見出し画像

「WEBライティングでやってはいけないこと」9選・伝授の書

どうもケンサーフ(@Kensurf01)です。

本記事では、WEBライティングにおいて、「これはやってはいけない!」という項目を9つあげて、解説していきます。

本記事は、ブログ初心者から中級者の方に向けた内容となっています。

初心者の方は、これから記事を書いていくにあたって確実におさえておきたいポイントを知ることで、無駄な作業や記事を減らし、良質な記事作成にコミットすることができるでしょう。

中級者の方には、あらためて自分のライティングが基本をおさえたものになっているか確認をしてもらって、できていなかった項目があれば、修正して記事作成をしてもらうことで、今よりも良い結果につなげることができるはずです。

SEOライティングでブログにアクセスを集めたい最後まで読まれる記事をつくりたい読み手にわかりやすい書き方をしたい、など色々と求めるところはあると思うので、本記事を活用して、あなたのWEBライティングスキルを上級者のステージに上げて行ってくださいね。

この記事を書いている人について

画像5

本記事を書いています私は、ケンサーフというハンドルネームでSNSやブログ運営をしています。

スクリーンショット 2020-10-09 21.13.02

ブログを立ち上げたのは、3年前の9月で(2017.9)、ブログ運営は4年目に入りました。

個人ブログとは別に、アフィリエイトの特化サイトを作ったりして、SEOライティングを徹底的に磨いた時期があります。

当時サイトアフィリエイトに取り組んでいたシミ消しクリームの特化サイトでは、複数のサジェストキーワードで1位を取りましたし、口コミ・評判というキラーフレーズも上位3位以内をキープしていて、広告なしのSEOライティングで結構売り上げを出していました。

現在は、WEBライティングに関しては、個人ブログ(ケンサーフ.com)をメインにやっていて、趣味のサーフィンの記事なんかはいくつも上位表示されています。(サーフィン ブランド7位、サーフィン 移住 おすすめ3位など)

スクリーンショット 2020-10-12 12.36.29

SEOは、Googleの機嫌によって順位が大幅に変わることがあるので、盲目的に手法を信頼して全勢力をつぎ込むのはリスクがあるのですが、基本的なSEO対策というのは常に有効ですし、おさえておいて損はないです。

ただし、不安定なSEOだけに頼ってしまうと、ブログやWEBサイトの運営は安定しないので、あくまでも良質なコンテンツをつくって、読者に楽しんでもらい、滞在時間を長くして、ファンにリピートしてもらうメディアづくりが重要になってきているんですよね。

Twitterやnote、YoutubeなどのSNSを活用して、普段の発信に共感してくれる人たちに記事を読んでもらう導線づくりが、大切になっています。

本記事では、SEOにおいておさえておきたい項目と合わせて、読者に好きになってもらうためのWEBライティングについて、9つの項目にまとめました。

あなたの現在の執筆状況と照らし合わせて、できている事、できていないことを把握して、記事づくりに活用してくださいね。

【サポート特典】

本記事を購入していただいた方には、サポート特典として、あなたが指定する1記事、もしくは運営サイトトップページへの改善アドバイスをさせていただきます。(テキストチャットでのやりとりになります。)

本記事の最後に手続き方法の詳細を記載していますので、アドバイスご希望の方は、そちらからお申し込みください。

それでは、本編へ参りましょう。

この続きをみるには

この続き: 5,815文字 / 画像13枚

「WEBライティングでやってはいけないこと」9選・伝授の書

Kensurf

1,280円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!励みになります^^
8
地方の起業家、中小企業経営者を稼がせるマーケターです。 Webプロデュース・コンサルティングサービスを提供する会社「♾CREATE」代表。 起業家コミュも運営中。 合言葉は "アソビゴコロ×マジメ"でビジネスを楽しく。 関西から宮崎への移住サーファーで、3児のパパです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。