見出し画像

きまぐれコラム"日々肥える(綴る版)vol.1 「おにやんま」"

私は肥えている。

身長172cm/体重83kg/♂

これが今のプロフィール。
(余談だけど170cm〜174cmのメンズは身長盛りがちだよね。175cmへの憧れだね)

学生時代は西のド田舎で過ごし、田畑を馳け、筋トレに励んでいた私のボディーは当時の友人から「ダビデ像」と称されていた。
(フィレンツェのダビデ像の本物は意外とデカイ。お尻が綺麗✨)

そんな栄光の時代から早8年、私のボデーは完全にオデブ体型へと変化を遂げた。
栄枯盛衰は世の習い、とはよく言ったもので、早めの衰え街道爆進中である私は学生時代からの20kg増量という偉業を成し遂げたのである。

何はともあれ、そんなおデブな私が突如始めたこのコラム。

「日々肥える(綴る版)」

エンゲル係数がぶっ壊れている外食好きのSABOPによる、SABOPの為に綴る自己満足食道楽記。

実は少し前からインスタで始めていた試みだが、インスタで長々書く訳にもいかず、note でも始めてみたかった、という単純なお話。

※日々肥えるネタしか発信していませんが、よかったらフォローして下さいませ。生きる糧です。

記念すべき綴る版(note 版)第1回は…

「おにやんま」中目黒店

※リンク先は大好き食べログさんでござんす。
最近はtripadvisorでの口コミにも挑戦中…浮気性なおデブである。

私は出版社時代に東京での住居を1度変えており、

三ノ輪(2年)→人形町(2年)→今現在

いずれにしても東京下町ライフを満喫してきた。

その人形町時代によくお世話になっていたお店がおにやんま。

今更言われんでも知っとるよ、という方々も多いうどんの名店だ。

人形町店は出来てから日が浅く、丁度私が引っ越してきた頃できたはずである。
(とは言え2年ぐらい経ってるね)

当時の私は一人暮らしの赤青緑のコンビニ食に耐えかね、意地でも夕飯は外食としていた。
(自炊はほら…ねぇ…)

外食と言えば胃がもたれるモノが多い世の中。
そんな中颯爽と現れたのが「おにやんま」

ガッツリいきたい時はとり天うどん。
ときどき追い揚げ玉の摂取量を誤り箸が止まる、とり天うどん。好き、大好き。

今日はとり天キツイな…って時に優しく抱きしめてくれる肉うどん。好き、大好き。

人形町店は立ち食いオンリーだが、清潔感もあり、何よりコシが強く、すすり甲斐がある。
大盛りはアラサーリーマンだとお腹パンパンになる罪な量。好き、大好き。

さて、何故延々と「人形町店」の話を続けるかと言うと、先日行った中目黒店はイマイチだったから。

何を!中目黒店こそ青春の味!( *`ω´)
そんな皆様もいらっしゃる事だろうが、私は人形町店の清潔感とコシの強いうどんが好きなの。

中目黒店はカウンターとテーブルで座れるのは嬉しい所だと思ったけど。

人の味覚は人それぞれ。
あなただけのおにやんまを見つけて下され。

今日まで知らなかったけど五反田店が本店のようで、今度は五反田店に足を運んでみよう。
おデブライフは続く、続く。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
生きる糧でござんす
7
元出版社勤務のアラサー男。今はしがないマーケッター。そんな人間ですが「広く浅く」をモットーに、誰かの暇つぶしが書けますように。 出版社時代の専門は旅行誌。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。