見出し画像

欅坂46パン屋炎上事件:イケハヤ大学はもう炎上しないのか?

画像1

生まれてきてくれてありがとう

素敵な感性と優しい心を持つ皆さんがだいすきです、そして・・・

子供のための・・ってのはよく見るけど、大人同士のってあまりみない気がします。
家庭内、職場内でのモラハラ・パワハラ、ケンカしたい訳じゃないのになってしまう・・など、考えが固まってしまった大人同士、どうしたらうまく会話になるのかのマニュアル本が欲しいです

カチカチ山のタヌキさんにはなりたくないんです

イケハヤはもう炎上しない、というかできない。燃やすモノがない。

ネット炎上という現象が世の中に認知されて時間が経ってきた。ひとつの発言、ひとつの言動に対してネット上で不特定多数が集中砲火を浴びせる。気づいたら、このような現象が日常の風景となっていた。

火を見ると飛び込むのは蛾だけじゃない。

山梨県富士川町にある「無添加ベーカリー・デッセム」の店主である廣瀬満雄さん(69歳)も、2020年にネット炎上を経験した。
「炎上の中で『欅坂に激怒した』という風に言われていたみたいですね。ただ、激怒というのは私には身に覚えのないことです。私はあの子たちを怒ってはいないんですよ」と答えている。
「私が欅坂の子たちにしたことは“怒る”ではなく、“叱る”です。

テレビ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系列、放送終了)の収録で同店を訪れた欅坂46(当時、現・櫻坂46。以下同じ)のメンバー渡辺梨加さんと長沢菜々香さん(2020年3月卒業)が廣瀬さんの指導のもと、パン作りに挑戦した。

私は坂道全て好きです。ですが、渡辺・長沢ともこの態度はいただけません。大将も忙しい中二人のために教えてくれているのに返事すらしない。アイドルという看板に甘えている証拠ですね。

廣瀬さんは「怒る」と「叱る」は根本的に違うという。自分の私情が入ってしまえば「怒る」になる。「叱る」というのは私情を入れずに言動を正すことであり、廣瀬さんが欅坂46をはじめとする厨房に入ったこれまでの数多くの弟子にしたことは、後者であった。イケハヤはここに気がつかなかった可能性がある。

放送中、返事をしない2人の態度を改めさせるために、「返事くらいちゃんとしろ!」「それが社会生活の基本だろ」などと廣瀬さんが強い言葉を使ったことが炎上のもととなった。放送終了後にネット上は荒れ、一部の熱狂的なファンからの廣瀬氏個人や店舗に対する誹謗中傷の書き込みもあった。

そもそも廣瀬さんが2人を叱ったのは返事についての指導だった。廣瀬さんがパン作りについて教えても、2人は黙ったまま。聞いているのか、聞いていないのかわからないことに対して、声を上げたのだ。その声量は大きすぎた。

 厳しい上司のもとで働く若いビジネスマンは、つい欅坂46メンバーに共感しがちだが、
廣瀬さんがあえて彼女たちを怒った真意とは。

「貴方にしか表すことのできないありったけの優しい言葉をいつもありがとう。今日だけはどうか幸せでいてください」 カフマン

(フォローよろしくお願いします)

「相手の言うことがわからなければ返事をしてほしいと言いました。『はい、なんでしょう』『はい、どういう意味ですか』と返事をしてほしい。『はい』という返事ができないというのが叱る要素でしたね。ただ、彼女たちに腹を立てたとかそういったことではないです」

テレビは切り取りが巧妙だが、この番組は比較的手ぬるい内容が多い中、今回の騒動はスタッフも驚いただろう。

 とはいえ、欅坂46のメンバーはテレビ番組の収録で1日だけの関係だ。それだけの関係性と割り切って、叱らずに1日を終えることは考えなかったのだろうか。

「それはできないですね。一歩厨房に入ってしまえば、誰であろうと、1日だけであろうと関係ありません。パンを前にしたら、パンに対して失礼であってはならないと考えています」

