見出し画像

入社2年目の若手監督が増加。その背景と深い闇━━弊社は「チーム柳井工業」を強化する

こんにちは。柳井工業・常務の柳井です。私事ですが、最近大きな定修工事が無事終わりました。

その定修工事で改めて実感したのは、「経験の浅い監督さんが多すぎるな……」ということです。

プラント業界に入って3年前後で監督になっている方がいるんですね。10年前は、最低でも5年以上の経験を積むことが当たり前だったので、個人的にはジェネレーションギャップを感じています(笑)。

悲しいことに、ミスが結構多く、組込ミスや発注ミスなどが生じています。どれもあってはいけないミスなんですよね。

そこで今回は、「若い監督が増えた背景と闇」をテーマにお伝えしていきます。実は経験の浅い監督が増えている背景には、大きな”闇”が潜んでいます。

そもそも、監督の仕事って?

前提として「監督業務」について触れておきますね。ざっくりお伝えすると、社内と現場のパイプ役

プラント工事は、必ず「監督」がいないと工事ができません。ドラックストアの薬剤師のようなイメージでしょうか。それゆえ、監督のストレスは馬鹿にならないのです。

監督のストレス

以前「プラント業界で「年収1,000万円」を到達するための一手間」という記事で、監督業務は大変だからもっと誇りを持っていいし、年収1,000万円をいただけるだけの仕事をしていますよ、ということをお伝えしました。よかったら詳細をご覧ください。

そしてこちらが、主な現場での業務内容です。(細かくお伝えするともっとありますが、長くなるので一部を抜粋しています)

・現場作業の安全を確保する
・施工機械を熟知し、作業員に指示する
・消耗品や交換部品の手配を行う
・客先に補修内容を報告し、どう対応するか提案する
・補修内容を指示し、加工させる
・作業員とのコミュニケーションを図り、円滑な現場をつくる
・報告書を作成し、お客様(プラント所有者)に提出する

上記はあくまでも「現場」での業務であり、プラス「社内」でのタスクも追加されます。(詳細は先ほどの記事に書かれています)

個人的な意見としては、「この業務を入社2、3目の人に任せるのってどうなの?」と思うわけです。

私はもともと証券マンで、プラントのプの字もわからない状態で柳井工業に入社しました。

歯を食いしばって必死に仕事を覚え、5年目でようやく工事の流れも掴めるようになり、監督を任されるようになりました。当時は辛かったですが、下積み時代があったからこそ、不安がほぼない状態で監督になれました。

お節介だとは思いますが、経験が浅いと不安ばかりが募るので、なおさら心配になってしまいます。

実は開き直って「若手監督」を入れている。その背景とは?

ではなぜ、若手監督が増えているのでしょうか。

1番は「人手不足」が招いた「黙認せざるを得ない状況」にあると考えています。(???だと思いますが、噛み砕いて解説しますのでご安心を!)

前提として、定修工事はプラント所有者であるお客様(以下、お客様)と施工会社の関係で成り立っていいます。ちなみに柳井工業は、施工会社の1つです。

スクリーンショット 2021-01-28 15.06.01

定修工事やメンテナンスを行う際、お客様は施工会社に依頼をします。依頼の中には、技術的なことから、職人集めも含まれます。

なので、施工会社は「監督集め」も仕事の1つになります。

本音としては、優秀な監督をなかなか探せないので、正直苦痛で断りたいんですね。ただ、監督を探さないと定修工事の案件を失うので、必死で探しています

優秀な監督はもっと条件のいいところを選んだり、大手企業に勤めていたりするので、なかなか見つけられません。

スクリーンショット 2021-01-28 15.05.07

妥協して(と言ったら失礼ですが)、手の空いている監督を探したら、入社2、3年目の職人だった……という現象が起きるのです。

ただ、お客様も「若手監督だと困ります……」と文句は言えません。施工会社に自分から頼んでいるので、後ろめたさがあるんですね。

できる先輩が後輩のサポート。増えていく膨大なタスクが原因で退職に

当然、若手監督には「サポート」が必要です。先輩やベテラン監督がその後輩の面倒をみるのですが、これがなかなか大変です。

そもそもプラントの現場はとても広く、担当現場がバラバラです。

先輩と後輩の担当エリアが異なるので、「あいつ大丈夫かな……」と心配になった先輩が、後輩の現場に足を運ぶのです。

後輩ができていない業務を先輩が担当するので、先輩の業務量は倍に。退勤時間も遅くなり、最悪の場合責任を負うこともあり、心身ともに疲弊します。

できる監督は会社からも信頼され、どうしても「あいつのことお願いね」とお願いされるので、負担に。

これが原因で、プラント業界から離れた人もたくさん見てきました。(給与がぐんと上がれば、話は変わってくると思いますが、一筋縄ではいきません。)

優秀な社員はどんどん離れ、さらに人材不足が加速する。この悪循環をなんとか断ち切りたいものです。

柳井工業のミッションは「監督の育成」に力を注ぎ、チームレベルをぐんと上げること

この状況を踏まえて、柳井工業ができることは「監督の育成」だと思っています。

近年、若手社員が弊社にどんどん入社しています。5年〜10年スパンで監督になれるように、焦らずじっくり技術を習得してほしいです。

現状は柳井工業も人手が足らず、協力会社の力を借りてなんとか人員を集めています。監督ができるのも、今は私を含め2人です。

まずはもっとメンバーを増やし、監督が務まるまで技術を磨いてもらい、柳井工業全体の技術力を底上げする。

「協力会社なし」で施工を担当をすることが、長期スパンでの目標です。全うして、達成していきたいと思います。

・・・

今日紹介した記事はこちらです。よかったら合わせてご覧ください。

取材・文・図解 /ヌイ(@nui_nounai


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。\(^o^)/
4
国立大学卒業→野村證券株式会社(11年)→大分県の有限会社柳井工業(プラントの回転機メンテナンス会社)財務担当、プラントメンテナンス業界の仕事を多くの人に認知してもらうために情報発信します。