画像出品してみました
見出し画像

画像出品してみました

篠𠩤健太 Animist

どうも篠原健太です。

いきなりですが画像販売を始めてみました。
eluというサービスです。

画像のデータを販売できるサービスです。画像データをアップロードし、価格や数量などを設定すれば簡単に出品できます。(事前会員登録が必要)購入前はモザイクなどがかかっており、購入すると正しい画像を手に入れることができます。

データはコピー可能なものなので、ネットに出てしまえば価値はないようなものです。それを販売するというのですからなかなか面白いです。


僕は普段フィギュアコマ撮りを作っています。

YouTubeチャンネル登録者数は8か月で46万人になりました。TikTokは110万人。運営は株式会社LuaaZとともにやっています。

出品した画像の絵は僕がフィギュアコマ撮りを始めた初期の頃に背景に飾っていた絵です。

初フィギュアコマ撮りの様子(2019年)

Twitterでもまとめ動画をツイートしたところたくさんの方にリツイートされました。

フィギュアコマ撮りをやり始めた当時(2019年)は、コマ撮りアニメーターとしての現状に疑問と不安を抱えていました。このままでは楽しい将来を迎えるのが難しいと思ったのです。ある日、思いたってフィギュアコマ撮りを作り、SNSで発信しました。フィギュアの発信については権利がグレーなこともあり、僕個人の発信とはいえ、当時所属していた会社には心配をかけてしまいました。

しかし、幸いなことにたくさんの方に喜んでもらえたり、恵まれた出会いのおかげで今まで続けることができました。

僕は作っていて楽しいですし、喜んでもらえるのも本当にうれしいです。
ただ、フィギュアコマ撮りは2次創作です。もちろん無許可に販売はできません。次に展開ができないのです。

何かやらないとなぁ、と思っていたところにこの画像販売サービスを見つけました。とりあえず初めてみたのです。

篠原健太の活動サポートのつもりで購入していただけると嬉しいです。いくつか絵を出品していこうと思います。

もう購入してくださった方々が!感謝です。
売り上げは活動費に使わせていただきます。

世界の感動時間を増やそう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
篠𠩤健太 Animist

記事を読んでいただきありがとうございます!サポートしていただけると面白い作品を作る費用になります!

鬼がかって嬉しいです!
篠𠩤健太 Animist
■アニメーション作家 ■オモチャでコマ撮り ■国際賞NY ADC Young Guns17 winner 世界の感動時間を増やす!