見出し画像

「出来ない」が「自分はダメだ」になる時

子どもの頃、運動オンチだった方も、そうでない方も。

別に運動に限らずですが、みなさんは、何かしらで「自分が他の人に比べて劣っている」と感じたことがあるでしょうか。

この感覚を劣等感と言いますが、劣等感って、子ども時代から容赦なく、強烈に植え付けられることがあるんですよね。

ぼく自身、子どもの頃から劣等感とは長い付き合いですし、クライアントさんから相談を受けていても、取り扱うことが多いと感じます。

転校した先は、運動能力で身分の違いがある学校だった

ぼくの昔ばなしになりますが、子どもの頃、運動が苦手だったんですね。ドッジボールは避けるので精一杯だし、鉄棒は逆上がりが出来ない。運動会では、徒競走で一番にはなれないし、自転車の補助輪を外して乗れるようになったのも、同級生より遅かったし。

そんな「友だちは運動が出来るけど、ぼくは運動が出来ない」という劣等感は、小学4年生のときの転校がキッカケで、自分の存在価値までも揺さぶるようになります。

転入先は、学年に1クラスしかない学校で、なんとなく上下関係が厳しい雰囲気がありました。男子たちの間に、運動神経が良いかどうかで、スクールカースト…生徒の間で発生する人気の度合いを表した序列のこと、があったんですね。

休み時間が苦行でしかなかった、サッカーの強制参加

当時、休み時間の度に、みんなで校庭でサッカーをしていました。

ただ、サッカーをするには人数がいります。しかし、学年は1クラスだけ。気がついたら、誰が決めたかわからないけど、男子クラスメート全員が否応なしにサッカーに参加せねばならないという暗黙のルールが作られていました。もちろん、転校生も。運動神経が悪いサッカーが苦手な子も例外なく。

チーム分けするときは、序列のトップ2人がジャンケンをして、勝ったほうから好きなメンバーを引き入れる、というのが恒例でした。もちろん、好きなメンバーとは、サッカーが上手い友だちのことですから、下手やヤツはいつも後回し。

ぼくは...大体ビリか、ビリから2番目でしたね。こうして露骨に、上下関係は見せつけられ、刷り込まれていきました。

「自分は出来ない」が「自分はダメなヤツだ」になっていた

サッカーに参加しても、運動は苦手だからプレーは下手で、ミスもしょっちゅうです。その度、同級生から、ミスしたことをボロクソに責められました。ヒートアップしてくると、プレーに関係ない、人格を否定する言葉も増えていくんですよ。

その度に落ち込み、失敗したくないと身体が固まり、ますますミスをして、また罵声を浴びる悪循環。

普通、子どもは学校の休み時間をすごく楽しみにするものだと思うのですが、あの頃のぼくは全く真逆でした。学校の休み時間が一番イヤな時間で、早くチャイムが鳴らないかと、校庭から時計ばかり見ていたなあ…

そうして毎日毎日、やりたくもないサッカーに駆り出され、ミスする度に「邪魔」だの「ウスノロ」だの責められ続けて、フォローしてくれる人が周りに1人もいないと、どうなるか。

自分の認識がだんだんと、しかしあっという間に、「運動が苦手」が「自分はダメなやつだ」に変わっていったんです。自分を否定する気持ちが、自分の能力の一部に対してだけでなく、自分という存在すべてになってしまっていました。

子ども同士の人間関係のほうがよほど残酷だ

一応、序列トップの大将に反旗を翻したこともあったんですね。
あまりにサッカーが苦痛で嫌だったので、参加するのを拒否したんです。
そしたら、

翌日、クラスの全員から無視されるようになりました。
こちらが謝るまで。

こうして、こちらの精一杯の反逆は簡単に潰され、その後も序列の底辺で、休み時間に、放課後に、苦手なスポーツに強制参加させられ、罵声を浴びせられる日々が、卒業までの3年間続きました。学年に1クラスしかなく、クラス替えがなかったので、人間関係も変化がなかったんです。

ここまで来ると、自己肯定感(自分の存在に価値があると、大切に思う気持ち)なんて影も形もありません。

男子特有の、イジメなのかイジりなのか分からない罰ゲーム遊びや、理不尽なアダ名を勝手につけられるなど、思い出すだけで胸がチクチクするような出来事に、当時はただひたすら自分を押し殺して笑って耐えてたなあ…

