060527健手本

健やかに生き、健やかに死ぬとは

2019.7.19
33人も亡くなるという悲惨な事件がありました。健幸外来を始めて30年前、ある本に書かれていた「健やかに生きること、健やかに死ぬことが健幸」という言葉に衝撃を受けました。医師はどうしても死を医学的に捉えてしまいがちです。人の死は科学的現象と魂を持った人生の終焉と捉えるようになりました。一時は医療関係者から横倉宗教と揶揄されましたが、最近ようやく理解され出しました。生きることも死ぬことも宗教でも医学でもなく健幸科学なのです。(今朝の院長の独り言)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
今日の風はどちらから吹いていましたか? 雲は流れていましたか? 忙しい生活の中で自分をないがしろにしていませんか? このNOTEが少しでもお役に立てたららうれしいです。

こちらでもピックアップされています

人生か変る今朝の院長の独り言
人生か変る今朝の院長の独り言
  • 39本

開業以来、毎日書いてます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。