KENKENGOGO 竹中健司

竹中木版 竹笹堂の代表です。ー仕事と個人ー http://www.takezasa.co.jp https://takezasado.com

KENKENGOGO 竹中健司

竹中木版 竹笹堂の代表です。ー仕事と個人ー http://www.takezasa.co.jp https://takezasado.com

    マガジン

    最近の記事

    東京散歩

    東京を歩きながら呑みながら、 ゆっくり散歩してみた。 知らない場所に知らない庭園があった。 ニューヨークのセントラルパークからの景色の様だった。 歩かないと分からない土地の風景。 他にも庭園があるようなので、 東京へ行く時の楽しみにする。

    スキ
    2
      • 出来上がった時はアンニュイ

        作品が仕上がった。 もうちょっとで完成だ。 途中の感じ。 最初はめっちゃ上手く出来てる! 上手くいってないなー。 完成した時は上手く出来なかったな。 って思ってしまって。 凄く不安でアンニュイだ。 全部やり直したい。とか思う。 それは細かいところまで神経を尖らせて制作し、 すべての画面のいいとこ、悪いとこを把握していて、 全体像として作品の仕上がりを確認しにくいためで。 パーツばかり気がいって、 作品として見れないので、 バランス悪く見てしまってるからだと思う。 2週間

        スキ
        1
        • デジタルとアナログ時計

          針時計で毎日を過ごしている。 数字表示の時計だと時間が少なく感じる。 針時計だと分量で時を計れるので、 迫られる感じが無い。 車のメーターも針の方で見てる。 距離時間などを計算するときは数字表示に変更している。 時間はあるのか無いのか、 今中はとどまっているのか、動いているものなのか、 今のいが見えてくるのは経験的作用なのか、 すでに知っているものなのか、 居場所の認識と残りを同時に理解出来るバランスを保つ。 このバランスが保っている状態を継続するために、 時間は分量と

          スキ
          1
          • 祇園ばやし

            数年ぶりの歩行者天国になる祇園祭。 竹笹堂の縁側に聞こえてくる祇園ばやし。 どこの山鉾の祇園ばやしなのか、 区別をつけられないが、 いつもより活気がみなぎっている。 屋台の人たちも嬉しそうだ。 町内の人たちも少し上がり気味だ。 僕も少し気持ちを抑えてるのかもしれない。 今日は宵々山。

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • ドーサ引き

              和紙に滲み止めを施すため、 ドーサ引きという加工を行う。 膠にミョウバンを入れてドーサ液を作り、 刷毛で和紙に塗る。 雨の日はイオンの関係で、 この作業を行わないので、 ドーサ引きを行う時は天気予報ばかり見てる。 梅雨明けが早い。 チャンス、でも台風、 波乗りに行くか、 いや摺るか、思たより早く台風居なくなる。 ドーサ引きか、 こんな感じで合間なのか、 何の合間なのか、 と思いながら、 本日はドーサ引きを行う。

              スキ
              1
              • アスレチック

                六甲山のアスレチックに行ってきた。 現状の体力がわからない状態なので、 難しいのは最初飛ばして、 なれてきたころからから、 難易度の高いのに挑戦した。 丸太を上から抱きかかえながら進むつもりが、 くるっと半回転して水に落ちそうになった。 なんとか尺取虫のように進み、 どうやったかわからないが、 水に落ちずにクリア出来た。 ギャラリーから拍手喝采がおこっていた。 ギャラリーが期待を込めて、 ロープを引っ張って、 浮きに乗って進む種目へ進む僕を見ていた。 どちらの期待感があっ

                • 御幣

                  祇園祭の山鉾には御幣が飾られています。 御幣(ごへい)は、紙垂(しで)です。 私たちは和紙を裁断した時に出る余った紙を、 紙垂と呼んでいます。 今回は御幣をモチーフにした新作を作りました。

