気づきは種に過ぎない。それを育てるには

note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。


気づきには、段階があって、ほんとうに小さなひらめきから、人生を変えるようなエピファニー(epiphany)まである。

大切なのは、それらが一つの連続したスペクトラムとして存在するということである。

気づきは種に過ぎない。それを育てるには、注意という栄養を与える必要がある。

忙しすぎると、せっかく気づきが訪れても、通りすぎでしまう。

だから、小さなものから大きなものまで、自分の心の中にある気づきの種に気を配って逃さないようにしたい。

そのためにもマインドフルネス(mindfulness)が必要である。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

166
脳科学者。作家。ブロードキャスター。

コメント1件

発想が面白いし参考になる。そして自分でも出来そうな気になる(`_´)ゞ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。