人生か変る今朝の院長の独り言

39

師走前

2019.11.29
来週はもう12月に入ります。日本人の正月を迎える年末の季節感は慌しさに楽しさまで加わり、師走という表現は日本人の素晴らしい感性です。更に宗教観の少ないクリスマスまで加わり、浮き浮き感が助長されます。今年は50年振りに浅草羽子板市に行ってみようと思っています。(今朝の院長の独り言)

真の価値とは

2019.11.28
昨夜は港区医師会美術展の懇親会がありました。医師会開催の美術展は他にはなくそれも50年続いています。私の中学の同級生の日本画家が「こんなに長く続く美術展は珍しいです。芸術家は自己主張が強く、だいたい10年で分裂します。本当に素晴らしい作品は謙虚で目立たない、それでいてとてつもないオーラがある」と言っていました。何処の世界でも同じみたいです。(今朝の院長の独り言)

粋でモテタイ男の努力

2019.11.27
35才から水泳を始め、次第にエスカレートしてマシントレーニングとなり、更にフリーウェイトトレーニングとなり、筋肉増強と筋力アップに努め、70才を過ぎてからファンクショナルトレーニングに切り替え、72才で本格にヨガを始め、一体いつまで肉体改造するのやら。その間、ヨットに乗り、60才でキャレモジ書を始め、66才で茶道にのめりこみ、一体いつまで好きなことをするのやら。3才からオシャ

もっとみる

100年先の日本

2019.11.16
今週土曜日は私の愛用眼鏡の眼鏡店開業100周年記念。来週土曜日は慶応大学産婦人科医局創立100周年記念です。100年前の日本文化、生活習慣、行事、日本人の謙虚さを今の私達が受け継いでいるでしょうか。世界に誇れる100年先の子供たちの為の人材育成塾を来年には開きたいと思います。(今朝の院長の独り言)

幕が開いた時こそ

2019.11.14
歌舞伎役者は幕が開いた瞬間に全ての観客を魅了します。料亭の女将は襖を開けた瞬間に客を惚れ込ませます。茶道は襖を開けた瞬間に客の心を掴みます。この一瞬にこそ長い修行の積み重ねが凝縮され、人の価値が決まります。患者さんも初めて会った瞬間に信頼を持たせなければなりません。毎日ワクワクする診療が今日も始まります。(今朝の院長の独り言)

手作り味噌

2019.11.13
今年2月に日本ホリスティックビューティの指導で大豆から味噌を作り、先日仕込みを開けたところ、カビもなく良い色合いでした。ちょっと舐めたところしょっぱい感じでしたが、女房が味噌汁にしたところ、女房の愛情とは思いたくありませんが、旨い、上品な味でした。(今朝の院長の独り言)

五感療法と体感療法

2019.11.9
健幸脳を実現するには体感ストレスに対して体感療法、外部からのストレスに対して五感療法が必須です。そして健幸美学が最終段階となります。健幸外来サロンでは体感療法としてヨガが昨日から始まりました。6年前から始めた五感療法の茶道とようやくプログラムが確立できました。健幸脳を実現するためのヨガや茶道が健幸脳に決してよいわけではありません。それを伝える人の生き様が最も重要なのです。(今朝

もっとみる

達人とは日々の生き様

2019.10.30
先日、和文化を大学教授の講義を何年も受講している方と会いましたが、普段の生活態度は和文化とは程遠いものでした。知識を学んでいるだけでした。茶道を指導する方も多いですが、普段の生活そのものが茶道でない方が多いように見受けられます。普段の日常茶飯こそが茶道であり生き様なのです。これを茶道の達人茶人と言います。茶会も茶の湯もその一部しかありません。ヨガも然りヨガそのものの生き方のは

もっとみる

幸せ体重

2019.11.2
昨年買ったユニクロヒートテックパンツをはいたところ、少しウェストがきつい、確かに1㎏太っている。今夏はお腹にタオルを巻かずに着物がカッコよく着れていた。昨日ジムでTシャツのお腹少し目立っていた。女房が「身を縮めるしかないわね」。ゆったりサイズが好きな私はそろそろLサイズか、これハワイサイズそう幸せサイズが戻らない。(今朝の院長の独り言)

人生最高の選択とは

2019.10.26
70才を2年半過ぎると、なんでもしておかないと損をしたように感じることがあります。欲しいものも買っておかないと、あと何年使えるのかと考えて今います。義理ではなく本心で人と付き合わないと、時間を損したと思うようになります。先日飛行機の機内で見た映画の「人生の最高の選択」は、どうやら私にメッセージをくれたようです。自分の人生の価値を見つけるためにも旅行は良さそうです。実はもう次の

もっとみる