エール

(エール/ドラマ/動画)1話配信フル無料視聴/窪田正孝/二階堂ふみ/NHKまとめ/3月30日~最新話

(エール/ドラマ/動画)1話配信フル無料視聴/窪田正孝/二階堂ふみ/NHKまとめ/3月30日~最新話


エールが見れるサイト

エール/朝ドラ/1話動画1話みどころ

 老舗呉服屋の長男として将来を約束されていた主人公・古山裕一は、音楽の楽しさに気づき、生まれた頃から決まっていた道を自ら捨てて、作曲家の道に進むことにした。戦後、傷ついた人々を勇気づけるために動き出した裕一の行動には、そういった子供のころからの信念や、強さが感じられました。

また、インタビュー映像を見て感じるのは、彼の人生の節目々々での選択は、彼の家族や、奥様の温かで優しい応援があるからこそなのではないかということでした。大きな決断というのは、往々にして一人ではどうしても迷ってしまうものです。

彼のように難しい道を選ぼうというときには特に悩み苦しんだのではないかと思います。

それを乗り越えて決断をするにはやはり、応援してくれた人や、応援してくれると分かっている人がいるということが彼の背中をぐっと押したのではないかと思います。


 応援してくれる人の存在の大切さを裕一自身もわかっているからこそ、彼も音楽を通して人の応援ができる人間になっていくのかな、と思うと、人の成長を細かく描写してくれる連続テレビ小説という枠でこの物語を語っていただけることがとても嬉しいです。


毎期、連続テレビ小説は楽しみに観させていただいておりますが、本作も非常に楽しみになりました。

エール/朝ドラ/1話動画1話感想やネタバレ

3月からスタートする朝の連続ドラマ「エール」が楽しみです。窪田正孝さん演じる福島県生まれの天才作曲家「古山裕一」と、二階堂ふみさん演じる妻の「音」の物語です。このドラマの出演者の顔ぶれが豪華です。

主演の窪田正孝さんをはじめ、妻は大人気の実力派女優の二階堂ふみさん、主人公の父親に唐沢寿明さん、母親には菊池桃子さんです。


「音」の母親には、薬師丸ひろ子さんという、かなりの豪華俳優陣が揃っています。

どれほど素晴らしい作品になるのか、期待できそうですよね。

主人公の「古山裕一」は、老舗呉服屋の跡取り息子として生まれますが、音楽に出会うことで、そのすばらしさに目覚め、独学でその力を開花させていきます。

青年に成長した頃、家族には内緒で海外の作曲コンクールに応募します。

すると、みごとに上位入賞を果たします。

それをきっかけに、歌手を目指す「関内音」との文通が始まり、二人は恋に落ちていきます。福島と豊橋という遠距離ですが、しっかりと愛を育み、やがて結婚します。

夫婦で力を合わせることで、数多くのヒット曲を世に送り出します。戦争などのつらい経験を乗り越えて、二人はどんな風に音楽を作り続けていったのでしょうか。

まとめ

令和2年3月30日から放送が始まるNHKの朝の連続テレビ小説『エール』。

いわゆる朝ドラですが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルとした主人公夫婦の生き様が描かれるようですね。


主人公役を務めるのは俳優の窪田正孝さん。2014年上半期に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説『花子とアン』の出演で知名度が上がったとよく言われていますが、個人的にはその前の2012年に放送された大河ドラマ『平清盛』で、平清盛の長男である平重盛を演じていたのが印象的な役者さんですね。


そしてヒロイン役を務めるのは、売れっ子若手女優の二階堂ふみさん。

今まで出演した映画では数々の賞を受賞していて、その実力は折り紙つきですし、NHK制作のテレビドラマでも、過去の複数の大河ドラマに出演しているなど、相性の良さを感じさせますね。どんなヒロインを演じてくれるのは、期待大です。


ちなみに主人公の故郷は福島県で、ヒロインの故郷は愛知県とのこと。

朝の連続テレビ小説では毎回、主人公の故郷がどう描かれるのかが楽しみとなっていますし、福島県のと愛知県のどんな土地が舞台になるのか、興味深く見守りたいと思います。

東京オリンピック開幕があと数ヵ月後に迫ってきました! そんな今春、始まる朝ドラが“エール”です!良いタイトルですね!

このドラマの主人公のモデルになった古関裕而さんは、1964年の東京オリンピックの開会式に流れたオリンピック・マーチや、現在も毎年夏の甲子園に流れている大会の歌『栄冠は君に輝く』や、数多くの応援歌、行進曲、流行歌を創作された大作曲家です。国際的コンクールで入選した、初めての日本人だそうです。今なら“カリスマ・作曲家”と呼ぶのでしょうね。
そんな主人公を演じるのは、新婚さんでハッピーオーラが溢れている窪田正孝さん。その妻は、童顔ながら圧倒的な存在感のある実力派の二階堂ふみさんが演じます。素晴らしいキャスティングですね。

舞台は、明治から昭和にかけての激動の時代です。明治42年、福島の老舗呉服屋に、待望の男の子が生まれます。のちの天才作曲家・古山裕一です。老舗の跡継ぎとして裕一は育てられましたが、子どもの頃は、ぼおっとしたところのある、平凡な少年だと思われていました。が、ある時音楽に出会い、人生が変わります。独学で天才的な才能を発揮していくのです。
歌手を目指していた関内 音と知り合い結婚後、上京した二人には様々な人々との出会いが待っていました。二人は幾多の苦難を乗り越え、一体となって数々のヒット曲を創作します。が、戦争が始まり、裕一は戦時歌謡を作ることによって苦悩することになります。そして、戦後、古山夫妻は、傷付いた人々の心を音楽で勇気づけようと、奮闘します。

音楽が力になる、音楽で癒される、というのは言わずと知れたことですね。このドラマ“エール”は、元気の出る音楽とともに、観る人にきっと大きなエールを送ってくれることでしょう!

エール/朝ドラマ/動画1話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

U-NEXTが濃厚です


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7