見出し画像

凱旋門賞を考える(4)

フランスダービー馬を考える

現在競馬ブログ1位です!! 上記バナーのクリックをお願いします!

スプリンターズSの見解メール無料配信希望の方はお早目にお申込みを。受付は30日(金)までにお手続き完了の方。詳細はコチラ♪

今年の凱旋門賞は101回のよう。
一世紀を超える1年目の凱旋門賞馬はどの馬なのか?
非常に興味深い。
その中で、注目しているのはフランスのダービー馬ヴァデニ。

ヴァテニの戦歴

仏ダービーを勝利した後、英国のエクリプスSを勝利。

エクリプスSの概要

近年で見ると、ダービーとエクリプスSを勝利して凱旋門賞馬になったのは、2009年のシーザスターズ(愛)と2015年のゴールデンホーン(英)。

シーザスターズの戦歴
ゴールデンホーンの戦歴

この2頭は英国ダービーを勝利した後、エクリプスSを勝利し、英国際Sを連対し、愛チャンピオンSを勝利した馬。
2頭はクリソツの戦歴。
ヴァデニは、この2頭になれるかどうか?
愛チャンピオンSは1番人気で3着敗退。
フランスの馬なので、愛チャンピオンSを勝つ必要がないなら覇者ということになる。
ダービー&オークス連対馬から覇者が出るならヴァデニが有力だと思うのだが、果たして?

FC2ブログランキングは現在19位!応援のクリックをお願いいたします!!

冴羽拳史郎へのお問い合わせはコチラ♪
(冴羽拳史郎の競馬理論を学びたい方もこちらからお問い合わせ下さい)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!