見出し画像

プラント業界で「年収1,000万円」を到達するための一手間

以前、このようなツイートをしました。

端的にお伝えすると、「プラント業界でも十分に年収1,000万円は工夫次第で到達できるよ!」ということです。

今回は、プラント業界で働く方々に向けて(主に施工会社向け)、「年収1,000万円を達成するために必要な”視点”と”工夫”」について説明していきます。

年収1,000万円を達成するために「最低限必要なポジション」とは

「年収1,000万円到達できるよ!」と言っても、誰でも叶う訳ではありません。最低限必要なポジションはあります。

結論からお伝えすると、「施工会社の”監督”」は必須です。

監督は、お客様(プラント所有会社)と現場と会社を繋ぐパイプ役。

業務の中には金銭面にも触れているはず。当然、1つの施工・工事で「どれくらいの売上と利益が生じているか?」は見ているはずです。

ぜひ「利益」に着目してください。結構な額が生じていますよね?

年収1,000万円に到達するためには、ここに一手間を加えるだけ。そのカラクリを順に説明していきます。

監督は責任がいっぱい。”本当に”年収600万円で満足できる?

例えば、1つの施工や工事で、「施工会社の売上と利益」が以下だったと仮定しましょう。

・売上:1億円
・利益:3,000万円

※毎回この金額という訳ではなく、あくまでも例えです。とはいえ、大幅にズレている訳ではないんですけどね(笑)

利益3,000万円……結構な利益だと思います。ここで注目なのが「多くの利益を生み出すために”監督”が助長している業務」です。(監督の大変さをかんたんに図解にしてみました)

スクリーンショット 2021-01-14 20.17.58

▼社内
・単純に利益を最大限に上げないといけない
・利益のノルマを達成しないと怒られる

▼現場
・数百人の現状を見張らないといけない
・何かあった時の責任は監督(会社)にある

企業存続のため利益は大切。上から「利益率35%は絶対ね」と言われたら、なんとしてでも確保しなければいけません。もしノルマを達成できなかったら、かなり叱られます。

そして監督はAKB48グループでいうと「総監督」のようなもの。メンバー1人1人を把握する必要があり、会社の”顔”。何か問題が生じると、監督(会社)の責任になってしまいます。

※例えば、社内のメンバーではない協力会社のAさんが部品を壊すと、Aさんを呼んだ会社の責任になります。

監督は、社内と現場のパイプ。悪く言えば、板挟みになりかねないのです。

いろんな責任を負わされているのにも関わらず、監督の平均年収は600万円前後。会社によっては、500万円代もあるみたいです。

年収600万円で、本当に満足できますか……?

年収を上げるために重要な”視点”と”工夫”

先ほどの仕組みを踏まえ、ここからは具体的な方法をお伝えします。※大きく「個人」と「会社」で分けられますが、今回は「個人」のみに焦点を当てていきます。

スクリーンショット 2021-01-14 20.41.55

・「監督業務は高収入でいい」という自覚を持つ
・社内で「年収アップ」の交渉をする
・年収1,000万円達成できそうな会社で働く

まず個人のステップで1番大切なのは「交渉」。1つの施工でかなりの利益が出ていますが、ほとんどが会社の利益。自分の給与を上げるために、利益をベースに交渉すればいいのです。

例えば、「今回の施工は今まで10人でやっていたことを、5人でできるように削減します。その代わり、利益の10%をいただけませんか?」といった交渉です。

・お世話になってる会社だから今の給与でも満足しなきゃ
・私の給与が上がらないのって貢献度が高くないからだ
・仕事は大変だけど、きっとみんな同じ給与だよね

ほとんどの監督がこう思っていて、交渉していないケースがほとんど。もったいないですよ……。

会社から年収アップの話を持ち込んでくれることは、ほぼありません。自分でアクションを起こさないと、現状は変わらないのです。

(とはいえ、交渉を快諾してくれない会社もあるでしょう。その場合は、年収1,000万円を到達できる企業に転職した方が近道です……!)

実は、柳井工業であれば「年収1,000万円」は可能です!

僭越ながら、さいごに弊社の話を。実は柳井工業では、年収1,000万円の到達は十分に可能です。

理由は、給与テーブルを導入しているからです。社員の技術によって、正当な年収を渡していると自負しています。

給与テーブル

現段階では、年収1,000万円のメンバーはいません。ただ、近々「私の仕事を全部任せられる優秀なメンバー」がいるので、彼なら十分に達成できると信じています。

・・・

プラントの仕事は職人技。誇り持って仕事をしている人がたくさんいるので、「どうかその人たちが、正当な評価を受けてほしいな」と願うばかりです。

柳井工業自体ももっと成長していき、もっと社員に還元していきたいですね。

今回の記事と相性のいい「給与テーブル」にまつわる話を別途しています。合わせてご覧いただけると、より柳井工業の考えが見えてくると思います。

取材・文・図解/ヌイ(@nui_nounai

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。\(^o^)/
6
国立大学卒業→野村證券株式会社(11年)→大分県の有限会社柳井工業(プラントの回転機メンテナンス会社)財務担当、プラントメンテナンス業界の仕事を多くの人に認知してもらうために情報発信します。