「音は心に響く建築」神山聴景事務所代表 神山健太の聴景デザイン日誌

まだ世間的に認知されていないオフィスやホテル、商業施設などの音環境をデザインするサービスを展開しています。 代表の神山健太がデザインのことや音響業界の話、そして日頃思っていることを綴ります。 普段何気なく聞いてる音楽や自然の音が心地良さに関係しているんです!

「音は心に響く建築」神山聴景事務所代表 神山健太の聴景デザイン日誌

まだ世間的に認知されていないオフィスやホテル、商業施設などの音環境をデザインするサービスを展開しています。 代表の神山健太がデザインのことや音響業界の話、そして日頃思っていることを綴ります。 普段何気なく聞いてる音楽や自然の音が心地良さに関係しているんです!

    マガジン

    最近の記事

    集中を後押しするアンビエントミュージックの力

    神山聴景事務所の神山です。 今回は私が得意としているアンビエントミュージックの効能について少しお話しします。 といってもアンビエントミュージックを日頃から利用している人は音楽のサブスクが一般化してから多くなったんじゃ無いでしょうか? 特に「睡眠」「リラックス」という場面での利用が目立ちます。 一方オフィスで仕事をするときには「集中」が必要になります。 実は「リラックス」と「集中」はイコールであることをご存じでしょうか? 結構これを履き違えてよくわからないBGMを流して

    スキ
    1
      • 平成初期に生まれた人ならわかる音楽

        店舗や施設のためのBGMを作っている神山です! 音楽の原点と言うと大袈裟なんだけど、自ら音楽を探すきっかけになったのが以下で紹介するアルバム。 今も精力的に活動はしているそうだけどめっきり名前は聞かなくなった。 きっとコアなファンはいまだに応援しているに違いない。 平成初期に生まれた人ならわかる音楽アルバムそれは キンモクセイの「音楽は素晴らしいものだ」である。 僕らの世代ご存じの「あたしん家」というアニメのエンディングテーマ曲になっていた「さらば」という曲が収録

        スキ
        1
        • 2つの意味を持つサウンドスケープデザイン その2

          神山聴景事務所の神山です。 「その1」を書いてからかなり月日が経ってしまいました。 実は今回のパートが僕がやっているデザインの話になるのです。 「その1」は従来のまたは主流となっているサウンドスケープデザインの話。 「その2」では新しいサウンドスケープ(これから聴景デザインと呼びます)の話をします! おさらい前回のお話からだいぶ時間が経っているので、少し振り返ります。 建築由来のサウンドスケープというテーマで、国内外の活動を紹介しました。 例えば、交通騒音を抑えるた

          スキ
          2
          • 今のサウンドマスキングサービスに物申したい。

            神山聴景事務所の神山です。 なんか業界の話ばかりでごめんなさい笑 いや、結構深刻なんだよ。 みなさんオフィスを使うことがあるかもしれないけど、実は隣の会話音を聞こえにくくさせたり、情報漏洩を防ぐために「サウンドマスキング」という装置を使ってるんだよ。 これはある音を用いて対象となる消したい音をかき消す仕組みになっているもので、多分多くのオフィスで導入されている。 そしてそれを謳ったサービスはいくつかある。 自分も経験したことあるのと職業柄っていうのもあるんだけど コ

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 聴景デザイン
            「音は心に響く建築」神山聴景事務所代表 神山健太の聴景デザイン日誌
          • 音の話
            「音は心に響く建築」神山聴景事務所代表 神山健太の聴景デザイン日誌
          • 本音で呟く
            「音は心に響く建築」神山聴景事務所代表 神山健太の聴景デザイン日誌
          • 快適な空間を生むBGM設定の極め方 飲食店編
            「音は心に響く建築」神山聴景事務所代表 神山健太の聴景デザイン日誌

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            音響・音楽業界の「あるある」が割と深刻な件

            神山聴景事務所の神山です。 業界あるある!ということで自分が起業してから気づいたことを取り上げます。 音響・音楽業界は狭いので共感してくれる人は果たしているのかな? では一つ目 契約までに時間がかかる大元の音響設備の工事(配線を通したりなど)はA工事に、スピーカーやアンプ等はC工事で設置されるのが基本だそうなんですが、弊社の場合はその部分から一番最後に設置するコンテンツに関わるすべてを総合的にデザインしているため他の業務に比べて最後の方に作業する項目が多いんです。

            ホテルの部屋が無音すぎて辛くなる。

            神山聴景事務所の神山です〜。 最近ね、大阪に出張しに行って改めて感じたこと。 ホテルの部屋って無音すぎて圧迫感ない??? こんな経験ありませんか? 多分僕だけじゃないと思う気がするんだけど。 このホテルでの経験を人に話すと、確かにそうですね。って割と共感してもらえる。 しかもホテルによっては窓を開けることができないから外の騒音を部屋に入れることさえできないんだよ泣 人間は無音環境だと自ら音を発するらしい。つまり音があることで安全な場所だと認識するんだとさ。 ホテ

            アーティストが起業なんてやるもんじゃない

            神山聴景事務所の神山です。 アーティスト活動の傍ら、自身の会社を経営しています。 そんな人、他にいる? 音響デザインの会社だけど、実際に音楽を作るのは本当に最後の最後。 それまでの業務ははっきり言ってアートとは正反対の業務ばかりだね。 見積作ったり、先方を説得させるために資料作ったり、平面図から音響設計をしたり、契約書の確認したり。。 これも社会経験だ!と思いながらやっているが、業務が多くなればなるほどアートをする時間がなくなるんだよね。。。 でもこれって、アーティ

            スキ
            3
            再生

            日本にほぼいない『聴景デザイナー』ってなに?

