見出し画像

経血トレーニングのたった1つのNGとは?

トイレで経血を出す経血トレーニングの具体てきなやり方をお伝えしている講習会でも、そしてこのnoteでも、繰り返し自信を持って大きな声でお伝えしていることは、「経血トレーニングは女性なら誰でも簡単にすぐに出来ますよー」ということです。

でもそのために1つだけ、絶対に気を付けていただきたいことがあるんです。

たった1つのNG

それは《締める》こと。

経血トレーニングを始めて2~5回目くらいに、このような質問をいただくことがあります。

【締める力が弱いから?】
トイレで経血をだいぶ出せるようになりました♪特に2日目はドロッと何度も出ます♪
でもどうしてもナプキンに少し血液が付いちゃいます…
もっと締めておかないといけないのでしょうか?

締めることは意識しない

経血トレーニングを始めて2~3回目に、何度もトイレで経血が出せるようになったら、トレーニングは大成功です♪何も心配はいりません♪そのまま安心して続けてください。

続けていくと、締まりは勝手に良くなります。生理のたびにふん♪と経血を押し出すことで、膣の力が育ち、ちょこっとナプキンに付くことも、自然と減ってきます。

逆に言えば、膣の締まる力は、生理のたびにふん♪と押し出すことでしか鍛えられません。

トイレで経血を出せるようになることよりも、トイレ以外で出さないようになることの方が、時間がかかります。それは、膣という穴が大きいからです。

でも時間は少しかかっても、膣の力は必ず育ちます。子供の頃はおもらしをしていた私たちも、大人になった今はしなくなりましたよね?それはトイレトレーニングのお陰で、尿道の締まる力が育ったからです。

私がナプキンがほぼ汚れなくなるまでには、数年はかかりました!私に比べれば、どなたも上達が数倍早いです(笑)

ゆるめることが大切

生理中はゆるめることがとても大切です。身体が緩むことで子宮も緩まり、子宮という筋肉の収縮活動がスムーズに出来ることで、快調に経血が外にドロッと出るのです。

例えナプキンが少し汚れようとも、ドロッと豪快におもらししちゃっても(笑)、絶対に《締める》ことは意識しない。

生理中は心身ともにゆるゆるに緩んで、たった2つのことことだけを意識して、締まる力が勝手に育つのを、楽しみに待ちましょう♪

たった2つのこととは?↓


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!