孤独になる方が怖かった

この話をした時、「そんなことを言うやつにはやり返してやれば良いのに」だの「男なんだから立ち向かえ」だの「練習して上手くなって見返そうと思わなかったの?」だの、色々言われましたが、これらのアドバイスは役に立ちませんでした。

自己肯定感が地に落ちた状態で、立ち向かう勇気や、苦手を克服するパワーが湧いてくるわけなかったから。

では、なぜ、そうまでしてその状況にい続けたのか?
答えは簡単でした。

あの頃のぼくは、孤独になるのが怖かったんです。
自分の存在自体がいるのかいないのか、わからなくなってしまいそうで。

子どもって、最優先する人間関係が常に変化していくんですね。赤ちゃんの時は親、成長したら同級生や友だち。その時に最もうまくいってほしい人間関係があって、全力で愛されようとします。たとえ、自分を傷つけてでも。

孤独は、人を死に追い込むほどの苦痛だ、というのは分かる気がします。1人になってしまうのが怖い。でも、他に自分の居場所はなくて、探し方も知らなかった。あの頃のぼくは、奴隷になる道を選んででも、生き延びようとしていたのかもしれません。

「出来ない」の理不尽と悲しみを「優しさ」に変えて

大人になってからも、能力の有無や多少で序列を作り、人を人格ごと傷つけるやりとりを何度も目にしてきました。

なぜ、能力の優劣で人の存在価値を決めようとするんだろう。出来る出来ないのモノサシで勝手に人を判断して、迷惑だからと言って存在まるごと否定する資格なんて誰にもない。「あいつなんかいなくなったらいいのに」が、無くなればいいのに。

で、ある時ふと、出来るようになったことが1つあったことに気づきます。「出来ない人の気持ちがわかる」が、ちょっぴり出来るようになっていたんですね。振り返れば、部活でも後輩から「優しい」とは、よく言われていました。失敗を責める言葉を使わず、励ますことが多かったからじゃないかと。

最初から出来る人は、出来ない人の気持ちを分かることは出来ません。

きっと、ここまで読んでくださったみなさんは、ぼくと同じような痛みを味わったことがあるか、痛みを受け止めて悲しみを優しさに変えることが出来た方なんだと思います。

そろそろ、自分の土俵を選んでもいいじゃないか

能力で人格まで否定される経験を、味わった人だからこそ出来るようになったこと。それはきっと、人の心の痛みを分かろうとする優しさであり、心の強さではないでしょうか。

学校では「お友だちと仲良く」を当たり前のように教え込まれますから、てっきり勘違いしちゃうけど、自分なんかダメだと思う自分でい続けてまで、今いる環境の、目の前の人と仲良くしなきゃいけない義務なんてないんですよ。

付き合う友だちは選んでいいし、自分悪くないって思える場所へ逃げていい。自分を嫌ってまで、相手を好きになろうとしなさいなんて、誰も教えてないし、「この子と友だちでいるために、キミは自分を嫌いになりなさい」なんて、誰も言ってないハズ。

ぼくは今でも、出来ないことがたくさんあります。ですが幸いにも、大人になってから自分が出来ることを、少し見つけることができました。それを手がかりに、生きる場所を選べた今、あの頃と同じような人間関係に苦しむことはもうありません。

もし、あなたが、昔のぼくと同じように、自分をダメなヤツ扱いしなければ、周りと仲良くやってけない立場にいるのなら、そろそろ、他の人の土俵にい続けて花をもたせてあげなくてもいいんじゃない?って思うんです。

もうこれ以上「出来ない」が「自分なんてダメだ」になってしまわないうちに。自分に出来ることを存分に出せる土俵を、探して移ってもいいんじゃないかと。そこではきっと、あなたをもっと好きになってくれる人たちがいて、あなた自身も自分を悪くないと自然と思えるハズなのですから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。サポートはもちろん嬉しいですし、必要であれば、いつでもあなたのお話を聴かせて頂ければと思います。サイト上部の「仕事依頼」へお進みください。

このひとときの交流が嬉しいです。
8
きょうむれけんと|1986年10月生まれ|強みを発掘&最適化する案内人。教育業界10年を経て独立後、京都で「個性を生き抜く技術に育てる」相談業をしています。ほぼSNS&口コミ&紹介で、2年で700件。主な相談依頼は、転職・独立起業・恋愛・夫婦関係・親子関係・子育て・不登校など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。