第24弾「say goodbye」

第24弾「say goodbye」


ハーイ!みんな元気?あたしけいご。

24曲目はこれ。say goodbye。さよならを言わざるを得ないこと、あるわよね。大好きなのよ。大好きなのはもちろんなんだけど、好きだけじゃ一緒にいられない。そういう時期が、人間、生きていれば誰にでもあると思う。一緒にいることが、必ずしもお互いのためにならない、みたいな状況。そういうときは、愛しているってことを「さよなら」って言葉で、伝えたりするのよね。くぅ〜、泣けるぅ〜!!あたしにも、そういう思い出があります。

「say goodbye」

say goodbye say goodbye
心まで閉じ込める 愛ならばいらない

さよならを言いながら いまも君を思っている
君に幸あれ 君に光あれ
その願いを さよならの中にしか込められない
強く生きていこう 強く 強く 強く

say goodbye say goodbye
アリバイを探すような 愛ならばいらない

say goodbye say goodbye
心まで閉じ込める 愛ならばいらない

この曲は「アリバイを探すような愛ならばいらない」って、ただ、この一言を言うために作りました。共感ポイントはおそらくめちゃ低いと思うけど、人類全体に伝わることを祈って。いまはまだピンとこなくても、生きているタイミングで「あ、アリバイってこのことか!!」って、腑に落ちる瞬間が来ることを願う。今日でちょうど三月がおしまい。明日から新しい月のはじまり。ケリをつけるものにはケリをつけて、中途半端な未練を断ち切って、新しい人生を踏み出して行きましょう。過去ではなく、今を生きましょう。

あたし、この曲を作りながら「選択肢が多いことは不幸」ってことを考えていました。よく、選択肢が増えることが多様性をもたらす、みたいなことを言うじゃない???言いたいことはわかるんだけど、選択肢も、なんでも、増えればいいってもんじゃないと思うのよ。選択肢が増えるってことは、迷いも増えるってことでしょ???好きな食べ物を選ぶならそれは楽しい迷いかもしれないけれど、でも、絶対にストレスになっていると思うのよ。服とかも、そう。家に服が何着もあると、朝、組み合わせを考えるだけで時間がかかる。楽しく選べているのは、多分、買った最初だけ。あとは「もう、なんで組み合わせが決まらないの!」って、ストレスの元凶になったりする。

服の数が減ると、まず、毎朝着る服を選ぶストレスがなくなる。これ、学校の制服も同じね。制服があると楽なのよね。なんでって、着る服を考えなくて済むから。それで断捨離とかが流行るのよね。でもね、あたしは断捨離にも突っ込みをいれたいと思う。断捨離も、すればいいってもんじゃないと思うの。なんて言うんだろう、断捨離の中にも『遊び』が必要なのよ。ただ捨てるだけじゃ、暮らしはシンプルになるかもしれないけど、人生から『遊び』がなくなるのよ。断捨離って、自分の好きを見極めるためにやるわけでしょ???だから、最終目的は持ち物を減らすことじゃなくて「これだけは絶対に捨てるわけにはいかない」ってものを、見定めることだと思うのよ。

自分の好きがはっきりしているひとは、とても魅力的。自分の好きがはっきりしているひとは、大概、自分の嫌いもはっきりしているひと。だから、自分の嫌いをごまかしちゃうと、いつの間にか「自分の好きもわからなくなる」っていう不測の事態に陥っちゃう。これは由々しき事態よね。嫌なことを嫌々やっていると、自分の感覚が麻痺して、自分の好きまでわからなくなるのよ。あー、怖い、怖い。これはとっても怖い話。怖いと思わない???

って、なんであたし断捨離の話を進めちゃっているのかしら。曲名にgoodbyeとかつけちゃったからだ。本当はもっと高尚なgoodbyeの話がしたかったのに、なぜ、こういうことになってしまったのだろう。断捨離ついでに極論を言うと、断捨離のコツは『あるものを減らす』ことではなくって『何もかも失った時に、再び取り戻したいものだけを残す』ことだと思うのよ。そう考えるとね、「何もかも失っても別に問題はないのではないか」などと感じる、意外とパンクな自分に出逢えることがあるからオススメです。

じゃあ、またね。愛してるわ。バイバイ。

坂爪圭吾 keigosakatsume@gmail.com

【イベント情報】

4月12日(金)18時~21時@倉敷「音楽×トークイベント」開催決定!!

4月14日(日)13時~16時@大阪 「音楽×トークイベント」開催決定!!

非常にありがたいことにライブ出演のオファーをいただいたわ。うれしい。とってもうれしい。内容としては、みなさまとお話を楽しみながら、途中、二、三曲をお披露目させていただく感じになります。生けいごちゃんから放たれているエネルギーはそれなりのものがあるから、それに触れるだけでも参加の価値があると思うわ。あと、もし、こんなあたしと「イベントを開催したい!」なんて思ってくださる方がいたら、是非、お気軽にお声をかけてちょーだい。交通手段さえどうにかなれば、あたし、何処までも行くわよ。
西日本(および日本国民)のみなさま、kozotte、遊びに来てちょんまげ!!

TwitterとFacebookもよろしくお願いします。

Twitter
https://twitter.com/KeigoSakatsume

Facebook
https://www.facebook.com/keigosakatsume


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
坂爪圭吾

バッチ来い人類!うおおおおお〜!

君も人生を棒に振ってみないか?
THE PRESENTS