見出し画像

Snacking と Preening を避けて本質に集中する

Ken Wagatsuma

ソフトウェアエンジニアとして働いていると、基本的にタスクに困る事はない。やるべきことはいくらでもある。

不具合修正から機能改善、リファクタリングから抜本改善。ブログ公開や外部登壇や採用・リクルーティング。1on1 やミーティング、ドキュメント作成にステークホルダーマネジメントまで。Ownership のある OSS ライブラリも磨き込みたいし、新しい技術の習得だって忘れられない。

あらゆるタスクの中から、何に Focus するか、というのは、限られた時間の中で会社や社会に価値貢献し続けるために、必要な選択と集中のスキルである。

避けるべきタスクの典型例として、"Snacking""Preening" というものがある。これは、"Elegant Puzzle" で有名なWill Larson が書いた "Staff Engineer" に紹介されていた考え方である。

Snacking

"Staff Engineer" より筆者作成

Snacking というのは、要するに「お菓子をつまむ」ということ。お菓子をつまむように、やるのが簡単で、それっぽい効果を感じられるタスクのこと。

言い換えると「優先度が低く、インパクトの小さい」タスク。Low-hanging Fruit と呼ぶことも。

Snacking ばかりやっていると、「仕事が進んでいる」という幻覚を覚える。しかし実のところ、やるべき仕事は何も片付いていない。そういう覚えはないだろうか。

コードの Formatting や Linting も、Snacking になる可能性がある(注意:全ての Formatting/Linting が Snacking ではない)。

例えば、コードベースの Quality に、ビジネス価値に揃った明確なゴールがあり、ツールも導入した上で、それに違反したコードを本来あるべき姿に修正することは推奨されるだろう。

一方で、目標が曖昧なまま意味もなくコードの整形をしたり Linting ツールを走らせたりすることに、何の意味があろうか。どのような価値貢献をしているだろうか。

Preening

"Staff Engineer" より筆者作成

Preening というのは、「鳥が毛繕いをしている」様子のこと。鳥が毛繕いをすると、毛並みは整い、外見は美しくなる。そのように、周りからどう見られるか、周りからよく見られるために行うタスクである。

言い換えると、「目立つけど、インパクトの小さい」タスク。

外部登壇やブログの発信も、上手に取り組まないと Preening になる可能性がある(注意:全ての外部発信が Preening ではない)。

例えば、外部発信の目的を社外での認知向上とし、認知を向上したいターゲットが明確で、それに適した場で認知を向上できている場合は良いだろう。

一方で、ターゲットが曖昧なまま闇雲に情報発信したり、必要以上にコストをかけて発信したりしている場合は、そのタスクが本質かどうかを問うて見る価値はあるだろう。

本質に集中する

会社のビジネスモデルを理解し、真に解くべき課題を理解し、適切な解決策を導入する。そしてそれを繰り返す。

本質に集中するとは、そういうことだろう。

そんな課題解決プロセスを持続的に行いチームメンバーを導くのも、スタッフエンジニア以上のタイトルを持つメンバーの責務であるはずだ。

個人のレベルでも、チームを導くレベルでも、本質を追求し続けられる資質は価値がある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Ken Wagatsuma
🇬🇧 英国在住シニアソフトウェアエンジニア https://kenwagatsuma.com/