Kengo Iwata

日常で気になった事をnoteにまとめています。

Kengo Iwata

日常で気になった事をnoteにまとめています。

    マガジン

    読書メモ

    すべて見る
    • 6本

    【読書メモ】Farm Don't Hunt: The Definitive Guide to Customer Success

    みなさんFarm Don't Huntをご存知でしょうか? 5 Excellent Customer Success Books to Read にて紹介されている通り、「カスタマーサクセスの緑本」として非常に有名な書籍です。カスタマーサクセス本で1冊だけオススメ本を紹介するなら、私は間違いなくFarm Don't Huntを推薦します。※1 その理由は過去にRepro CS Blogでも紹介しています。 今となっては日本のCS界隈にとって既知の情報も多いですが、驚くべ

    スキ
    124

    Hacking Growth グロースハック完全読本 読書メモ

    「グロースハック」という言葉の名付け親でDropboxを創業期から牽引したショーン・エリスと、facebookプロダクトマネージャーのモーガン・ブラウン、2名による著書「Hacking Growth グロースハック完全読本」が日本語出版されました。原版はAmazon USでの評価も高く、話題になっており、気になっていたので読んでみました。 海外有名アプリのグロース事例が豊富に掲載されており、事例集として面白かったです。「この考えはまだ日本に浸透してないなぁ」と思うヒントが幾

    スキ
    45

    【読書メモ】CRM顧客はそこにいる

    ここ最近、 「最高の顧客体験を提供しよう。その顧客体験の『点』を積み重ね『線』にしよう。顧客との長期的な関係性を大切にしよう。」 改めてその重要性が叫ばれているように感じます。 実際、カスタマーサクセスとは何か――日本企業にこそ必要な「これからの顧客との付き合い方」でも冒頭の第一章で「リテンションモデルへのシフトが不可避」と強いメッセージを発しているのが印象的です。 そのような背景もあり、当社もカンファレンスを開催させていただくことになりました。(手前味噌で恐縮です。)

    スキ
    12

    【読書メモ】人を助けるとはどういうことか

    社会心理学者E・H・シャイン博士の本です。CS Blogで紹介していますが本当に素晴らしい。若干タイトルとのギャップがあるので、「支援力学の構造と組織について」というタイトルの方がしっくりきます。 支援の成否を分ける力学(≒権威勾配モデル)を社会文化的観点から示し、成果を上げるチームの特徴から組織文化の成り立ちまで一気に解説してくれる脱帽の一冊でした。 同著書の「謙虚なコンサルティング」と併読するのもオススメです。 ――まえがき、およびこの本で論じること――支援とは、人

    スキ
    34