取り構造PNG

プラント業界の闇③:支店による「多重下請け構造」

これまで、「プラント業界がよくならない理由」をお伝えしてきました。これからも連載という形で、実態を発信していきます。

第1回:プラント業界のからくりと闇
第2回:下請け企業の劣悪環境

今回も派生させ、「支店による二重取り構造」に焦点をあてます。少し複雑なので、図も用意しました。

もしあなたがプラント業界の人であれば、「やっぱり闇だよね...」と共感していただけたり、「そんな実態あるなんて知らなかった...」と新発見になるかもしれません。

まずは前提情報から進めていきましょう。

おさらい:プラント業界は「多重下請け構造」

第一回のnoteでも書いたのですが、プラント業界は人を集めるために、数々の協力会社から人材を募っています。

つまり、多重下請け構造となっているのです。

二重取りなし

1. A社がお客さまから受注をした
2. 人手が足りないので、B社へ人員を募集する
3. B社(協力会社)でも人手が足りないので、C社へ人員を募集する
4. C社(協力会社)でも人手が足りないので、D社へ人員を募集する

※詳しく知りたい方は、1回目の記事をご覧ください。


こちらの構造はご理解いただけましたか?それでは、今回の本題に移りましょう。


二重取り構造をするA社。それに気づかないお客様

今回の本題は「支店による二重取り構造」です。まずは図解で仕組みの説明をいたします。

二重取り構造PNG

注目してほしいのは「A社の支店が介入している」ことです。つまり、A社による「二重取り」が起っています。

先ほどの「おさらい」で紹介した時、A社からD社まではすべて別企業でした。基本は、別会社で依頼するのがマナーです。

では、どうしてA社(一次受け)とB社(二次受け)の間に、A社の支店が入るのか。大きく2つの理由が考えられます。

1. 同じ会社なので情報共有がしやすくスケジュールが組みやすい
2. A社全体で売上目標がある(未達の場合なんとかして達成したい)

1の情報共有がスムーズな点は、やはり大きいみたいです。支店のスケジュール感を掴めるので、指示も連携もしやすい。

2の問題は、結構深刻。A社もA社の支店も、それぞれ売上目標を持って仕事をしています。そのため、支店はA社にお願いをしてマージンを取ることもある現状です。B社の間に入る支店ですが、いつもならB社が担っている業務内容です。

さらに気の毒で恐ろしいのは、A社に依頼したお客様はこの実態に気づいていないこと。

先ほどの図で言えば、本店が支店に500万円を上乗せして請求しています。つまり、お客様は知らずにA社のグループ会社へ、想定よりも500万円多く支払っているのです。


柳井工業は、少しずつこのからくりをぶっ壊しています

プラント

ここで私たちのお話をさせていただきます。

二重構造の取っ払うために、柳井工業は「必ずスケジュールを確保するので、支店を挟まないようにしてほしい」と、率直にA社に提案しました。

この件で、とある一次受け企業の支店には嫌われ、取引がなくなりました...。ただ、それでも良かったと思っています。

支店の二重取り構造を取っ払うことで、お客様は余計なマージンを取られませんし、A社の売上もぐっと上がりました。三方よしが叶ったのです。

・・・

今後も、「二重取り構造」をすこしずつ壊していきたいです。そのためには、まずはこうして現状発信をすることから始まると考えています。

今までのnoteにも「プラント業界の闇」について触れてきています。今後も連載で綴っていくので、気になる方はぜひ下記でご覧ください。

第1回:プラント業界のからくりと闇
第2回:下請け企業の劣悪環境


取材 / 文:ヌイ(@nui_nounai

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。\(^o^)/
8
国立大学卒業→野村證券株式会社(11年)→大分県の有限会社柳井工業(プラントの回転機メンテナンス会社)財務担当、プラントメンテナンス業界の仕事を多くの人に認知してもらうために情報発信します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。