“関わりたい”と思う社員総会に! グループをこえてプロジェクト化した背景。
見出し画像

“関わりたい”と思う社員総会に! グループをこえてプロジェクト化した背景。

私たちは、半年に一度マネーフォワードグループ全社員が参加する「グループ半期総会」を行っています。オンラインでの開催も3回目!今回は”全社プロジェクト化して色んなメンバーに関わってもらう”という新しいトライがあったので、その背景や工夫したポイントをまとめてみました。

総会の全体像

その前に....今回の総会の内容をさらりとご紹介します!

画像1

まずは印象的だったトピックスを中心に上期を振り返ります。

画像2

(東証一部上場や新しい事業の取り組みなどを発表いただきました)

その後、CxOのみなさんたちにマネーフォワードの未来像を語ってもらい、さらにスペシャルゲストをお招きして、みんなにワクワクしてもらうような構成にしています。(公開できないのですが、ゲストが毎回めちゃくちゃ豪華!)

画像3

(CDOから「デザインのチカラ」、CTOから「これからの開発」について)

画像4

(CFOから「数字で見る上期のふりかえりと2021年11月期の見通し」、CSOから「今後の重点戦略について」)

画像5

(CEO「マネーフォワードグループが目指す未来」のあとはQAセッション)

そして、グループ表彰式でみんなの半期の頑張りを喜び、最後はグループシャッフル懇親会という流れになっています。登壇してくれたみなさんありがとうございました!

画像6

(グループシャッフル懇親会は新卒メンバーを中心に企画してくれました)

全社プロジェクトにした背景

自分が所属する組織だけではなく、「グループ全体」に興味や当事者意識を持ってもらうのはとても大事だと思っています。その機会のひとつがグループ総会で、「マネーフォワードグループのメンバーで良かった」という誇りを感じてもらう場にしたい。それを伝搬させていくために、もっと色んな人に総会運営に関わってもらい、グループへの愛着を持ってもらえるようにしないといけないなぁ...という漠然とした課題感を持っていました。

これまでの総会は人事や社長室が所管となって開催してきました。みんな通常業務がある中での総会は、正直めちゃくちゃ大変!(笑)開催前一ヶ月ぐらいは殺気立つ感じの忙しさになってしまいます。

「総会は大変そうだし、忙しそう」ーーこんなイメージがついてしまっていて、このままではみんなを巻き込みづらいですよね。だったら「総会プロジェクト」自体をリニューアルして、みんなが関わりたいと思うようなイケてるプロジェクトにしちゃえばいいんじゃない??こんな発想からスタートしました!

関わりたい人を全グループから公募する

まずはプロジェクトメンバーを募集。手伝ってもらうだけではなく、評価に反映すること・そしてちゃんと学びや成長の場であることなど「プロジェクトに参加するメリット」もアピります。(あらかじめキラーメンバーにも総会プロジェクトに入ってもらい、この人たちと一緒にプロジェクトやってみたい!と思ってもらうのも大事)

画像7

ひとりも応募が来なかったらどうしよう...と不安だったのですが、「会社の文化や総会が好き」「全社イベントに関わってみたい」「横断的な関係性を作りたい」などなど、意欲が高いメンバーが何人も応募してくれました!今回は応募してくれた全員に関わっていただくのは難しかったのですが、次回はもっと多くの方に関わってもらえたらいいなと思っています。(応募してくれたすべてのみなさんに感謝!)

グラフィックを作り込み、特別感を出す

以前は少人数で運営していたこともあり、総会用にグラフィックを作りこむところまで手が回らずにいました。今回はデザイン戦略室のメンバーにお願いして、ムービーやスライドなどに使うグラフィックをしっかりデザインしてもらえることに!

画像8

このグラフィックは、マネーフォワードグループ各社のコーポレートカラーを使用してつくられています。またひとつひとつがブロックのようになっていて、いろんなかたちで繋がれる、私たちの”Let’s make it!”(共創)の思想を表しています。素敵!