#乃木坂46 #欅坂46 #日向坂46  がイマイチ好きになれない人は、彼女たちの深層心理を分析した結果を見てください。

叱られたら、普通ならそこで「すいませんでした!」って、ちゃんと言うべきなんだよね..。
あと、この人は凄く優しい人よな。
ちゃんと指摘もしてくれてるし、基本を大事にしろ!って、言ってくれてますからね..。叱られた経験が少ない人にはショックが大きかったのかもしれないなぁ。逆ハロー効果というか。
おいしいパンをつくろう

アイドルや芸能関係者は上下関係が厳しいと思っていました。
返事をすることは、相手の話を聞くのも大事だと再認識しました。

「私は全く気にしていないんですよ。そもそも保存剤や安定剤などを使用しない無添加のパンは、今でこそ当たり前となりましたが、私は1980年の頃から無添加のパンを作り続けています。当時は、今ほど食品添加物や農薬に対する社会的な関心も高くなく、強い逆風のなかに身を置かざるを得ない状況でした。誰に雇われたのかわかりませんが、ヤクザまがいの人から突然電話が来て脅されるということも何度もありました」

 無添加パンにおける第一人者で、当時から信念を曲げずにパンを作り続けている廣瀬さんにとって、ネット上の炎上は何ということはないようだ。

「実際に私のパンを食べて、店の売り上げを支持してくれる人が数多くいることも大きな支えになっています」。当然ではあるが、ネット上の炎上は社会的評価の全てではない。むしろそれはごく一部の評価でしかない。
廣瀬さんと、廣瀬さんのパンを愛する人たちの関係性で、そのことを改めて思い知った。

 ところで廣瀬さんは、はっきり物を言う指導方法をどこで身につけたのだろうか。そのルーツにあるのは意外にもアメリカだった。アメリカと言えば旧イケハヤが大好きな書籍はだいたいアメリカ人が書いていますね。そして中国人もハッキリ主張します。だいたい、主張しない日本人は良いお客様として迎えられる傾向があるので、たくさんおもてなしを受ければいいのでしょう。

#日記
#エッセイ
#イラスト
#コラム
#毎日更新
#ビジネス
#note
#スキしてみて
#人生
#毎日投稿
#仕事
#日常
#読書
#ブログ
#大学生
#note毎日更新
#生き方
#youtube
#オリジナル
#教育
#副業
#予想
#投資
#ライフスタイル
#言葉
#起業
#雑記
#お金
#幸せ
#勉強
#人間関係
#マーケティング
#自己啓発
#フリーランス
#コミュニケーション
#転職
#家族
#note初心者
#考え方
#哲学
#生活
#就活
#働き方
#コーチング
#SNS
#Twitter
#FX
#株
#資産運用
#癒し
#独立
#起業家
#ブランディング
#フォロバ100
#フォロー
#副業収入
#就活生
#新社会人
#女性起業家
#ツイッター
#女性の生き方
#ものづくり
#えんとつ町のプペル
#好きなもの
#note大学
#受験生
#大人の学び
#働く女性
#丁寧な暮らし
#働くママ
#きっかけ
#シンプルライフ
#箕輪編集室
#副業note
#ニューノーマル
#嵐
#女性の働き方
#好奇心
#イケハヤ大学
#独立開業
#メモの魔力
#私の趣味
#スローライフ
#新米ママ
#メイク
#ライフ
#メンタルケア
#フリーランスの学校
#丁寧に暮らす
#SDGs
#お金贈り
#櫻坂46 #日向坂46 #乃木坂46

この記事が参加している募集

スキしてみて

思い出の曲

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メメント森

サポート宜しくお願い致します。より良い未来に向けて、一つの波紋を広げて行ければと思っております。

もしよければ、シェアしていただけると嬉しいです
フォロワーのみなさま、一緒に明日を迎えに行きましょう。あなたの心の健康を支え、ケアする研究室。✨noteを始めて間もないですが月間50万PVに挑戦しています🌸毎日noteも頑張ってます🌈成長して恩返し致します💕是非とも応援よろしくお願いします😊