見出し画像

【15限目】ギャングエイジの始まり(三年生)


三年生は、ギャングエイジの始まりでわんぱくざかりです。

とにかく何でもやってみようと、好奇心も旺盛です。今まで家族や先生の言うことをよく聞いていた子が、友達の言うことが一番になって、友達を通して、いいことも悪いことも学ぶことが多くなります。


虫の目 鳥の目

一緒に三年の担任をしていた先生のノートの表紙に「虫の目 鳥の目」と、書いてったので、どういう意味かと聞いたら、

「子どもを見るとき、近くで見るだけではなく、遠くから見ると分かることがあるし、遠くからばかり見ていると、近くで見えるものが見えないときがあるので、両方から子どもを見るようにしようと心がけている。」

と、お答えになりました。私は、それを聞いて、大切なことだなあと、思いました。


三年生になると、学習内容もたくさんあり、難しくなります。子どもたちは色んなことに興味を持ち、やってみようとチャレンジをし、友達と力を合わせたり、競争したりする中で、失敗も多いですが、頑張ってやり遂げたときは、とても嬉しそうです。

そんな経験を重ねることで自信を持ちます。そしてまた好奇心をもって、色々なことをやりだします。そんな時、頑張る子を近くで励まし、出来たときは、やったね!と、褒めます。また、失敗をしても、遠くからファイト!と、見守ったり、声をかけたりします。

その時々に、虫の目になったり、鳥の目になったりしながら、子どもたちの成長に関わってきました。そんなことをくりかえして、子どもたちは、幼さが消えて、頼もしくなっていきます。

子どもたちの中で、トラブルが起こった時も、その事だけを聞いて叱るのではなくて、その背景をゆっくり聞くことで、なぜトラブルが起こったのかを理解することが出来ます。

目の前のことだけでなく、少し遠くから見てみると、どうしてこんなことになったのかを学び、相手の気持ちを考え、自分を振り返ることが出来ます。

トラブルはよくあることですが、そのことが次につながっていけるように、沢山失敗して学ぶのもギャングエイジです。仲間と共に生き生きと活動するのがギャングエイジです。

私は、参観日の時、保護者の方に、自分のお子さんだけではなく、全体も見るようにしてくださいと、言います。遠くからクラスの中の一人としてのお子さんを見たとき、また違った見方ができると、お話しています。

三年生は、自ら新しいことにチャレンジして、ジャンプアップして、成長する変化のある楽しい学年です。この時期のお子さんの成長を、見守って楽しみましょう。この年の三年生を担任して以来、私のノートの表紙には、「虫の目 鳥の目」と、書いています。


この一週間で嬉しかったこと

画像1

母が亡くなってから4年が経ちます。母の服を整理していたら、シンプルなワンピースのデザインで裁断したままの軽い綿の布が出てきました。

母はよく自分で服を縫って、普段着を作っていましたが、86歳ぐらいからそのままになっていた布です。14年ほどの時が経っていました。

私は、母の残したミシンで母の裁断通りにワンピースを仕上げました。母は少し太っていたのですが、作った服を着てみるとピッタリでした。

なんだか、母が、今の私に用意をしてくれたような嬉しい気持ちになって、すぐに夫に見てもらったら「ピッタリやなあ。柄もいいし、細く見えるで。」と、言ってくれました。母を想いだすいい時間になりました。


2020710 バラ

「バラ」


【編集担当より】
ビジネスにおいても、3つの目という言い方はたまに聞きます。「虫の目、鳥の目、魚の目」といったように、いろいろな視点で、物事をとらえることが重要です。抽象化の階段の上げ下げなども似たようなことでしょう。最近は、解像度と表現することも多いでしょうか。レンズを付け替えることで、新たな発見もあるかもしれませんね。

このnoteも、気が付けば15限目となりました。母の記事もいろいろなテーマを書くことで、少しずつ各記事の解像度が上がってきたように思います。よりお役に立てる記事にしていこうと思います。

おばーちゃん子としては、祖母のワンピースの下りに触れると涙があふれるので、コメントを割愛します。油絵はそろそろスルーしていきます。

この記事が参加している募集

オープン学級通信

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
25
教師生活50年の母親の経験を少しでも社会に還元したいと思いnoteを始めます。小学校や中学校、高校、特別支援学校で勤務しながら、3人の息子を育てました。教員の方や保護者の方に向けて少しばかりのご支援になればと思います。知恵袋や学級通信として、ご自由にお使いください。編集担当:息子

こちらでもピックアップされています

読ませていただいた作品
読ませていただいた作品
  • 1237本

備忘録&スキが押しても付かなかった時対策です。

コメント (2)
息子が3年生です。
いま、まさに
このnoteに出会えて
良かったと思えるタイミングでした。
ありがとうございます。
かぁかんさんありがとうございます。編集担当の息子です。お役に立てて良かったです。ありがたいお言葉を頂き母も喜ぶかと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。