見出し画像

人事が語る「柳井工業の公平さ」。業界では異例の”給与テーブル”導入の背景とは

2019年に中途入社した松尾契一さん。柳井工業のバックオフィスとして、財務・総務・人事の全般を担当しています。

実は、前職では常務・柳井の先輩だったこともあり、事業継承の相談を受けていたとのこと。次第に”柳井工業のビジネスチャンス”を感じ、中途入社を果たしました。

今回は入社のきっかけから、仕事内容、人事目線から見る”柳井工業に必要な人”について聞いてみました。

▼プロフィール
松尾 契一(マツオ ケイチ):野村證券に11年従事し、リテール営業や事業継承を担当。柳井工業のビジネスチャンスに可能性を感じ、柳井工業に2019年に中途入社を果たす。複業では経営者の顔も持ち、複数事業を展開している。

野村證券を11年間勤めた後に、柳井工業へ

━━まず最初に、松尾さんが行っている仕事内容を教えてください。

私は柳井工業のバックオフィスとして、財務・総務・人事の全般を担当しています。

例えば、財務では「融資はどれを借り入れするか?」を考えたり、人事では「柳井工業でどんな人を採用すべきか?」などを考えていますね。

実は、柳井工業で働く傍ら複業もしており、会社の経営もしています。

事業をいくつか展開していて、太陽光発電・キャンピングカーレンタル事業・メディア運用(YouTube/サイト)・コールドプレスジュースの販売も行っています。

柳井工業はプラント業界ではめずらしく”複業”にもチャレンジさせてくれるので、とてもありがたい環境だなと思っています。

━━前職での仕事内容と転職背景を教えてください。

柳井常務と一緒で、野村證券に勤めていました。約11年間、主にリテール営業や事業継承のに従事していました。富裕層向けに株式・投信・債券などの販売を行ったり、事業継承の担当も行っていました。

柳井工業に転職したのは、妙なタイミングだったかもしれません……。

柳井は私の後輩でした。前職の頃から仲良くしていて、柳井が柳井工業に転身してからも、頻繁に近状報告をしてくれていました。

「柳井工業のビジネスチャンスはもっとある」と、確信

━━そうだったんですね。柳井工業に入社された決め手は何でしたか?

柳井が継承後に、私に相談してくれていて。色々と相談に乗っている時に「柳井工業っていい会社だな……」と思うようになったんです。

以前、柳井がnoteにて「証券会社目線で冷静に柳井工業を見ていた時に、業績の良さを知った」と伝えていましたが(以下の引用内容)、私も共感して。

ある時、より客観的に知るために、証券会社視点で柳井工業を見てみました。当時、リーマンショック後ということもあり、数々のプラント企業が潰れていく中、黒字だった柳井工業。利益率もとてもよかったんです。「父はすごい会社を経営していたんだな…」と、改めて感じた瞬間でしたね。

この時期(2010年前後)はバブルが崩壊して、数々のプラント会社が倒産しましたが、柳井工業は黒字かつ業績が右肩上がり。今までの信頼と実績が積み重なり、柳井工業の地盤は固まっていたんです。

そして「ビジネスチャンスはまだまだある」と確信し、あとは”人材問題”を解消すればもっと柳井工業が飛躍できるなと感じて。そこで私がお手伝いできればと思い、柳井工業に転身しました。

━━そんな縁があったんですね。実際に数年働いてみて感じた”やりがい”は何ですか?

「より社会貢献ができている」感覚があり、とてもやりがいを感じます。

前職は営業だったので「企業の売上に貢献するためには?」を意識して働くことが多かったのですが、柳井工業では「メンバーが働きやすくなるためには?」と考えることが増え、思考が変わってきました。

もちろん経営陣として”売上”を考えることはありますが、職業柄、より”人”にフォーカスするようになったので「社会貢献しているな……」と実感しますね。

プラント業界では異例の”給与テーブル”の導入。より公平な判断を

━━人事目線で見た時に、「柳井工業で働く魅力」は何ですか?

1番は「キャリアアップのプランが用意されている」ことだと思います。

現状のプラント業界は、なかなかスキルが評価されません。業界全体が”勤続年数”や”学歴”で判断してしまうため、どんなに優秀な職人であっても正当な評価を受けれず、どんどん辞めてしまう問題がありました。

その課題を払拭すべく、柳井工業では業界初である”給与テーブル”を導入しました。職人や機械エンジニアのスキルを客観的に判断し、給与が上がる仕組みを整えたのです。

見方を変えれば、より”技術力”や”人間性”にフォーカスされるので、よりシビアになったという意見もあります。ただ、”技術力で勝負したい人”や”プロ意識の高い人”には最高の環境だと思います。

━━正当な評価をもらえるのはいいですよね。では最後に、どのような方と一緒に働きたいかを教えていただけますか?

私は「バランス感覚が優れている人」とぜひ一緒に働きたいです。柳井が以前の取材で「自己主張ができる人と働きたい」とお伝えしていたと思います。

”遠慮して考えを伝えられない人”が増えてしまうんです。どうしても年配の方を相手していると、「自分はこう思っているけど伝えたら失礼だよね……」と控え目になってしまいますよね。(中略)せっかく素敵な意見を持っていても、言えないのはとてももったいない。役員の私からしても、若い方の意見を積極的に聞きたいんです。

私もおおむね賛成ですが、「協調性が優れている人」「意見を具現化できる人」も同時に必要です。

例えば、会議中にとある議論をしていたとします。様々な意見が飛び交う中、”主張しかできない人”とは、やはり仕事上では衝突が起きやすくなると思います。

柳井工業をよりよくするために意見を伝えられる一方で、しっかりと行動に移せる人は、とても重宝されると思いますし、安心して仕事を任せたいですね。そんな方にぜひお会いしたいです。


執筆・編集・画像デザイン/ヌイ(@nui_nounai

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。\(^o^)/
1
国立大学卒業→野村證券株式会社(11年)→大分県の有限会社柳井工業(プラントの回転機メンテナンス会社)財務担当、プラントメンテナンス業界の仕事を多くの人に認知してもらうために情報発信します。