W杯日本代表1987-2015データ

RWC2019開幕まで100日、W杯を戦った"JAPAN"を振り返る-2:体格

メンバー構成から体格を検証してみました。Cap数についてはW杯前後で混在しているものもあるので、少しズレが出ているかもしれません。

データ元はこちらにまとめてあります。


登録選手全データ:Caps・年齢・身長・体重・BMI

第1回と比べて、ずいぶんと大きくなっているのが分かります。また、保有Cap数も随分と増えていますね。
これはテストマッチの数が変化しているといったことも関係あると思います。また、選手が大きくなっただけではなく、大きい選手を選出するようになったということも言えるかもしれません。

*BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

ポジション別一覧

PR

HO

LO

FL/NO8

FL

NO8

SH

SO(FH)/CTB

SO

CTB

WTB/FB

WTB

FB




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 日常の中から感じたことや体のこと、ラグビーや部活動の話を綴っています。 続けているとみえてくるものがある、ということでよろしくお願いします!

ありがとうございます!
3
大学や医療系専門学校で体の仕組みなどについての講義を持ちながら、学生スポーツでのトレーニング指導を展開中です。スポーツにまつわる数字の検証や、日々のあれこれを綴っています。ラグビー好きです。CSCS、NSCA-CPT、修士(体育学)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。