見出し画像

「JAMPの視線」No.5(2020年2月2日配信)

次世代の、挑戦する金融へ
日本資産運用基盤グループメールマガジン【JAMPの視線】

目次
①JAMP 大原啓一の視点
②NewsPicks ダイジェスト
③メディア掲載情報
④インフォメーション

JAMP 大原啓一の視点 2020年2月2日

先週のメルマガで島根銀行とSBI証券の完全版「販・販」構造分離スキームの合意について取り上げ、地銀のリテール事業スキーム転換が今後更に進むことを予想してから時間を置かずに今度は第3例目として野村證券と阿波銀行がスキーム合意に達しました。
完全版「販・販」構造分離に至らないものも含めると、SBI陣営が島根、福島、筑邦銀行、野村陣営が山陰合同、阿波と、まさに「国盗り合戦」の様相を呈した戦いが進んでいます。
今後注目されるのは、この戦いに誰が参戦するのか、国盗りの舞台がどこまで広がるかです。
まず、「誰が」は、舞台を地銀に限定して考えると、先陣を切った野村とSBIの2社に対し、東海東京証券とりそな銀行が意向を発し、その他証券・銀行も虎視眈々という感じでしょうか。
また、「部隊」については、これが保険・保険代理にどう広がるかが個人的には気になります。
いずれにせよ、今後数年でブローカレッジ・アセットマネジメント事業の利潤消失と並行し、対面チャネルの奪い合いも雌雄が決し、リテール業界は様変わりすることを予想しています。

NewsPicksダイジェスト(2019年1月27日~2020年2月2日)

2020年1月27日
【スパイラル、「企業VC」運営受託】
大原コメント→
VC運営会社が「二人組合形式」で事業会社や地域銀行にベンチャー投資機能を提供するスキームは今後増えていくように予想しています。
大手事業会社が・・・(続きを読む)
https://newspicks.com/news/4575267?ref=user_121187

2020年1月27日
【「金融仲介業」創設 複数分野の商品販売、規制緩和へ】
大原コメント→
APIの発達・普及という情報通信技術の発展と並行し、このように法制度面での対応が進むことにより、金融サービス・ビジネスがプロセスや事業レイヤー毎に分離する流れが進むことを予想します。
「自前主義」を尊いものとする・・・(続きを読む)
https://newspicks.com/news/4577425?ref=user_121187

2020年1月31日
【阿波銀、野村証券が業務提携へ 顧客基盤生かし営業拡大】
大原コメント→
証券会社プラットフォームと地域銀行の証券・資産運用事業分野における完全版「販・販」分離の第3弾(野村・山陰合同、SBI・島根に続いて)の発表です。
それぞれの比較優位を最大活用する・・・(続きを読む)
https://newspicks.com/news/4590895?ref=user_121187

メディア掲載情報          

■インタビュー「FinCity.Tokyoの役割」
2019年1月27日
JAMP対談企画として、東京国際金融機構の有友専務理事に、お話を伺いました。
https://www.jamplatform.com/news/2020/01/27/813/

インフォメーション       

■個別無料相談会
個別のご質問・ご相談会を無料で定期的に開いています。お気軽にお申し込みください。
https://www.jamplatform.com/consultation/

■メールマガジン登録
毎週日曜日22時にJAMPメールマガジン「JAMPの視線」を発信しています。
ご興味のある方は是非こちらから登録をお願い致します。
https://www.jamplatform.com/mailmag/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

応援ありがとうございます!JAMPをよろしくお願いします :)
3
日本資産運用基盤グループ 代表取締役 「金融ビジネスの最適化」をミッションに、日本版TAMPとして、金融機関に資産運用事業基盤ソリューションを提供しています。金融・資産運用ビジネスやスタートアップ経営等について情報発信しています。

この記事が入っているマガジン