軸になるグラフィックがあるだけで統一感や特別感が生まれ、総会自体のクオリティがぐっとあがる...!デザインが持つ力を感じました。

演出部分から関わってもらう

今回から司会をつとめるメンバーに演出にも関わってもらいました。「せっかくだからスポンサードしているサッカークラブのユニフォームに着替えよう!」「自分が所属しているグループ会社のオフィスと中継したい!」など楽しいアイデアが色々出てきます。

画像9

画像10

(大阪にあるナレッジラボオフィスと中継でつなぎました)

みんなが積極的だったので、「一方通行ではなくて、参加してる感を出すにはどうしたらいいか」「みんなが総会プロジェクトに関わりたいと思うためにはどうしたらいいか」などなど、色んなことを相談しながら進めることができました。

プロジェクトメンバーにもスポットを当てる

これまでの総会は、運営メンバーはあまり前面に出ることはありませんでした。でも今回は「関わりたいと思ってもらえる総会プロジェクトにしたい」という裏テーマがあります。そのためには、頑張ってくれたプロジェクトメンバーにスポットを当てて、みんなに知ってもらうことがとても大事!!

まずはオリジナル”スタッフTシャツ”を作成しました。小さいことなのですが、ノベルティはチームの一体感を生み出し、関わったことへの満足感に繋がります。総会当日のチャットでも「総会Tシャツかわいい!」「ほしい!」という声も多く、プロジェクト自体の認知やイメージアップにも役立ったんじゃないかなと思っています。次回も作るのでぜひ参加してくださいね!笑

画像11

(袖にはLet’s make itロゴも。)

また、エンドロールムービーを作成して総会の最後に流しました。単純に名前だけが流れるのではなく、事前にスタッフTシャツで撮影を行い、当日の雰囲気なども入れ込んで、結婚式のエンドロールのようなちょっとエモさのある映像にしてもらいました。動画のクオリティが高かったこともあり、視聴してくれていた社員の反応もかなり良い感じでした!!

画像12

初参加のプロジェクトメンバーのコメント

せっかくなので、総会プロジェクト初参加だったメンバーに感想を聞いてみたいと思います。

画像13

マネーフォワード 山本華佳さん
グループ会社に出向していた時の総会で、自分はグループ会社だから関係ないのかなぁって寂しさを感じた経験がありました。他のグループ会社の皆さんも同じ気持ちなら一大事!ならば、自分で飛び込んで楽しくしちゃえ!と謎の責任感で志願して司会に(笑)次回は運営として今回以上にワンマネーフォワードグループを実現します!
ナレッジラボ 門出祐介さん
グループ会社もいつかグループ総会で存在感を発揮したい!!とは思っていたものの、存在感の示し方で悩んでいました。今回司会にお声がけ頂いて総会を作る側に回ったことで、グループ総会が一気に自分事になりました。これからも、運営コアメンバーにナレッジラボから志の高いメンバーを送り込み続けたいと思います!!

画像14

マネーフォワード ゲレロ マウリシオ ニコラス ヒロシさん
とにかく大きなイベントに関わりたいと思い、今回の総会の運営に立候補させていただきました。今回は演出企画の金井さんの執事として、金井さんの細かいタスクを巻き取りましたが、次回は金井さんの仕事をすべて奪う勢いで頑張りたいと思います!
マネーフォワード 齋藤翔さん
なぜ社内イベントにこれだけ力を入れるのか。半期総会に初参加したときの疑問は、徐々にグループ全体が“作り手”になっていくプロセスを間近で見て、見事に解消されました。みんなで作り上げるのって最高に楽しいですね!懐かしい感情を思い出させてくれる時間でしたw 半期総会に関わってくださったすべての方々に感謝!


その他のプロジェクトメンバー

画像15

全社プロジェクト化してよかったこと

意欲が高いメンバーが集まることで、自分の役割を超えて意見やアイデアを出してくれたり、積極的にタスクを巻き取ってくれたり、プロジェクトが活気に溢れて、すごくスムーズに進めることができました。

また、演出から関わってもらったことで、これまでのメンバーだけだと守りに入りがちなアイデアの幅を広げ、みんなで総会を創りあげていくことができたのも良かったです。グループからの視点ももらえることで総会自体のクオリティも上がったので、次回はコンセプトやコンテンツ企画にも関わってもらえたら、もっとパワーアップできるんじゃないか...そんな期待を持っています!

画像16

あらためて、参加して盛り上げてくれたマネーフォワードグループのみなさんありがとうございました!次回もみんながワクワクできる半期総会をつくっていきたいです。自分も関わってみたいと思った社員の方は、ぜひぜひ応募お待ちしてます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
Money Forward / Designer & VP of Culture /コーポレートデザイン・ブランディング・企業文化 / 想いやビジョンのハブになって、共感・共存できる世界をつくる(個人理念)/ 保護犬2匹 / 素敵な旅をするのが好き / 横浜F・マリノス担当