見出し画像

シライの描くキャラいつからアゴ割れ出した?

2016年に参加した展示で作ったZINEは、他の参加者がイラストメインなのに対して文章メインと反抗しており、第一特集は、シライケンのイラスト人物のアゴ・輪郭の変遷検証。いったい、いつから割れ出したのか?自分でも認識していなかったので、張り切って作った。のだが、展示で売れたのは僅かばかり、せっかく過去資料を振り返り作ったのに。。なので、今回2020年に大公開します!

以下、ZINEより

まずはこちらを見て頂きたい。現在、シライが描くキャラクターである。

画像3

自分ではあまりキャラクターの認識はないけれど。一般的にはキャラクターになるのであろう。いつからかこの目になっていた。いつからかこのアゴ割れになっていた。目は、眩しげな目というか、見開いていない感じ。そして、アゴ割れ。自分でもいつからこのキャラクターが登場したのか分からない。いつの出来事か覚えていないがアゴ割れに対してこういったやりとりがあったのは覚えている。 

「知らないうちにアゴ割れてた事件」 

某仕事の時に言われた事だ。 「シライさんの絵のキャラクターってアゴ割れてますよね?」 「?」 何の事か分からなかった。よくよく自分の絵を眺めると確かにアゴ割れキャラ。そう自分でもいつからアゴを割ったのか気がつかないまま誕生していたのである。

描いている本人でも気がつかないうちにこのキャラクターは日々変化している。他者から見ると同じに見えるのだが。キン肉マンのように初期後期で絵が変化したように。あらゆる漫画でそうあるように。自分の過去作品を見るとその変化に自分自身驚かされる。特にアゴの変遷が興味深い。  誰に望まれたわけでもないが自分自身で興味があり今回検証して行きたいと思った次第である。検証にはシライケン・オフィシャル大人気ブログ?を見ていくのがベストと考え遡ってみた。ブログ開設が2008年、特に絵はアップされていない。どうでもいい記事はアップされていた。例えばAERAの表紙の男性、当時のイヴ・サンローランのクリエイティブディレクターに就任したステファノ・ピラーティが元サッカー選手・ラモス瑠偉に似ているという記事。本当にどうでもいい。2009年1月を見てみると、4コマとして絵はアップされている。まだ割れていない。1年後、2010年1月、割れている。パックリ割れている。2009年を詳しく調べ直す、1月、2月、3月上旬そして、3月下旬、遂にアゴ割れが初登場。それがこのコマだ。

画像4


今よりも細長な顔に遠慮気味なアゴ割れ。2010年を見ると完全に割れだした。

画像5


ちょっと鋭利なアゴも登場である。 2011年になると極端なアゴ割れも誕生。

画像6


2012年頃からキャラクターの判別のためアゴ割れとアゴ割れてないキャラクターの混合が行われていた。

画像7

2013年頃、今にも続くガッチリアゴキャラクターが登場。

画像8

2014年頃からはあえてアゴを割らない方向へシフトしていった。何故なら仕事でNGになるため自粛。要因はいくつか、外国人に見えてしまうなど。アゴで修正が入るとそれは面倒な事に。単にあごを丸めるだけでは済まないのだ。極端なアゴ強調のためバランスが一気に崩れてしまい簡単な修正作業ではなくなってしまう。そういった事もあってなるべくアゴを割らない方向で進めていたのだ。こちら、じいちゃん?孫?な摩訶不思議な日常の図。

画像9


そんな中、プライベートワークではその反動か割って割って割りまくるという事態に。それが功をそうしたのか思いっきりアゴを割った絵がイラストレーションファイル2015の下巻表4、アクアさんの広告に採用された。

画像10


2015年頃からは鋭利なトンガリアゴも登場した。

画像11

今回の検証により先に述べた、知らないうちにアゴ割れてた事件は2009年3月以降でありブログ以外の調査によりその事件が2010年の出来事だと断定された。この時期は過渡期のようで目の表現は眩しげな物と丸だけまたは横棒のような物が混合されて描かれていた。加えて、眩しげな目の表現はアゴ割れよりも早いようだ。2007年の時点で確認できた。しかし起源の断定は難しい。 今回、非常に興味深い調査であった。

手を動かしてさえいれば何か変化が生まれる事が分かった。自分で言うのも何だが、うまくもなっていたし、(成長していないと困る)過去の絵に恥ずかしさもあったり。個人的にこれからの更なる絵の変化が楽しみである。好御期待。自分に。その時点でのベストを描くため日々精進致します。このどうでもいい、検証に最後までお付き合い頂き本当に感謝致します。

画像1

画像2

ZINE内容終了


こちら、最近のファミカセ展に参加したときのモノです。ナイスアゴですね!

画像12


アゴ割れてた事件が2010年。ゆるっとこれをまとめようかなと思ったのが、偶然にも2020年。

そう記念すべき10周年!素晴らしい!!

これからも日々進化して行くシライケンイラストにお付き合い頂ければ幸いです。

お仕事のご依頼はこちらから、お気軽にご相談くださいませ!

ここまで読んで頂いた御礼に、シライ所蔵のナイスなパン画像を!

画像13

画像14

画像15





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
イラストレーターです。 現在、雑誌、広告、TV、Web、マンガ/4コマなど幅広く活動する傍ら、様々な空間、形で作品を発表しています。趣味:パン屋巡り、スポーツ観戦 http://sanpodesign.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。