            皆さんほとんど聞いたことのない職業『聴景デザイナー』。これは造語なんですけど、空間における音環境の設計をして快適な空間体験を提供するのがわたしの仕事なのです! この動画ではざっくりとしか解説していないので、今度より詳しい内容を紹介していきやす。

            仕事中の会話声って気になりますか?

            神山聴景事務所の神山です。 いやーしばらくぶりの投稿!なのにGWは特別何かをしたわけでもなく仕事してました。 そんな中、今まで家で仕事をすることが多かったんですが、カフェテリアやシェアオフィス・コワーキングスペースなどで仕事をするようになりました。 流石にそうした場所でウェブ会議をすることはありませんが、他人の会話声って意外にも気になるものなんですね。 みなさんもそんな体験ありませんか? 公園に読書しに行った時は子供たちが大声を出しながら遊んでいましが、そんなに気になり

            スキ
            1

            待ち時間の過ごし方について「音の視点」で考えてみた

            この前尿管結石を患いまして、本日2回目の診察を受けに行った。 そして待ち時間一時間の過ごし方について思いを巡らせていた。 快適=静かな環境というのが一般化している中、待合室は極度に静かすぎるのではないか。 待合室では大体モニターが置かれていて無音でテレビ番組を流している。 確かにテレビの音はうるさいかもしれない。 しかし目のやり場がないから無音のテレビ番組に集中させて時が来るのを待つのは、結構しんどい。 頭を使わなくて良いけど、なんだかボケそうになる。 薬局の待合室も

            再生

            神山聴景事務所の騒音マスキングサービスをご紹介します。

            現在他社のサウンドマスキングサービスを使用して不満を抱いている方へ、弊社のマスキングサービスの事例紹介動画を隙間時間にご覧いただければと思います。

            快適な空間を生むBGM設定の極め方 飲食店編 その2

            神山聴景事務所の神山です。 前回はすでに使用しているBGMの音量調整をまずはしましょうというお話でした。 今回は、楽曲選びの話をしたいと思います。 まずなんで音楽を導入するの?そもそもの話です。 皆さん、なんで音楽を導入しているんですか? 音楽があるとどうなるんですか?(煽ってすみません) まずなんで音楽を導入するのか、その理由を考えてから導入に向けてのつぎステップへ進んだ方が良いのではないでしょうか。 大手配信サービスの場合はレジ機能とセットになっていたりするので

            快適な空間を生むBGM設定の極め方 飲食店編 その1

            神山聴景事務所の神山です。 飲食店に行くとほとんどの場所で音楽が流れていますよね。 特にスタッフさんはその音環境にずっと晒されるわけですが、その環境がストレスに感じたりすることはありませんか? 音楽のメロディー、音量、そもそも好きじゃない音楽とかになると余計ストレスを感じるかもしれません。 でも実際は。。。ほとんどの人がそこまで音楽を意識してないのではないでしょうか? だから特段飲食店の音楽のことをうだうだいうつもりはありませんが、お店のブランドや長時間お客様に利用

            スキ
            1

            オフィス向けのマスキング音、ご提案します。

            神山聴景事務所の神山です。 オフィス向けのマスキング音制作需要が高まっている中で、ぜひ皆様にも利用していただきたく、今回参考楽曲をご紹介いたします。 どれも導入させていただいたマスキング音(一部アレンジ)となっています。 社員専用サテライトオフィス用マスキング音 駅中シェアオフィス用マスキング音 シェアオフィス用マスキング音 最近は箱型からオープンスペースまで大きなの異なる作業部屋が増えてきました。 そのため、その部屋の規模も考慮したマスキング音を提案しています

            みなさんが普段利用する施設の音楽作ってます。

            みなさん、初めまして神山聴景事務所の神山です。 特殊な環境に特化した音楽作り去年からブログを本格的に書き始めたので知ってる方もいるかもしれません。 音楽には大衆に聴いてもらうための音楽、広告のための音楽、映像のための音楽などがありますが、僕は環境のための音楽を作っています。 今はほとんどの空間で音楽が流れていますが、その場所にあった背景音楽(BGM)を制作するのが僕の仕事です。 これ、すごく簡単に伝えてるので詳しく知りたい方は下記のホームページをご覧ください。 普段

            スキ
            2

            飲食店経営者の方にBGMについて質問です!

            神山聴景事務所の神山です。 できましたらコメント欄に回答していただけると嬉しいのですが。。。 飲食店経営をされている方々、店舗オリジナルのBGMが欲しいなと思ったことはありませんか? もしそういう需要があるなら導入しやすいサービスを検討していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 株式会社神山聴景事務所 〒1010047 東京都千代田区内神田1-15-12 神山健太 09087941428