事業資金とは?運転資金との違いや調達方法

画像1

事業資金とは、何か事業を立ち上げたり事業を運営したりする際に必要なお金のことを指します。

ある程度の初期費用があれば問題ありませんが、「新しい事業を立ち上げたいけどお金がない…」と悩んでいる方は結構多いのではないでしょうか?

こちらでは、起業・開業・創業・独立の時に役立つ事業資金の調達方法について紹介します。

事業資金とは?運転資金との違い

お店をオープンしたり事業を新しく立ち上げるにあたり、様々な費用が発生します。

例えば、駅前に飲食店を開業するのであれば、「店舗物件の取得費用」「内外装工事費」「調理器具や備品などの購入費」「従業員の募集費用」「広告宣伝費」が代表的ですね。

これらの経費を総合して、事業資金と呼びます。

事業の立ち上げや運営で欠かせない必要ですので、まずは事業資金を調達することから始めないといけません。

事業の運営でかかる費用はたくさんありますが、事業資金と運転資金には次のような違いがあります。

画像2

・事業資金は主に事業を行う上での初期投資に関わる費用

・運転資金は仕入れや人件費など日常の事業で使われる費用

画像3

もし金融機関から融資を受けるのであれば、事業資金だけではなく運転資金も考慮して調達した方がいいでしょう。

事業資金を調達する方法

「今の財産だけでは事業資金が足りない。だけど、すぐに事業をスタートさせたい!」時は、資金を調達する必要があります。

事業資金の調達は、起業の第一歩と言っても過言ではありません。

下記では、事業資金の調達方法をまとめましたので、どれが自分に向いているのか比較してみてください。

ビジネスローン

事業資金の調達で悩んでいる経営者には、ビジネスローンは手軽で審査も通りやすいのでおすすめです。

ビジネスローンは通常のカードローンとは違い、個人事業主(自営業者)や法人経営者が資金繰りを改善するために利用する資金調達法を指します。

下記では、個人で利用するカードローンやキャッシングとは異なるビジネスローンのメリットをまとめてみました。

画像4

・最短で申し込んでから即日、遅くても1週間以内には現金を素早く確保できる

・事業資金を含めた自由な用途に借り入れた資金を使うことができる

・「担保」「第三者保証人」「事業計画書」の提出は不要

・総量規制の例外に該当するため、年収の3分の1を超えて借り入れできる

画像5

ビジネスローンは、「消費者金融」「信販会社」「銀行」「民間の貸金業者」が取り扱っています。

「どのビジネスローンを選べばいいの?」と迷っている方には、ビジネクストをおすすめします。

ビジネクストは原則的に、無担保無保証で店舗に来店することなく自由に借り入れができます。

オンライン上で申し込みができますので、事業資金の借り入れの相談をしてみてください。

助成金や補助金の申請

助成金や補助金の利用は、事業資金の効果的な調達方法の一つです。

両方とも要件さえ満たしていれば100%お金を受け取ることができますが、助成金と補助金には次の違いがあります。

画像6

◆助成金
厚生労働省の管轄で従業員の雇用や労務環境の向上を目的にしている

◆補助金
経済産業省の管轄で事業の円滑化を目的にしている

画像7

「従業員のために頑張っている会社」は助成金の申請、「新規事業に取り組む予定の会社」は補助金の申請ができます。

審査に通れば事業資金を手に入れられるだけでなく、銀行融資とは違って返済不要なのも嬉しいポイントでしょう。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫を利用し、事業資金を調達している中小企業の経営者はたくさんいます。

日本政策金融公庫とは、2008年に(株)日本政策金融公庫法に基づいて設立された財務省所管の特殊会社です。

他とは違い、日本政策金融公庫にどのようなメリットがあるのか下記にまとめました。

画像8

・政府が運営している金融機関なので、2.0%前後と低金利でお金を借り入れできる

・借り入れたお金の返済期間が長く設定されている

・新創業融資制度や中小企業経営力強化資金を使えば、担保や保証人が不要

画像9

中小企業の支援を積極的に行っていますので、金融機関で融資を断られた方は日本政策金融公庫に相談してみてください。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネットで出資者を集めて資金調達を行う方法です。

クラウドファンディングのメリットは次の3つです。

画像10

・無料で出資者の募集ができる
・自社の事業活動を宣伝できる
・資金の返済は不要

画像11

借りたお金は返さなくてもいいのですが、ビジネスが成功した時は物やサービスをリターンする必要があります。

最後のまとめ

以上、事業資金とは一体何なのか、どのような方法で資金を調達すればいいのかおわかり頂けましたか?

全ての事業資金を自分で用意するのは難しいですが、「ビジネスローン」「助成金や補助金」「日本政策金融公庫」「クラウドファンディング」を活用すれば集めることができます。

手軽に事業資金を借りたいのであればビジネスローン、返済不要かどうかで比較するなら助成金や補助金がいいでしょう。

ビジネスローンは借り入れのハードルが低いので、法人や個人事業主が利用できるビジネクストを検討してみてください。

3
兵庫県在住|40代男性|趣味はラーメン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。