                  • 摺り続ける

                    浮世絵の摺る仕事が多くあり、 この8月までその予定で詰まっている。 毎月毎月納期にあわせて摺り続けている。 同じことの繰り返しで、 さらに技術が向上していく。 修行の様な状態で、 毎月毎月最後の方はボロボロになっている。 ふと体重をはかるとと3キロ痩せていた。 運動もしていないのに、 身体の形が変わっていく。 9月ぐらいに新しい作風に挑戦する。 溜めた技術とエネルギーをそこで開花させる。 繰り返しの力の凄さが、 あらためて身に染みる。 アーシャも変えてみよう。

                    スキ
                    3
                    • ジャニーズ2回目の遭遇

                      ちょっと前の関西テレビの撮影で、 ジャニーズの子と共演した。 木版仕事は三者協業の仕事の説明をする時に、 絵師・彫師・摺師がいます。と伝えた上で、 そのとりまとめのプロデューサー的な存在に、 版元があります。と言った時に、 彼に向けて指をさして、Youーって流れで言ってしまった。 たぶん、僕の頭の中でプロデューサーって言葉から、 Youーって繋がったと思う。 その所だけカットになっていた。 先日、違うジャニーズの子が撮影に来た。 6月にKBS京都で放映される番組の収録で

                      スキ
                      1
                      • めじろ

                        庭の梅の木にめじろがやってきます。 梅には、うぐいすな感じですが、 密を吸いにめじろがやってきます。 綺麗な綺麗な黄緑色で、 めっちゃ、ちっちゃいです。 この頃は、慣れたのかな。 近くに居ても逃げないです。

                        スキ
                        1
                        • 和紙裁断

                          和紙を裁断する時に、 裁断するようの薄い包丁を使います。 木の定規の上に足で押して和紙を抑えて、 その定規に沿うように包丁を引きます。 なかなか難しくて、 この裁断方法をする人は稀になりました。

                          スキ
                          1
                          • あんぎゃでござる

                            芸能人さんとの写真などあげることは稀なんですが、 森脇さんが男前やったなーって思ったので、 今回はあげてみました。 KBS京都とか京都マラソンとかで、 お見かけすることはあるのですが、 お話ししたのは初めてで、お顔をじっくり見たのも初めてなので。 やっぱ、あごのラインやなー。 タレントの方々は頭の回転が速いので、 なるべく、ゆっくりしゃべろうとしても、 僕もしゃべりすぎてしまいます。 5月1日に放映予定だそうです。 ま、お上りさんみたいにならん程度で、

                            • 色配合

                              版木には、その版木の摺る色の配合を記載しておきます。 そうする事によって、次回に摺る時の色作りが楽になります。 分量を細かく記載する事ではなく、 どの絵具を使用して混ぜたのかがわかるようにです。 でも、それを信用しすぎると違う色になったりもします。 見本の作品にてらし合わせながら、 色の退行を考えながら、 版木に記された配合を参考にしながらです。 多角方面から考えることが重要です。

                              スキ
                              2
                              • 三寒四温

                                さぶさの終わりがけで、 あったかくなったと思ったら、 さぶい時が、また来る。 この時の気の緩めで、 より、さぶく感じる。 木版仕事の最後の摺でも、 もう終わりやなー。と、ほっとすると、 失敗したりして最後の最後で台無しになる。 他のことでも、どんなことでも、 最後の最後に気を緩めるとアカンようになる。 あの気の緩みが好きなんやけど、 長く感じるから、急いでやってまうと慎重さが失われる。 ここが締められたら、 もっと色々、成功すんにゃろなー。

                                • 版木は山桜

                                  木版に使用する版木の基本は山桜です。 山桜は真っすぐに伸びて、 花が咲くときも葉(茶色系)があります。 ソメイヨシノは花だけになって綺麗ですが、 真っすぐに伸びないので、 版木に使用するには不向きです。 桜の種類の中でも、 大島桜が最良と言われています。 大島桜も葉(緑系)と一緒です。 河津さくらが咲いています。 これから色んな種類の桜が、 その時期にあわせ咲いてきます。

                                  スキ
                                  1
                                  • 竹中木版印刷所

                                    古い版木の修復、復刻などの専用ページを作りました。 昔の版木を修復し残された跡から技術を学び、 そしてそれらを未来の作品に移す。 過去と未来の間に今を置く。 その考え方、行いは、「中今」と神職さまから学びました。

                                    スキ
                                    1