見出し画像

勝手にプロパガンダ 〈海外映画編7〉 『ファースト・マン』

リアリティを徹底追求し、リアリティを最重要視し、リアリティに全力投球し、それでいながら普遍的な"ツボ"も押さえて、エンターテインメントとアートの境界をピンポイントで狙ってくる天才技の巧緻。そして、歴史に残る家族映画の傑作。未来において必ずや再評価されるだろう。

デイミアン・チャゼル監督『ファースト・マン』(2018年 ユニバーサル・ピクチャーズ)

のっけから。

ガツンとやられてしまう。

そのやられ方が、ちょうどクリストファー・ノーラン監督の映画を観た時のそれと、ひじょうによく似ている。
(実際に2人は、互いに認め合うライバル同士であるらしい)

映画というメディアを最大限に活かした"ガツン"なのだ。
つまり、理屈抜きに心身を揺さぶられる。
(やれるようで、普通の監督には、なかなかこれができない)

実在の人物を主役に据えた実話の映画化であるため、デイミアン・チャゼル監督は、どのシーンどのカットにおいても、可能な限りリアリティ表現にこだわっている。

したがって、いっさいの無駄が省かれ、キャラクター達の動きの中に、細かい心情描写が埋め込まれているのだ。
(これまた主人公のニール・アームストロングが、実際にも、自分の感情をぺらぺらと口に出すキャラクターではない)
まるでハードボイルド映画のように、必要な描写のみが、的確に繋がれてゆく。

セリフやモノローグでやたらと説明したり、いかにもな演技シーンが重ねられたり、いわゆるお約束の展開なども、ない。
すべてがギリギリまで削ぎ落とされている。
その代わり、役者の一挙手一投足が、キャラクターの内面のすべてを現す。
(うん、やはり、ハードボイルド小説の手法である)

そのような表現方法を取りながらも、本作は、実のところ"家族映画"なのである。
そして、宇宙飛行士のリアルストーリーの枠組みを使いながら、親と子の深い絆(そこは、これまでに多くの作品で語られてきた普遍的な"ツボ"だ)を描いた作品でもあるのだ。
このあたり、デイミアン・チャゼル監督は、まったくもって天才技の巧みさである。

エンターテイメントとアートの境界を、ピンポイントで狙ってくるところは、最初に触れたようにクリストファー・ノーラン監督のセンスと本当に似ていると思う。
未来において、必ずや再評価される一作だろう。

#映画 #おすすめ映画 #月


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!わかってもらえて嬉しいです!
3
漫画原作(『交通事故鑑定人・環倫一郎』『"殺医"ドクター蘭丸』『そば屋幻庵』等)、監督(『ウルトラマンマックス』『ウルトラマンギンガ』『牙狼』ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アカドクロ』『ハツカレ』等)、脚本(『黒塚』『ウルヴァリン』等)、大学教員(神奈川工科大学情報学部D科特任教授)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。