見出し画像

不動産ニュースTODAY vol.34「発言するということ」

今回は、情報発信について考えたことを書きます。
よく情報発信することはリスクだ、みたいな話を聞きますが、
私は、嘘つかず、筋が通り、一貫性があれば、
リスクどころか、メリットの方が多いと考えています。
リスクと考える人は、
極端に失敗を怖がる人で、嘘をつく人なのではないでしょうか。
失敗しない人などいません。
失敗を認めずに、失敗していないようなフリをして嘘をついている人が、
発言をリスクと考えるのではないでしょうか?
失敗を隠そうとすれば、嘘をつくことになります。
だから、バカ正直に発信していけば、
誰かが何かに気づいて指摘してくれたり、
発言をして私の意志を共有することで、
良い方向に進む可能性が高まりそうな気がしています。
立場によって、発言できる内容は違うと言う方もいるかもしれません。
しかし、どんな形であれ、意志を発信しなければ、
意志を持っている意味がありません。
心の内をさらけ出して伝えることは、
信用を勝ち取れる可能性を高めます。
チームプレーであれば、チーム内の人間関係を深めておく必要はありますし、
営業活動は、お客様との信頼関係を築くことから逃げられません。
自分から情報発信することから、
自分の周りを変えることができるのだと思います。

先日、お客様からご質問を受けました。
どう考えればよいか、考えてみてください。
次回の不動産ニュースTODAYで、
私が回答した内容を書きたいと思います。

【質問】
相続税がかかる資産規模の相続手続きで、
相続不動産があり、不動産は売却する意向の場合です。
お客様からは、
「相続税申告と不動産売却のタイミングはどう考えればよいですか?」
と質問されました。
どう回答すれば良いと思いますか?

今日のニュースです。

住宅ローン減税「50㎡の壁」という意外すぎる死角
単身者用には条件緩和、贈与含めた注意ポイント


価格上昇すると同時に、専有面積も小さくなってきた新築マンション。
当然間取りは崩れ、各種仕様も下がってきました。


憧れの街・世田谷にうごめく過激な「マウント合戦」――区民じゃないと分からない複雑さとは?


大型データセンター国内急増 三井物産3000億円投資:日本経済新聞


今日もぼちぼちいきましょう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
柏原健太郎

いただいたサポートは、不動産調査に使わせていただきます!

マジうれしっす
アートリノベと不動産のお役立ち情報を配信。相続、債務整理、リノベの相談受付中。東京の不動産屋㈱クレスに勤務、NPO法人資産と暮らしの相談センター理事。 https://www.cres-c.com/ https://www.skc.or.jp/